松山英樹・石川遼が出場予定!ウェイストマネジメント・フェニックスオープン2016の概要(2月4日開幕)

ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン2016が2月4日からアリゾナ州スコッツデールにあるTPCスコッツデールで開催されます。

賞金総額は650万ドル、優勝賞金は117万ドル、フェデックスカップポイント(FedExCup Points)は500ポイントが割り当てられています。

日本からは2015年12月30日時点で松山英樹が出場のコミットメントをしたと、アリゾナ州のメディアによって報じられています。

Matsuyama is coming off a fantastic 2015 campaign where he recorded six Top-5 finishes that included a fifth place outing at The Masters and his runner-up finish at the Waste Management Phoenix Open where he lost by one shot to winner Brooks Koepka. Matsuyama currently ranks 15th in the Official World Golf Ranking.

管理人訳『松山はマスターズでの単独5位、ブルックス・ケプカに1打及ばず2位タイとなったウェイストマネージメント・フェニックスオープンファンタスティックを含む6度のトップ5を記録するなど素晴らしい2015年を終えようとしている。松山は現在、世界ゴルフランキングで15位となっている。』

主なトッププレイヤーではリッキー・ファウラー(WR:6位)、松山英樹(同15位)、ブルックス・ケプカ(同16位)、ケビン・キスナー(同17位)、シェイン・ローリー(同21位)、フィル・ミケルソン(同34位)、ロバート・ストレブ(同39位)、ブラント・スネデカー(同47位)、ダニー・リー(同48位)、スコット・ピアシー(49位)、クリス・カーク(同50位)らがコミットメントしています。

松山英樹は3年連続3回目の出場となりますが、過去のこの大会で2015年に1打差の2位タイ、2014年は2打差の4位タイと相性の良いコースのため好成績が期待されます。

石川遼は4年連続4回目の出場予定ですが、2013年は2打、2014年は8打、2015年は1打及ばずに、過去3戦ともに予選落ちとなっていますので、2016年は雪辱を果たしたいところです。

そのウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン2016の概要です。

ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン2016の概要

スポンサードリンク

ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン2016の概要の目次は以下のとおりとなっています。

1. コース概要
2. 賞金・ポイント
3. 出場予定選手
4. テレビ放送予定
5. ペア・スタート時刻

1. コースの概要

TPCスコッツデールのスタディアムコースでトーナメントが開催され、パー71・7266ヤードとなっています。

2014年大会と2015年大会の間に改修がなされた際に250本あまりの木が増やされ、グリーンはティフイーグル・バミューダ(TifEagle Bermudagrass)に張り替えられています。

ティー、フェアウェイ、ラフで使用されている芝は2012年時のデータではバミューダとライグラスが使用されています。

優勝スコアは2015年が15アンダーで、2014年が16アンダー、予選カットラインは2015年が1オーバー、2014年が1アンダーとなっています。

2万人が収容できる16番パー3は難易度が低いホールの1つで、3番目に易しいホールとなっています。

Rank HOLE PAR YARDS AVG +/-
12 1 4 408 3.97 -0.03
8 2 4 442 4.08 0.08
17 3 5 558 4.70 -0.30
14 4 3 183 2.94 -0.06
3 5 4 470 4.13 0.13
7 6 4 432 4.08 0.08
5 7 3 215 3.10 0.10
6 8 4 475 4.08 0.08
9 9 4 453 4.06 0.06
13 10 4 428 3.96 -0.04
4 11 4 472 4.13 0.13
10 12 3 192 3.04 0.04
18 13 5 558 4.63 -0.37
1 14 4 490 4.19 0.19
15 15 5 553 4.81 -0.19
11 16 3 163 2.99 -0.01
16 17 4 332 3.73 -0.27
2 18 4 442 4.14 0.14

2. フェデックスカップポイント・賞金の配分

フェデックスカップポイントと賞金配分は以下のとおりとなっています。

R Prize Pt R Prize Pt
1 $1,170,000 500 16 $110,500 55
2 $702,000 300 17 $104,000 54
3 $442,000 190 18 $97,500 53
4 $312,000 135 19 $91,000 52
5 $260,000 110 20 $84,500 51
6 $234,000 100 21 $78,000 50
7 $217,750 90 22 $72,800 49
8 $201,500 85 23 $67,600 48
9 $188,500 80 24 $62,400 47
10 $175,500 75 25 $57,200 46
11 $162,500 70 26 $52,000 45
12 $149,500 65 27 $50,050 44
13 $136,500 60 28 $48,100 43
14 $123,500 57 29 $46,150 42
15 $117,000 56 30 $44,200 41

