松山英樹・石川遼が出場予定!プレーオフ第1戦 ザ・バークレイズ2015(8月27-30日)の概要

フェデックスカッププレーオフの第1戦となるザ・バークレイズ2015がニュージャージー州にあるプレインフィールド・カントリー・クラブで開催されます。

このプレーオフシリーズからはポイント設定が4倍になるため優勝者は2000ポイントを獲得でき、賞金総額は825万ドル、優勝賞金148万5,000ドルとなっています。

このプレーオフシリーズはレギュラーシーズンのフェデックスカップ(FedEXCUP)ランキングで125位以内の選手に出場資格が与えられ、バークレイズ終了後のフェデックスカップ上位100名が第2戦のドイツバンクチャンピオンシップに進出できます。

詳しいフェデックスカッププレーオフの概要については以下のページにまとめています。


参考:フェデックスカップ(FeDex Cup)とは?フェデックスカップの概要と流れ


ザ・バークレイズには、日本人プレイヤーでは松山英樹(20位)と石川遼(124位)がともに2年連続2回目の出場予定となっています。

フェデックスカップランキング上位125位の選手はほとんどが出場することになりますが、ローリー・マキロイ、セルヒオ・ガルシア、ルイ・ウーストハイゼン、レティーフ・グーセン、フランチェスコ・モリナリはエントリーしていません。

このうちレティーフ・グーセン、フランチェスコ・モリナリの2人は100位以下のためプレーオフそのものを辞退したのと同様となっています。

続いて、ザ・バークレイズ2015の概要です。

スポンサードリンク

ザ・バークレイズ2015の概要

ザ・バークレイズ2015の概要の目次は以下のとおりとなっています。

コース概要 賞金・ポイント
出場予定選手 テレビ放送予定
ペア・スタート時刻

コースの概要

ザ・バークレイズは2007年まではウェストチェスターカントリークラブで開催されていたのですが、2008年以降はリッジウッドカントリークラブ、リバティナショナルゴルフクラブなどのコースで開催されています。

今年の開催コースであるプレインフィールド・カントリー・クラブがザ・バークレイズで使用されるのは2011年以来4年ぶり2度目となります。
ちなみに、その2011年はダスティン・ジョンソンが19アンダーで制しています。

プレインフィールド・カントリー・クラブは7,012ヤードのパー70という設定で、芝はフェアウェイとグリーンともにベントとなっています。

なお、後ほどもう少し情報追加する予定です。

フェデックスカップポイント・賞金の配分

フェデックスカップポイントと賞金配分は以下のとおりとなっています。

R Prize Pt R Prize Pt
1 $1,485,000 2000 16 $140,250 220
2 $891,000 1200 17 $132,000 216
3 $561,000 760 18 $123,750 212
4 $396,000 540 19 $115,500 208
5 $330,000 440 20 $107,250 204
6 $297,000 400 21 $99,000 200
7 $276,375 360 22 $92,400 196
8 $255,750 340 23 $85,800 192
9 $239,250 320 24 $79,200 188
10 $222,750 300 25 $72,600 184
11 $206,250 280 26 $66,000 180
12 $189,750 260 27 $63,525 176
13 $173,250 240 28 $61,050 172
14 $156,750 228 29 $58,575 168
15 $148,500 224 30 $56,100 164

地上波・BS・CSのテレビ放送予定日時

ザ・バークレイズの予選ラウンドはゴルフネットワークが中継し、決勝ラウンドはNHK-BSが中継予定となっています。

詳細なテレビ放送予定と日時は以下のとおりとなっています。
GN:ゴルフネットワーク
NHK-BS:NHK-BS1

Round 放送日時
R1:08/27(木) 08/28(金) 03:00-07:00 GN 生中継
R2:08/28(金) 08/29(土) 03:00-07:00 GN 生中継
R3:08/29(土) 08/30(日) 05:00-06:49 NHK-BS 生中継
08/30(日) 23:00-00:00 GN 録画
R4:08/30(日) 08/31(月) 05:00-06:49 NHK-BS 生中継
08/31(月) 23:00-00:00 GN 録画
08/31(月) 18:00-19:50 NHK-BS 録画
09/01(火) 02:50-03:39 NHK地上波 録画

