松山英樹が5位Tで22万6300ドルと100ポイントを獲得!ザ・メモリアル・トーナメント2015の最終結果とランキング最新情報

ザ・メモリアル・トーナメント2015をデビッド・リングマースが制し、賞金111万6000ドル(約1億4000万円)とフェデックスカップポイントを500ポイント獲得しました。

またこの優勝によりデビッド・リングマースは2016年からの3年シードを獲得しています。

2位はプレーオフで敗れたジャスティン・ローズとなり賞金66万9600ドル(約8412万円)と300ポイントを獲得しています。

ディフェンディング・チャンピオンとして出場した松山英樹は一時は首位に1打差に迫ったものの、16番でのダブルボギーが響き連覇はなりませんでした。

しかし、2014-15シーズンのPGAツアー15戦で予選通過14試合でトップ10が8回、トップ25が13回という圧倒的な戦績となりました。この1シーズンでのトップ10フィニッシュ8回は過去に丸山茂樹と今田竜二が記録した7回を塗り替えるものともなっています。

この5位タイフィニッシュにより松山英樹はフェデックスカップポイントを100ポイント、賞金を22万6300ドル(約2843万円)を獲得しています。

その結果、今季のフェデックスカップポイントは1206ポイント、獲得賞金は273万4824ドル(約3億4357万円)としています。(金額は速報値です。)

そして世界ランキングポイントは12.40ポイントを獲得しています。ただ、13位以上のプレーヤーとは差が大きいため、同じく14位にとどまることになりそうです。

続いて、ザ・メモリアル・トーナメント20152015の最終リーダーボード、フェデックスカップランキング、賞金ラキング、世界ランキングの情報です。

ザ・メモリアル・トーナメント20152015の結果とランキングに関する情報の一覧

スポンサードリンク

ザ・メモリアル・トーナメント20152015の結果とフェデックスカップ・賞金ランキングに関する情報の目次です。

初回投稿日時:2015/06/08 08:15
最終更新日時:2015/06/08 17:00

1. ザ・メモリアル・トーナメント20152015の最終結果と獲得賞金とポイント

ザ・メモリアル・トーナメント2015の上位選手の最終結果と獲得賞金とポイントの一覧は以下のとおりとなっています。

なお、松山英樹と最終日に同じ組でプレーしたアンディ・サリバンはPGAツアーメンバーではないため公式ランキング上は獲得ポイントがありませんが、ノンメンバーのランキングでは57ポイントを獲得しています。

R Player SC Prize Pts
1 デビッド・リングマース -15 $1,116,000 500
2 ジャスティン・ローズ -15 $669,600 300
T3 ジョーダン・スピース -13 $359,600 163
T3 フランチェスコ・モリナリ -13 $359,600 163
T5 マーク・リーシュマン -12 $226,300 100
T5 松山 英樹 -12 $226,300 100
T5 ジム・フューリック -12 $226,300 100
T8 トニー・フィナウ -11 $179,800 80
T8 ケビン・キスナー -11 $179,800 80
T8 キーガン・ブラッドリー -11 $179,800 80
T11 ビリー・ホーシェル -10 $148,800 68
T11 ビジェイ・シン -10 $148,800 68
T13 ジョージ・マクニール -9 $116,250 57
T13 ケビン・ナ -9 $116,250 57
T13 ダスティン・ジョンソン -9 $116,250 57
T13 アンディ・サリバン -9 $116,250
17 ブレンドン・トッド -8 $99,200 54
T18 ラッセル・ノックス -7 $78,120 51
T18 ビル・ハース -7 $78,120 51
T18 ロバート・ストレブ -7 $78,120 51
T18 ハリス・イングリッシュ -7 $78,120 51
T18 ライアン・ムーア -7 $78,120 51
T18 ケビン・ストリールマン -7 $78,120 51
T24 ロリー・サバティーニ -6 $57,040 47
T24 ジェイソン・ダフナー -6 $57,040 47
T26 グラハム・デラエ -5 $45,880 43
T26 マット・クーチャー -5 $45,880 43
T26 ジェフ・オバートン -5 $45,880 43
T26 パトリック・リード -5 $45,880 43
T26 トーマス・エイケン -5 $45,880 0

2. 2014-15シーズンのフェデックスカップ最新ランキングの上位30名

優勝したデビッド・リングマースは100位から28位に一気にランクアップしてプレーオフ進出を確定させました。2いのジャスティン・ローズは1185ポイントして先週までの25位から11位にランクアップしました。

100ポイントを加えた松山英樹は今季の獲得ポイントを1206ポイントとして12位から9位にランクアップしています。また30名のみが進出できるプレーオフ最終戦のツアーチャンピオンシップのラインと予想される1600-1700ポイントにも、さらに近づくことができています。

予選落ちとなった石川遼はポイントを上積みすることができず319ポインのままで、ランキングは113位から116位に後退しています。フェデックスカップポイントによるシード権の当落ラインと予想される450ポイントまでは変わらずに131ポイント、安全圏内の500ポイントまでは181ポイントが必要な状況となっています。

