松山英樹・谷原秀人・池田勇太が出場予定!全米プロゴルフ選手権2016の概要(7月28日開幕)

PGA Championship_Catch

2016年4大メジャーの最終戦となる全米プロゴルフ選手権2016がニュージャージー州スプリングフィールドにあるバルタスロールゴルフクラブで7月28日から行われます。

賞金総額は1000万ドル、優勝賞金は180万ドル、フェデックスカップ(FedExCup)ポイントは600ポイント、世界ランクポイントは100ポイントが割り当てられています。

日本からは6月22日時点で松山英樹がウェイストマネジメントフェニックスオープンによる出場資格を有しています。

その他に日本人プレイヤーが出場権を獲得できる可能性が資格が、PGAツアーのトーナメントで優勝、全英オープンで優勝、世界ランク100位以内でのPGAオブアメリカの推薦というものです。

7月18日現在では谷原秀人、池田勇太の2人が世界ランク100位以内という基準によるPGAオブアメリカの推薦で出場権を得ています。

続いて、全米プロゴルフ選手権2016の概要です。

全米プロゴルフ選手権2016の概要

スポンサードリンク

全米プロゴルフ選手権2016の概要の目次は以下のとおりとなっています。

1. コース概要(バルタスロールゴルフクラブ)
2. 賞金・ポイント
3. 出場資格と出場予定選手
4. テレビ放送予定
5. ペア・スタート時刻

1. コースの概要

Baltusrol Golf Club - PGA Championship2005

2016年の全米プロゴルフ選手権は98回目の開催となるのですが、バルタスロールで行われるのは2005年に続いて2回目となります

過去に全米オープンは7回、全米女子オープンが2回、全米アマチュアは4回、全米女子アマチュアは2回開催されている歴史のある名門コースです。

使用されている芝は、確認できている情報ではフェアウェイとグリーンともにベントとポアナで、ラフはケンタッキーブルーグラスとなっています。

より詳細なコースの情報は以下のページにまとめています。

2. フェデックスカップポイント(FedEXCup Points)・賞金の配分

フェデックスカップポイント(FedEXCup Points)と世界ランクポイントは以下のとおりとなっています。なお、賞金配分は公開されていないため、確認ができた場合に追加します。

R FedEx PTS World Rank PTS R FedEx PTS World Rank PTS
1 600 100 26 45 5.2
2 330 60 27 44 5
3 210 40 28 43 4.8
4 150 30 29 42 4.6
5 120 24 30 41 4.5
6 110 20 31 40 4.4
7 100 18 32 39 4.3
8 94 16 33 38 4.2
9 88 15 34 37 4.1
10 82 14 35 36 4
11 77 13 36 35 3.9
12 72 12 37 34 3.8
13 68 11 38 33 3.7
14 64 10 39 32 3.6
15 61 9.5 40 31 3.5
16 59 9 41 30 3.4
17 57 8.5 42 29 3.3
18 55 8 43 28 3.2
19 53 7.5 44 27 3.1
20 51 7 45 26 3
21 50 6.5 46 25 2.9
22 49 6 47 24 2.8
23 48 5.8 48 23 2.7
24 47 5.6 49 22 2.6
25 46 5.4 50 21 2.5

3. 地上波・BS・CSのテレビ放送予定日時

全米プロゴルフ選手権は地上波TBS系列の全国ネットで中継され、専門チャンネルのゴルフネットワークでは国際映像となりますが、4日間ともに生中継が予定されています。

詳細なテレビ放送予定と日時は以下のとおりとなっています。

GN:ゴルフネットワーク
NHK-BS:NHK-BS1

Round 放送日時
R1:07/28(木) 07/29(金) 02:00-08:00 GN 生中継
07/29(金) 03:30-05:55 TBS系列全国ネット
R2:07/29(金) 07/30(土) 02:00-08:00 GN 生中継
07/30(土) 03:30-07:00 TBS系列全国ネット
R3:07/30(土) 07/31(日) 00:00-08:00(~09:00) GN 生中継
07/31(日) 03:30-06:45 TBS系列全国ネット
R4:07/31(日) 08/01(月) 00:00-08:00(~10:30) GN 生中継
08/01(月) 03:15-08:00 TBS系列全国ネット