出場予定選手の一覧

出場資格を得たフェデックスカップランキング125位以内の選手は以下のとおりとなっています。

なお、ローリー・マキロイ、セルヒオ・ガルシア、ルイ・ウーストハイゼン、レティーフ・グーセン、フランチェスコ・モリナリはエントリーしていません。


最新:最新の順位/前週:前週の順位
今週:今週の獲得Point/通算:今シーズンの総Point
MC:予選落ち

RANK PLAYERS TOTAL
1 ジョーダン・スピース 4169
2 ジェイソン・デイ 2459
3 ババ・ワトソン 2407
4 ジミー・ウォーカー 2014
5 ジャスティン・ローズ 1742
6 ロバート・ストレブ 1720
7 ダスティン・ジョンソン 1718
8 パトリック・リード 1593
9 ロリー・マキロイ 1567
10 ダニー・リー 1561
11 ザック・ジョンソン 1559
12 ブルックス・ケプカ 1544
13 ブラント・スネデカー 1537
14 チャーリー・ホフマン 1512
15 リッキー・ファウラー 1498
16 J.B.ホームズ 1484
17 ケビン・キスナー 1416
18 ジム・フューリック 1401
19 ポール・ケーシー 1389
20 松山 英樹 1374
21 デビッド・リングマース 1305
22 スティーブ・ボウディッチ 1287
23 ビル・ハース 1281
24 ベン・マーティン 1217
25 ライアン・ムーア 1208
26 マット・クーチャー 1164
27 スコット・ピアシー 1127
28 ルイ・ウーストハイゼン 1088
29 クリス・カーク 1087
30 ケビン・ナ 1062
31 セルヒオ・ガルシア 1051
32 ゲーリー・ウッドランド 1037
33 ジェイソン・ボーン 1037
34 ベ・サンムン 1025
35 ジェームズ・ハーン 1012
36 ジャスティン・トーマス 1007
37 ショーン・ステファニー 987
38 ラッセル・ヘンリー 986
39 トニー・フィナウ 985
40 ウェブ・シンプソン 953
41 ヘンリック・ステンソン 952
42 ハリス・イングリッシュ 932
43 トロイ・メリット 930
44 ラッセル・ノックス 914
45 ビリー・ホーシェル 903
46 ダニエル・バーガー 899
47 ブレンダン・スティール 895
48 ブレンドン・デ・ヨング 892
49 デビッド・ハーン 890
50 マーク・リーシュマン 854
51 フィル・ミケルソン 849
52 ニック・ワトニー 847
53 ブレンドン・トッド 831
54 パット・ペレス 825
55 マット・ジョーンズ 821
56 ライアン・パーマー 817
57 キャメロン・トリンゲール 816
58 ファビアン・ゴメス 797
59 イアン・ポールター 777
60 ブー・ウィークリー 776
61 ケビン・ストリールマン 771
62 キーガン・ブラッドリー 759
63 アレックス・チェイカ 739
64 マット・エブリー 727
65 カール・ピーターソン 723
66 ダニエル・サマーヘイズ 720
67 ショーン・オヘア 719
68 ジョージ・マクニール 715
69 ブライアン・ハーマン 704
70 チャールズ・ハウエル3世 692
71 スコット・ブラウン 690
72 ロリー・サバティーニ 678
73 チャド・キャンベル 670
74 ウィリアム・マクガート 652
75 ウィル・ウィルコックス 649
76 デービス・ラブ3世 649
77 ハンター・メイハン 648
78 スコット・ピンクニー 645
79 ジェリー・ケリー 632
80 コルト・ノスト 628
81 マーティン・レアード 628
82 モーガン・ホフマン 627
83 チェッソン・ハドレー 626
84 カイル・リーファース 626
85 J.J. ヘンリー 620
86 ジェイソン・コクラック 614
87 パドレイグ・ハリントン 610
88 ジョン・センデン 610
89 ジム・ハーマン 610
90 グレック・オーウェン 608
91 ケビン・チャッペル 602
92 ブライス・モルダー 595
93 ジョン・ピーターソン 588
94 アダム・スコット 585
95 アダム・ハドウィン 584
96 チャール・シュワルツェル 584
97 ジョン・ハー 565
98 ジェイソン・ゴア 564
99 フランチェスコ・モリナリ 558
100 ハドソン・スワフォード 554
101 ジョンソン・ワグナー 551
102 ニック・テイラー 549
103 ジェイソン・ダフナー 546
104 グラハム・デラエ 545
105 ジョン・カラン 540
106 ザック・ブレア 538
107 スティーブ・ウィートクロフト 536
108 アンドレス・ゴンザレス 531
109 クリス・ストラウド 531
110 リー・ウエストウッド 530
111 レティーフ・グーセン 519
112 カルロス・オルティス 515
113 チャド・コリンズ 504
114 マーク・ウィルソン 497
115 スペンサー・レビン 496
116 スチュワート・シンク 494
117 ケン・デューク 493
118 ビジェイ・シン 490
119 ルーク・ドナルド 484
120 ティム・クラーク 481
121 ジョナス・ブリクスト 471
122 エリック・コンプトン 471
123 カミロ・ビジェガス 467
124 石川 遼 458
125 ジェフ・オバートン 458

