岩田寛が出場予定!クイッケンローンズナショナル2016の概要(6月23日開幕)

クイッケンローンズナショナル2016がメリーランド州ベセスダにあるコングレッショナルカントリークラブで6月23日から開催されます。

昨年はロバート・トレント・ジョーンズ・ゴルフ・クラブで開催されたのですが、今年は2014年の開催コースとなったコングレッショナルカントリークラブで行われます。

賞金総額は690万ドル(7億1760万円)、優勝賞金は124万2,000ドル(1億2900万円)、フェデックスカップ(FedExCup)ポイントは500ポイントが設定されています。

日本勢では岩田寛のみが出場予定で、松山英樹はオープンウィーク、石川遼は療養中でまだツアー復帰していません。

主な出場予定のトッププレイヤーはリッキー・ファウラー、パトリック・リード、ジム・フューリック、ジャスティン・トーマス、ビル・ハース、クリス・カーク、ブライソン・デシャンボー、

全米オープンと世界ゴルフ選手権シリーズのWGC-ブリジストンインビテーショナル、欧州ツアーのフランスオープンとの谷間での開催となったため、フィールドは全体的に薄くなっています。

なお、ビッグトーナメントが続くため休養をとるため、岩田寛の速報は決勝ラウンドに進んだ場合のみ行う予定です。

続いて、クイッケンローンズナショナル2016の概要です。

クイッケンローンズナショナル2016の概要

スポンサードリンク

クイッケンローンズナショナル2016の概要の目次は以下のとおりとなっています。

1. コース概要
2. 賞金・ポイント
3. 出場予定選手
4. テレビ放送予定
5. ペア・スタート時刻

1. コースの概要 – コングレッショナルカントリークラブ(ブルーコース)

クイッケンローンズナショナル2016はコングレッショナルカントリークラブのブルーコースで開催されます。

2011年の全米オープンでも使用された名門コースで、この時は7574ヤード・パー71という設定でカットラインは4オーバー、優勝はロリー・マキロイで、スコアは16アンダーで、2位のジェイソン・デイに8打差をつけての圧勝でした。

2014年にクイッケンローンズで使用された際には、7569ヤード・パー71の設定でカットラインは3オーバー、優勝はジャスティン・ローズが4アンダーで並んだショーン・ステファニをプレーオフの末に破り制しています。

なだらかに起伏した地形に作られたコースで、フェアウェイは林で囲まれ、グリーンは広いものの難しく、ウォーターハザードも随所にからむセッティングとなっています。

以前はフェアウェイとグリーンともにベント芝が使用されていましたが、2009年の改修以降はグリーンにアンニュアルブルーグラス(ポアナ芝)が使用されています。

コースマップと2014年にクイッケンローンズで使用された際のホール別の平均スコアと難易度のランクは以下のとおりとなっています。

Congressional CC (Blue)

HOLE PAR YARDS RANK AVG +/-
1 4 402 14 3.97 -0.03
2 3 233 2 3.27 0.27
3 4 466 9 4.12 0.12
4 4 470 4 4.21 0.21
5 4 413 13 3.98 -0.02
6 5 555 18 4.80 -0.20
7 3 173 12 2.99 -0.01
8 4 354 17 3.83 -0.17
9 5 636 11 5.04 0.04
10 3 218 7 3.18 0.18
11 4 489 1 4.48 0.48
12 4 471 8 4.16 0.16
13 3 193 15 2.96 -0.04
14 4 467 5 4.19 0.19
15 4 490 6 4.19 0.19
16 5 579 16 4.87 -0.13
17 4 437 10 4.10 0.10
18 4 523 3 4.22 0.22

2. フェデックスカップポイント(FedEXCup Points)・賞金の配分

フェデックスカップポイント(FedEXCup Points)と賞金配分は以下のとおりとなっています。

R Prize Pt R Prize Pt
1 $1,242,000 500 16 $117,300 55
2 $745,200 300 17 $110,400 54
3 $469,200 190 18 $103,500 53
4 $331,200 135 19 $96,600 52
5 $276,000 110 20 $89,700 51
6 $248,400 100 21 $82,800 50
7 $231,150 90 22 $77,280 49
8 $213,900 85 23 $71,760 48
9 $200,100 80 24 $66,240 47
10 $186,300 75 25 $60,720 46
11 $172,500 70 26 $55,200 45
12 $158,700 65 27 $53,130 44
13 $144,900 60 28 $51,060 43
14 $131,100 57 29 $48,990 42
15 $124,200 56 30 $46,920 41

3. 地上波・BS・CSのテレビ放送予定日時

クイッケンローンズナショナル2016は予選ラウンドをゴルフネットワークが、決勝ラウンドをNHK-BSが生中継する予定となっています。

詳細なテレビ放送予定と日時は以下のとおりとなっています。なお、他のスポーツ中継等でNHK-BSの放送時間が変わったり、102chでの放送になる場合がありますので、ご注意ください。