4. 出場予定選手の一覧

6月22日時点で出場資格を有する選手は以下のとおりとなっています。なお、出場資格を有しているだけでエントリーをすませているわけではありません。

なお、詳しい出場資格と有資格者については以下のページにまとめています。

  • 松山英樹
  • 谷原秀人
  • 池田勇太
  • アダム・スコット
  • アニルバン・ラヒリ
  • アレクサンダー・ノーレン
  • アン・ビョンフン
  • アンディ・サリバン
  • アーニー・エルス
  • アーロン・バデリー
  • ウィリアム・マガート
  • ウェブ・シンプソン
  • エミリアーノ・グリージョ
  • オマー・ウレスティ
  • キラデク・アフィバーンラト
  • キーガン・ブラッドリー
  • グラエム・マクダウェル
  • クリス・ウッド
  • グレッグ・チャーマーズ
  • ケビン・キスナー
  • ザック・ジョンソン
  • ジェイソン・ダフナー
  • ジェイソン・デイ
  • シェイン・ローリー
  • ジェームズ・ハーン
  • ジム・ハーマン
  • ジャスティン・トーマス
  • ジャスティン・ローズ
  • ジュースト・ルイテン
  • ジョアン・コック
  • ジョシュ・スペイト
  • ジョー・サマーヘイズ
  • ジョージ・クッツェー
  • ジョーダン・スピース
  • スコット・ヘンド
  • スマイリー・カウフマン
  • セルヒオ・ガルシア
  • ソレン・ケルドセン
  • ソン・ヨンハン
  • タイガー・ウッズ
  • ダスティン・ジョンソン
  • ダニエル・バーガー
  • ダニー・ウィレット
  • ダニー・リー
  • ダレン・クラーク
  • チャーリー・ホフマン
  • チャール・シュワルツェル
  • ティレル・ハットン
  • デビッド・トムズ
  • デビッド・ムティット
  • デビッド・リングマース
  • デービス・ラブ3世
  • トニー・フィナウ
  • トミー・シャープ
  • トンチャイ・ジャイディー
  • トービヨン・オルセン
  • トーマス・ピーターズ
  • バッバ・ワトソン
  • パドレイグ・ハリントン
  • ビジェイ・シン
  • ビリー・ハーレー3世
  • ピーター・マルナティ
  • ファビアン・ゴメス
  • フィル・ミケルソン
  • ブライアン・ガフニー
  • ブライアン・スチュワード
  • ブラッド・オット
  • ブラッド・ラードン
  • フランチェスコ・モリナリ
  • ブランデン・グレース
  • ブラント・スネデカー
  • ブルックス・ケプカ
  • ブレンダン・スティール
  • ベルント・ウィスバーガー
  • ベン・ポランド
  • ヘンリック・ステンソン
  • ポール・ケーシー
  • ボーン・テーラー
  • マイケル・ブロック
  • マシュー・フィッツパトリック
  • マット・クーチャー
  • マット・ジョーンズ
  • マット・ドビンズ
  • マルティン・カイマー
  • マーカス・フレイザー
  • マーク・ブラウン
  • マーク・ブルックス
  • マーク・リーシュマン
  • マーティン・カイマー
  • ミッチ・ロウ
  • ライアン・ヘルミネン
  • ラッセル・ノックス
  • ラッセル・ヘンリー
  • ラファエル・カブレラ・ベロ
  • リカルド・カールバーグ
  • リッキー・ファウラー
  • リック・シュラー
  • リッチ・バーバリアン Jr.
  • リッチ・ビーム
  • ルイ・ウーストハイゼン
  • ルーク・ドナルド
  • ロッコ・メディエイト
  • ロッド・ペリー
  • ロバート・ストレブ
  • ロブ・ラブリッツ
  • ロリー・マキロイ
  • ワイアット・ワーシントン2世
  • 王情訓
  • 金庚泰

5. 組み合わせ(ペアリング)とスタート時刻

松山英樹、谷原秀人、池田勇太のペアリングとティーオフ時刻は以下のとおりとなっています。日時はいずれも日本時間です。

Round PLAYERS
Round1 7/28 21:20 松山英樹、JBホームズ、ブライアン・スチュアード
7/28 22:50 谷原秀人、ジョージ・クッツェー、ロッド・ペリー
7/29 02:15 池田勇太、コルト・ノスト、ジョー・サマーヘイズ
Round2 7/30 02:35 松山英樹、JBホームズ、ブライアン・スチュアード
7/30 04:05 谷原秀人、ジョージ・クッツェー、ロッド・ペリー
7/29 21:00 池田勇太、コルト・ノスト、ジョー・サマーヘイズ
Round3 7/31 02:05 谷原秀人、ジョン・センデン
7/31 02:55 池田勇太、ジョーダン・スピース
7/31 03:15 松山英樹、ハリス・イングリッシュ
→7/31 20:00 松山英樹、ハリス・イングリッシュ
Round4 8/1 02:37 谷原秀人、ジョン・センデン
8/1 03:22 池田勇太、ジョーダン・スピース
8/1 03:40 松山英樹、ハリス・イングリッシュ