組み合わせ(ペアリング)とスタート時刻

ペアリングとティーオフ時刻は情報が確認でき次第、更新する予定です。

松山英樹 PLAYERS
Round1 08/27 21:26 デビッド・リングマース、スティーブン・ボウディッチ
Round2 08/29 02:06 デビッド・リングマース、スティーブン・ボウディッチ
Round3 08/30 00:50 ケビン・ナ
Round4 08/31 01:50 ケビン・ナ
石川遼 PLAYERS
Round1 08/27 21:59 カミロ・ビジェガス、ジェフ・オバートン
Round2 08/29 02:39 カミロ・ビジェガス、ジェフ・オバートン
Round3 08/29 21:10 スコット・ピアシー
Round4 08/30 22:10 スコット・ピンクニー

スポンサードリンク

よく読まれています

3 Responses to “松山英樹・石川遼が出場予定!プレーオフ第1戦 ザ・バークレイズ2015(8月27-30日)の概要”

  1. toki より:

    おはようございます。
    お蔭様で、昨日は早朝3時から夜中近くまで充実した1日を過ごせました。
    心配していただいた潰瘍も消えていましたし、夜は後輩の祝賀会があり、2次会まで旨い酒を痛飲しましたしね(笑)。
    ところで、『すでにローリー・マキロイ、セルヒオ・ガルシア、フランチェスコ・モリナリ、レティーフ・グーセンは初戦をスキップすることを表明しています』とありますが、モリナリ 99位、グーセン 111位で、「ザ・バークレイズ」に参戦しないと次戦の「ドイツバンク選手権」には出場できなくなるのではないでしょうか。
    この2選手はplayoff出場を放棄したのでしょうかね、必死にくらいついて参戦できた石川選手を思うと、なんともったいない話ですね。
    どこか具合が悪いのなら致し方ないのですが…。

    • golf より:

      tokiさん、おはようございます。
      体調がよくなっていらっしゃったんですね。良かったです(笑)。
      モリナリは子どもの出産を優先したようです。PGAツアーと欧州ツアーの両方のシード権はあるわけですし、人生のビッグイベントを優先したようです。レティーフ・グーセンは具体的に明らかにはされていないものの家庭の事情でスキップするようですね。
      この家族のことがなければ、2人も出場していたと思います。欧米はどちらかといえば日本人より、家族・プライベートの問題に比重を置く価値観が強いので、驚くような決断ではないかなという感じですね。

  2. toki より:

    早速の返信ありがとうございました。
    価値観の違いですか。
    今週末もgolfさんの詳細速報を楽しみにしています。
    よろしくお願いいたします。
    お礼だけですので返信はご無用です。

このページの先頭へ