GN:ゴルフネットワーク
NHK-BS:NHK-BS1

Round 放送日時
R1:06/23(木) 06/24(金) 04:30-07:30 GN 生中継
R2:06/24(金) 06/25(土) 04:30-07:30 GN 生中継
R3:06/25(土) 06/26(日) 05:00-06:49 NHK-BS 生中継
06/26(日) 23:00-00:00 GN 録画
R4:06/26(日) 06/27(月) 05:00-06:49 NHK-BS 生中継
06/27(月) 23:00-00:00 GN 録画
06/27(月) 18:00-19:49 NHK-BS 録画

4. 出場予定選手の一覧

エントリーをすませている出場予定選手は以下のとおりとなっています

日本人 岩田 寛
ア行 アダム・ハドウィン
アニルバン・ラヒリ アン・ビョンフン
アンドリュー・ループ アンドレス・ゴンザレス
アージュン・アトワル アーニー・エルス
アーロン・バデリー ウィル・ウィルコックス
ウィル・マッケンジー ウェス・ローチ
ウェブ・シンプソン エリック・コンプトン
カ行 カイル・スタンリー
カイル・リーファース カミロ・ビジェガス
カルロス・オルティス カール・ピーターソン
キム・フィー キャメロン・トリンゲール
キーガン・ブラッドリー クリス・カーク
クリス・ストラウド グレック・オーウェン
ケビン・ストリールマン ケビン・チャッペル
ゲーリー・ウッドランド
サ行 ザック・ブレア
サン・カン シ・ウー・キム
ジェイソン・ゴア ジェイソン・コクラック
ジェイミー・ラブマーク ジェフ・オバートン
ジェームズ・ハーン ジム・ハーマン
ジム・フューリック ジャスティン・トーマス
ジョナサン・ベガス ジョン・カラン
ジョン・センデン ジョン・ハー
ジョン・ラーム ジョージ・マクニール
ジョーダン・ニーブルギー ショーン・ステファニー
スコット・スターリングス スコット・ピアシー
スコット・ピンクニー スコット・ブラウン
スチュアート・アップルビー スチュワート・シンク
スティーブ・ウィートクロフト スティーブ・マリノ
スティーブン・ボウディッチ スペンサー・レビン
スマイリー・カウフマン
タ行 タイラー・オルドリッジ
タイローン・バン・アスウェーゲン ダニエル・サマーヘイズ
チェズ・リアビ チェッソン・ハドレー
チャド・コリンズ チャーリー・ホフマン
チャールズ・ハウエル3世 ティム・ウィルキンソン
デビッド・ハーン デレック・ファザウアー
デービス・ラブ3世 トニー・フィナウ
トム・ホゲ トロイ・メリット
ナ行 ニック・テイラー
ノ・スンヨル
ハ行 パットン・キザー
バド・コーリー ハドソン・スワフォード
パトリック・リード パトリック・ロジャース
ハロルド・バーナー3世 ビジェイ・シン
ビリー・ハーリー3世 ビル・ハース
ピーター・マルナティ ファビアン・ゴメス
ブライアン・スチュアード ブライアン・ハーマン
ブライソン・デシャンボー フランチェスコ・モリナリ
ブレイン・バーバー ブレット・ステッグマイヤー
ブレンダン・スティール ブレンドン・デ・ヨング
ブロンソン・バーグーン ベン・クレーン
ベン・マーティン ボーン・テーラー
マ行 マイケル・キム
マイケル・トンプソン マット・ジョーンズ
マーク・ハバード マーク・リーシュマン
マーティン・ピラー マーティン・レアード
モーガン・ホフマン
ヤ・ラ・ワ行 ライアン・パーマー
ラッセル・ヘンリー リッキー・バーンズ
リッキー・ファウラー ルーカス・グローバー
ルーク・ガスリー ルーク・リスト
ロッド・パンプリング ロバート・カストロ
ロバート・ギャリガス ロバート・ストレブ
ロブ・オッペンハイム ロリー・サバティーニ
その他 K.J.チョイ

5. 組み合わせ(ペアリング)とスタート時刻

ペアリングとティーオフ時刻は情報が確認でき次第、更新する予定です。

Round PLAYERS
Round1 岩田寛
Round2 岩田寛

スポンサードリンク

よく読まれています

14 Responses to “岩田寛が出場予定!クイッケンローンズナショナル2016の概要(6月23日開幕)”

  1. マーク より:

    岩田の出場が決まって良かったです。大会オフィシャルサイトを見てもフィールドについては直前まで何の情報もなく、やきもきしてました。オープンウィークでどれだけ調整できているか。
    このフィールドは有名どころの回避が多い割に賞金も多いので、本当にチャンスだと思って結果出して欲しいですね。

    • golf より:

      マークさん、コメントありがとうございます。
      このクイッケンローンズなチャンスがあるトーナメントですが、それは岩田と同じ立場の選手にも言えることなので、やはり好成績を残していかないとシード権ラインを死守できないと思います。
      賞金ランクもボーダーラインに近づいてきているので、ここで結果を残してもらいたいです。