ザ・メモリアル・トーナメント2015終了時点のフェデックスカップランキングのトップ30以下のとおりとなっています。


最新:最新の順位/前週:前週の順位
今週:今週の獲得Point/通算:今シーズンの総Point
MC:予選落ち

最新 前週 選手名 今週 通算
1 1 ジョーダン・スピース 163 2528
2 2 ジミー・ウォーカー 1904
3 3 ロリー・マキロイ 1428
4 4 チャーリー・ホフマン 1390
5 6 パトリック・リード 43 1349
6 5 J.B.ホームズ 1320
7 7 ダスティン・ジョンソン 57 1319
8 8 ブラント・スネデカー 1250
9 12 松山 英樹 100 1206
10 9 バッバ・ワトソン 1188
11 25 ジャスティン・ローズ 300 1185
12 11 ロバート・ストレブ 51 1180
13 10 ベン・マーティン 0 1132
14 14 クリス・カーク 34 1086
15 13 ジェイソン・デイ 0 1076
16 18 ケビン・キスナー 80 1072
17 15 リッキー・ファウラー 0 1048
18 17 ビル・ハース 51 1044
19 19 ライアン・ムーア 51 1036
20 16 スティーブ・ボウディッチ 17 1028
21 20 ベ・サンムン 21 997
22 24 ジム・フューリック 100 994
23 21 ゲーリー・ウッドランド 0 965
24 22 ブルックス・ケプカ 17 941
25 26 ケビン・ナ 57 933
26 23 ダニエル・バーガー 0 899
27 27 ショーン・ステファニー 27 883
28 100 デビッド・リングマース 500 870
29 29 マット・クーチャー 43 864
30 28 ブレンドン・デ・ヨング 0 834

3. 2014-15シーズンの賞金ランキングの上位30名と獲得した賞金額の一覧

優勝したデビッド・リングマースは113位から30位にランクアップしています。

松山英樹は獲得賞金を273万4824ドルとしてパトリック・リードを抜いたものの、2位となったジャスティン・ローズが300万7424ドルとして14位から7位にジャンプアップしたため、先週までと変わらず11位となっています。

松山は昨シーズンに記録した自己最高となるPGAツアーのシーズン獲得賞金である283万7477ドルまで10万ドル余りとなり、次戦の全米オープンで更新の期待がかかります。

また日本人年間最高獲得賞金である今田竜二の302万9363ドルにも30万ドルで更新できる位置ともなっています。

石川遼は賞金の上積みがなかたっため56万473ドルと変わらず、先週の108位から111位に後退しています。

ザ・メモリアル・トーナメント2015終了時点の2014-15シーズンの賞金ランキングのトップ30は以下のとおりとなっています。


最新:最新の順位/前週:前週の順位
通算:今シーズンの総獲得賞金

最新 前週 選手名 通算
1 1 ジョーダン・スピース $6,063,838
2 2 ジミー・ウォーカー $4,102,257
3 3 ロリー・マキロイ $3,912,533
4 4 ダスティン・ジョンソン $3,448,960
5 5 J.B.ホームズ $3,116,200
6 6 チャーリー・ホフマン $3,049,871
7 14 ジャスティン・ローズ $3,007,424
8 7 バッバ・ワトソン $2,838,174
9 8 ブラント・スネデカー $2,811,110
10 9 リッキー・ファウラー $2,758,848
11 11 松山 英樹 $2,734,824
12 10 パトリック・リード $2,604,191
13 12 ジェイソン・デイ $2,400,512
14 13 ベン・マーティン $2,396,211
15 19 ケビン・キスナー $2,387,707
16 17 ロバート・ストレブ $2,317,172
17 18 ライアン・ムーア $2,317,101
18 23 ジム・フューリック $2,313,161
19 15 ゲーリー・ウッドランド $2,305,905
20 16 クリス・カーク $2,275,064
21 21 ビル・ハース $2,273,892
22 20 スティーブ・ボウディッチ $2,221,037
23 25 ケビン・ナ $2,120,147
24 22 セルヒオ・ガルシア $2,087,631
25 24 ベ・サンムン $2,031,978
26 26 ブルックス・ケプカ $1,951,213
27 27 ポール・ケーシー $1,869,573
28 28 ダニエル・バーガー $1,802,951
29 29 ヘンリック・ステンソン $1,746,864
30 113 デビッド・リングマース $1,624,068
111 108 石川 遼 $560,473

4. 最新の世界ランキングの上位30名の一覧

ザ・メモリアル・トーナメント2015終了時点の2014-15シーズンの最新世界ランキングのトップ30は以下のとおりとなっています。松山英樹は変わらずに14位のままとなっています。