3. 地上波・BS・CSのテレビ放送予定日時

テレビ放送予定と日時は情報が確認でき次第に更新する予定です。

4. 出場予定選手の一覧

2015年11月29日時点で出場のコミットメントをすませている出場予定選手は以下のとおりとなっています

日本人 松山 英樹
石川 遼
ア行 アダム・ハドウィン
アニルバン・ラヒリ アレックス・チェイカ
アンドリュー・ループ アンドレス・ゴンザレス
ウィリアム・マクガート ウィル・ウィルコックス
ウェス・ローチ
カ行 カイル・スタンリー
カイル・リーファース カルロス・オルティス
カール・ピーターソン キム・フィー
キャメロン・スミス グラハム・デラエ
クリス・カーク クリス・ストラウド
ケビン・キスナー ケビン・ストリールマン
ケビン・チャッペル ケリー・クラフト
ケン・デューク ゲーリー・ウッドランド
コルト・ノスト
サ行 ザック・ブレア
サム・サンダース サン・カン
シ・ウー・キム ジェイソン・ゴア
ジェイソン・コクラック ジェイソン・ダフナー
ジェイソン・ボーン ジェイミー・ラブマーク
シェイン・バーツッチ シェイン・ローリー
ジェフ・オバートン ジェームズ・ハーン
ジム・ハーマン ジャスティン・ヒックス
ジャスティン・レオナード ジョナス・ブリクスト
ジョン・カラン ジョン・センデン
ジョン・ピーターソン ジョージ・マクニール
ショーン・オヘア ショーン・ステファニー
スコット・スターリングス スコット・ピアシー
スコット・ピンクニー スティーブ・マリノ
スペンサー・レビン スマイリー・カウフマン
タ行 タイラー・オルドリッジ
タイローン・バン・アスウェーゲン ダウィー・ファンデルバルト
ダニエル・サマーヘイズ ダニー・リー
ダロン・スタイルズ チェズ・リアビ
チェッソン・ハドレー チャド・キャンベル
チャド・コリンズ チャーリー・ベルジャン
チャーリー・ホフマン チャールズ・ハウエル3世
デビッド・ハーン デレク・アーンスト
デレック・ファザウアー トム・ホゲ
トロイ・メリット トロイ・メリット
トーマス・エイケン
ナ行 ニック・テイラー
ニック・ワトニー ノ・スンヨル
ハ行 パット・ペレス
パットン・キザー ハドソン・スワフォード
パドレイグ・ハリントン ババ・ワトソン
ハリス・イングリッシュ ハロルド・バーナー3世
ハンター・メイハン ピーター・マルナティ
ファビアン・ゴメス フィル・ミケルソン
ブライアン・ゲイ ブライアン・デービス
ブライアン・ハーマン ブライス・モルダー
ブラント・スネデカー ブルックス・ケプカ
ブレイン・バーバー ブレット・ステッグマイヤー
フレディ・ヤコブセン ブレンドン・デ・ヨング
ブレンドン・トッド ブロンソン・バーグーン
ベン・クレーン ベン・マーティン
ヘンリック・ノーランダー
マ行 マイケル・キム
マイケル・トンプソン マット・エブリー
マーク・ウィルソン マーク・ハバード
マーティン・ピラー マーティン・レアード
モーガン・ホフマン
ヤ・ラ・ワ行 ライアン・パーマー
ライン・ギブソン リッキー・バーンズ
リッキー・ファウラー ルーカス・グローバー
ルーカス・リー ルーク・リスト
ロバート・カストロ ロバート・ストレブ
ロブ・オッペンハイム
その他 D.H. リー
J.J. ヘンリー M.A.カルバージョ

5. 組み合わせ(ペアリング)とスタート時刻

ペアリングとティーオフ時刻は情報が確認でき次第、更新する予定です。

Round PLAYERS
Round1
Round2

スポンサードリンク

よく読まれています

4 Responses to “松山英樹・石川遼が出場予定!ウェイストマネジメント・フェニックスオープン2016の概要(2月4日開幕)”

  1. まり より:

    こんばんは! まりです。
    一言だけご挨拶させて下さい。
    今年一年、沢山の素晴らしい記事のアップありがとうございました。
    来年も、松山選手の活躍と連動して、益々パワーアップですね!
    またコメントさせて下さい。
    よいお年を!

    • golf より:

      まりさん、コメントありがとうございます。
      そして、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。
      いろいろとお気遣いありがとうございます。今年はさらにステップアップしてくれると思っていますので、とても楽しみです。

  2. ゆり より:

    おはようございます。
    早くもgolfさんの活動が始まってますねぇ(笑)。
    今年も楽しみにしてます。

    あのスタジアムの様な凄いコ-スに若い2人の選手・
    松山君の昨年は2位たい?でしたかぁ・・
    かって知ったる今年こそは期待してます。

    遼君も今年はあの凄いコ-スを是非体験して欲しいと願ってます。
    何かのコメントで松山君が遼君と最終日最終組に
    二人でやる事を願ってるとの事・・
    ファンも是非是非魅せて欲しいと願ってます。

    楽しみにしてます。

    • golf より:

      ゆりさん、コメントありがとうございます。
      あのショートホールはこれまでのゴルフの概念を覆すかのようなホールですよね(笑)。
      しかも優勝争いのさなかであのホールに入ると、また格段と緊張感がますのかなと想像したりします。
      松山英樹は相性が良いといえる結果が残っていて、逆に石川遼は結果が出せていますが、これまでの結果通りになるのか、それともまた違う展開になるのか楽しみです。

このページの先頭へ