スポンサードリンク

よく読まれています

8 Responses to “松山英樹・谷原秀人・池田勇太が出場予定!全米プロゴルフ選手権2016の概要(7月28日開幕)”

  1. やっさん より:

    いつも楽しく拝読いたしております。
    今回、初めて投稿します。
    ニクラウスと青木“死闘”から36年、バルタスロールでの全米プロを楽しみにしています。今回は松山英樹不調の影響か、日本の各メディアではニュースや記事で彼がまったく話題に上がっていないのは寂しいかぎりです。
    実は先ほどPGAのHPで、パストウイナーの項目を見ていたのですが、1980年の“死闘”データで、二位の青木が削除されていてAndy Beanが281のスコアでニクラウスの次に記載されています。
    一体これはどう言うことなんでしょうかね。ニクラウス274、青木276のはずではないのでしょうか。
    golfさんの見解をお教え頂けないでしょうか。

    • golf より:

      やっさんさん、コメントありがとうございます。
      楽しんでいただけているようであれば、何よりです。
      1980年のデータに関する件ですが、該当するホームページのURL、アドレスを教えていただけますか?

  2. やっさん より:

    http://www.pgatour.com/tournaments/pga-championship/past-winners.html がURLなのですが、この画面を見ていて大変な勘違いだったことがわかりました。
    36年前(1980年)の大会はニクラウスが勝利したことに間違いはないのですが、全米プロでした。
    同年(1980年)バルタスロールでのニクラウスと青木の“死闘”は、全米オープンでした。つまり、同年、ニクラウスはメジャーを2つ勝利していたのですね。
    おかしな質問をお忙しいgolf さんにしてしまい、申し訳ありませんでした。心よりお詫びいたします。

    • golf より:

      やっさんさん、返信ありがとうございます。
      疑問が解決したようで、良かったです。これからもよろしくお願い致します。

  3. ゆり より:

    おはようございます。
    お疲れ様でした。
    あの悪夢の様な連続予選落ちした事を思えば・・
    良く頑張って4位たい終了しました。
    たら、れば言ったらきりが有りませんが・・
    ひと言・あそこで入ってれば二桁に乗っていたのになぁ~!( ´艸`)。
    完全とまでは言わないが、大分復調の兆しが・・
    ノ-ボギ-はやっぱり大きいですねぇ。
    次戦4連戦に大いなる期待を込めてお疲れ様でした。

    谷原選手・池田選手の両選手も頑張ってくれました。
    池田選手はオリンピック出場に繋がる事を
    願って応援してます。

    • golf より:

      ゆりさん、コメントありがとうございます。
      今回も欲を言えばきりがない部分がありますが、あの状態からよくここまで復活してきたと思います。本当に良かったです(^.^)
      ショットに関しては世界のトップクラスなので、後はグリーン上とグリーン周りですね。焦らずにやっていけば、必ず改善でき、メジャー制覇を果たせると思いますので、頑張ってもらいたいです。
      日本人プレイヤーが今回はよくがんばったと思います。リオオリンピックに出場する池田勇太にも頑張ってもらいたいですし、メジャーの賞金も国内ツアーの賞金額に加算されるので谷原秀人には賞金王をとれるように頑張ってもらいたいです。

  4. ジャッキー より:

    イヤ~、ホントにパターが入らなかったですよねぇ。にもかかわらず、最後まで辛抱のゴルフで、立派だと思いました。

    ショットがバシバシ決まって胸がすくようでした。

    とりあえず今週は嬉しいです!

    • golf より:

      ジャッキーさん、コメントありがとうございます。
      なかなかパッティングが決まらない中、キレずによく粘ったと思います。そういったところでも、彼らしさが戻ってきた気がします。
      ショットの素晴らしさは世界が認めるところで、あともうひと押しグリーン上でできるようになれば、シーズン複数回優勝、メジャーも1回だけでなく複数勝てるプレイヤーになれると思います。焦らずにやっていけば彼なら克服できると思います。
      今週は良かったですね。私の予想以上の急激な復活ぶりで、嬉しい誤算でした(^.^)

このページの先頭へ