1(1) ロリー・マキロイ 12.8251 pt
2(2) ジョーダン・スピース 9.3765 pt
3(5) ジム・フューリック 6.7536 pt
4(3) バッバ・ワトソン 6.7473 pt
5(4) ヘンリック・ステンソン 6.6708 pt
6(6) ジャスティン・ローズ 6.6318 pt
7(8) ダスティン・ジョンソン 5.9533 pt
8(7) リッキー・ファウラー 5.8556 pt
9(9) セルヒオ・ガルシア 5.7926 pt
10(10) ジェイソン・デイ 5.7746 pt
11(11) ジミー・ウォーカー 5.2975 pt
12(12) アダム・スコット 5.0599 pt
13(13) J.B.ホームズ 4.8949 pt
14(14) 松山 英樹 4.5252 pt
15(15) パトリック・リード 4.2637 pt
16(16) クリス・カーク 4.0985 pt
17(18) マット・クーチャー 4.0282 pt
18(17) マルティン・カイマー 4.0198 pt
19(19) フィル・ミケルソン 3.8912 pt
20(20) ビリー・ホーシェル 3.8719 pt
21(21) ケビン・ナ 3.5405 pt
22(22) ビル・ハース 3.4577 pt
23(23) ブルックス・ケプカ 3.3965 pt
24(24) ザック・ジョンソン 3.2821 pt
25(25) イアン・ポールター 3.2220 pt
26(26) ライアン・パーマー 3.1856 pt
27(27) リー・ウエストウッド 3.1094 pt
28(28) ゲーリー・ウッドランド 3.0998 pt
29(29) ジェイミー・ドナルドソン 3.0881 pt
30(30) ブラント・スネデカー 3.0790 pt

93(93) 小田孔明 1.6232 pt
101(97) 岩田 寛 1.5370 pt
118(113) 近藤共弘 1.3709 pt
125(125) 片山晋呉 1.3424 pt
133(126) 谷原秀人 1.2572 pt
156(146) 石川 遼 1.0765 pt
171(156) 藤田寛之 1.0427 pt
173(158) 藤本佳則 1.0386 pt
178(167) 池田勇太 1.0222 pt
190(193) 宮本勝昌 0.9501 pt

スポンサードリンク

よく読まれています

4 Responses to “松山英樹が5位Tで22万6300ドルと100ポイントを獲得!ザ・メモリアル・トーナメント2015の最終結果とランキング最新情報”

  1. PGA より:

    golfさん お疲れ様でした。。。

    さて、、、、
    正直 悔しいですね・・・
    松山Pには優勝できるだけの十分な実力があるから 余計に悔しい。

    でも4日間 とても素晴らしいプレーでした。

    初日はゾーンに入った別次元のプレーとしても、2日目~4日目は随所に松山Pらしい素晴らしいショットがあり、崩れてもおかしくない状況を何度も耐え、最終日に優勝争いにくい込む辺りはさすがです。。。

    ・・・・・でも最終日前半 あと3つは取れましたよね・・・そうすれば今回もプレーオフだったかも・・・って「たられば」 

    本人が一番悔しいでしょうね。

    ここまでの成績、ディフェンディングチャンピオンとして挑んだ今大会、誰もが松山Pの実力を認めています。
    しかしながら、今期未勝利。
    優勝するには何が足りないのか・・・・ほんと教えてほしいです。。。

    次戦は1週の休養を経て、「全米オープン」ですね。

    US OPENで今期の初優勝といきましょう!! 頑張れ!!

  2. golf より:

    PGAさん、コメントありがとうございます。
    本当に惜しかったです。
    2日目から最終日フロントナインまでは本来の状態ではありませんでしたが、それでも優勝争いができてしまう底力がある分だけ、じれったく感じる試合が増えている気もします。
    実力があっても数年優勝から遠ざかることがあるのもPGAツアーなので、致し方ない面はあるとは思います。
    悪い時の状態でも底上げされてきていて上位に来るので、いずれは2勝目がやってくるとは思います。松山英樹にもあまり焦りすぎてほしくないので、期待はしていますが(笑)、じっくりと応援していきたいと思います。全米オープンもしっかりと見て行きたいと思います。

  3. maya より:

    golfさん、お疲れさまです。

    16番は勝負にかけた結果なので仕方なかったですが、松山選手も最後まで連覇を諦めていないバックナインの素晴らしいプレーだっただけに、本当に残念です。

    「自分を信じきれてなかった」とメディアに答えているので、
    全米オープンに向けて猛練習するんだろうな、と思います。

    松山選手はメジャーで勝ちたいと公言していますが、「勝てる」と信じて全米オープンに挑んでもらいたいです。

    早々の更新ありがとうございます。golfさん、ちゃんと寝てます?(笑)

  4. golf より:

    mayaさん、お気遣いありがとうございます(笑)。
    睡眠時間も含めてのスケジュール管理と体調管理に気をつけています(笑)。
    基本的に楽しいことで、夜を徹して観戦したりすることは苦痛ではないのですが、無理をしても良くないので、昼間に細切れの時間を使って調整しています。
    2日目からアイアンの縦の距離感がずっと合っていなかったので、そこが16番での番手の選択にも影響したのだと思います。
    初日以外はあまり状態は良くなかったのですが、それでも優勝争いをしているので、彼の伸びしろの大きさが逆に際立った気がしています。
    そして彼のコメント全体を見ていても、悪い状態でありながら優勝争いができたことで、自分の成長を実感しているようにも感じました。また1つステップアップできたのではないかという気もしています。
    たぶん、松山の頭の中は全米オープンにいっているのではないかと思います。彼がどんな姿で現れてくるか楽しみです。

コメントを残す

このページの先頭へ