  2. ゆり より:

    ゆっくり休養&調整が出来ました事と思います。
    どうか無事予選通過をし、願わくばトップ25位・・
    いやシード権獲得の為に上位を目指して遣って欲しい
    と願ってやみません。
    ここが踏ん張り処、心から頑張って欲しいと
    願ってます。

    • golf より:

      ゆりさん、コメントありがとうございます。
      シード権を考えるとトップ10フィニッシュがそろそろ欲しいですね。
      トップ40が最低ラインでトップ25は確保しておきたい状況なので、まずはしっかりと予選通過してもらいたいです。
      ここからの5連戦が本当に勝負どころになってくると思います。

  3. マーク より:

    確かに状況的には予選通過だけでOKではなく、ある程度の順位が必要ですね。TOP40死守ということは、逆にそれができなければ危ない、という段階ですね。
    これには返信不要にて。

  4. naka より:

    岩田選手、インスタートで、前半はぼろぼろと言って良い状態だったようですが(1バーディー、4連続を含む5ボギー)、後半は何とか巻き返して(3バーディー、ノーボギー)、明日に希望をつなげたようです(トータル1オーバー)。
    ロングホールではしっかりバーディーが取れたようなので、何とかボギーを減らして、まずは、予選を通過して欲しいところですね。予選通過ラインは1アンダーくらいですかね~~?

    • golf より:

      nakaさん、コメントありがとうございます。
      前半の時点では初日で予選落ちが決定かなと思いますが、そこから良く立て直したと思います。
      カットラインは1アンダーくらいになりそうな気配ですね。
      後半のようなプレーをでれだけできるかにかかってきそうです。今日は上がりホールで崩れなかったのでは、それは好材料かなと思います。

  5. マーク より:

    岩田の初日、前半のボギーが多すぎましたね。前半11番で1.5m位のバーディパット外した後にまたイライラしたのでしょうか、4連続ボギー。それでもロングで全てバーディをとり、何とか1オーバーフィニッシュまで持ってきましたね。予選通過は可能な位置に踏み止まりました。バーディは取れてますから、明日はボギーをどれだけ減らせるかが鍵ですね。週末までコメントしたいですね。

    • golf より:

      マークさん、コメントありがとうございます。
      午前組で、しかもこれまでと違い早い時間帯に組まれたので、できればスコアを伸ばしてもらいたいところでした。
      ただ、それでも後半に立て直せたのは、明日に向けて明るい材料だと思います。
      明日は後半のようなプレーをいかに継続できるかですね。頑張ってもらいたいです。

  6. ゆり より:

    お疲れ様です。
    心配してました・・
    何とかもちそうですかねぇ・・
    予選通過を願ってます。
    *返信お気遣い無き様に*

  7. マーク より:

    岩田、また週末はなくなってしまいました。。結局2日目もボギーの多いゴルフで今日はロングでも2つボギーを打ってしまいました。そしてまるでコントのように最終で恒例の池ポチャというオチまでつけてくれなくてもいいのに。。「ダメだこりゃ」という内容です。ショットが不安定過ぎて、得意のパットを活かせる状況になってないですね。
    オープンウィークでどのくらい立て直せるかと思ってましたが、もはやフィールドの強さがどうこういうレベルではないですね。彼自身の調子が上がらないと、予選通過もままならないです。どうやら残り試合との戦いになりそうですね。雰囲気的にコツコツとポイントを稼ぐことは難しそうで、カテゴリー30も怪しい状況です。
    岩田のスタッツを改めて見ると、フェアウェイキープが129位、パーオン率は190位、SGパッティングが38位なので、問題はグリーンを狙うクラブですよね。残り試合で何とか調整して欲しいですね。

    • golf より:

      マークさん、コメントありがとうございます。
      日本ツアーだと多少ショットが乱れても、なんとかなってしまうという悲しい現状があります。なので、ショットが不安定でも、パッティングがそこそこ良ければ、何とかなってしまう面があるように見受けられます。
      でもPGAツアーはハザードが多いので、ショットが乱れるとすぐに、ボギー、ダブル、トリプルにつながってしまうので、ショットの安定感がないと厳しくなると思います。
      パッティングは悪いと言っても3パットを連発することは稀なので、やはりショットですね。

  8. ゆり より:

    おはようございます。
    お疲れ様でした。
    *golf*さん*週末はゆっくり休んで下さい。
    ビッグト-ナメントが続きます・・
    体力を温存しておいて下さい。

    *マ-クさん*報告感謝します。
    だめでしたかぁ(´;ω;`)
    何とか・と思って応援してましたが・・

    • golf より:

      ゆりさん、コメントありがとうございます。
      残念ながらしっかりと体力を温存できることになりました(^_^;)
      シード権の見通しは厳しくなりつつありますが、まだ諦めるほどでもないので、何とか次週立て直してもらいたいです。

このページの先頭へ