WGC-ブリヂストン招待2014に出場するには?出場資格と有資格者の一覧

世界ゴルフ選手権(World Golf Championships)のブリヂストン招待2014はオハイオ州アクロンにあるファイアーストーン・カントリー・クラブの南コースで開催されます。

賞金総額は900万ドル、優勝賞金153万ドル、フェデックスカップ(FedExCup)ポイントが550ポイントが割り当てられています。前年の優勝者はタイガー・ウッズです。

日本人プレーヤーで出場権を獲得しているのは、2014年7月21日時点では松山英樹丸山大輔竹谷佳孝の3人です。

そのプリヂストン招待2014の出場資格と有資格者などの情報をまとめています。

スポンサーリンク

世界ゴルフ選手権(WGC)-ブリヂストン招待の出場資格と有資格者の一覧

世界ゴルフ選手権(WGC)-ブリヂストン招待の出場資格と有資格者の一覧で、出場資格は以下のとおりとなっています。なお、前年までの資格を元に作成していますので、変更がある場合は、随時修正・追加します。

(1)2013年のプレジデンツ・カップの出場選手

2013年のプレジデンツ・カップで実際にプレーした選手が有資格者となります。その有資格者は以下のとおりとなっています。

アメリカ

ウェブ・シンプソン、キーガン・ブラッドリー、ザック・ジョンソン、ジェイソン・ダフナー、ジョーダン・スピース、スティーブ・ストリッカー、タイガー・ウッズ、ハンター・メイハン、マット・クーチャー、フィル・ミケルソン、ブラント・スネデカー

インターナショナル

アダム・スコット、アーニー・エルス、アンヘル・カブレラ、グラハム・デラート、ジェイソン・デイ、チャール・シュワルツェル、ブレンドン・デ・ヨング、ブランデン・グレース、ビル・ハース、マーク・リーシュマン、松山英樹、ルイ・ウーストハイゼン、リチャード・スターン

(2)2014年7月21日時点での世界ランキング50位以内

カッコ内は7月21日時点での世界ランキングです。

  • ロリー・マキロイ(2)
  • ヘンリック・ステンソン(3)
  • ジャスティン・ローズ(4)
  • セルヒオ・ガルシア(5)
  • バッバ・ワトソン(6)
  • ジム・フューリック(10)
  • マーティン・カイマー(12)
  • ダスティン・ジョンソン(15)
  • グラエム・マクダウェル(16)
  • リッキー・ファウラー(18)
  • ジミー・ウォーカー(19)
  • ビクター・デュビッソン(21)
  • ルーク・ドナルド(24)
  • トーマス・ビヨーン(26)
  • ミゲル.A.ヒメネス(27)
  • イアン・ポールター(28)
  • パトリック・リード(30)
  • スティーブン・ギャラハー(31)
  • ジェイミー・ドナルドソン(32)
  • トンチャイ・ジャイディー(33)
  • リー・ウエストウッド(34)
  • ケビン・ナ(37)
  • ライアン・ムーア(39)
  • ケビン・ストリールマン(40)
  • ブレンドン・トッド(41)
  • フランチェスコ・モリナリ(42)
  • クリス・カーク(43)
  • ジョナス・ブリクスト(45)
  • ヨースト・ルイテン(46)
  • ゲーリー・ウッドランド(47)
  • ハリス・イングリッシュ(48)
  • マット・エブリー(49)
  • ミッコ・イロネン(50)

(3)2014年7月28日時点での世界ランキング50位以内

該当者なし

(4)2013年ブリヂストン招待終了後1年間に”International Federation of PGA Tours”のフィールドの強さが115ポイントをこえる公式戦での優勝者

International Federation of PGA Tours(インターナショナル・フェデレーション・オブ・PGAツアーズ)とは、以下の6つのツアーで構成されています。

  • PGAツアー
  • ユーロピアンツアー
  • 日本ゴルフツアー
  • アジアンツアー
  • サンシャンツアー
  • PGAツアー・オブ・オーストラレイジア

その6つのツアーの公式戦で、世界ランキングための獲得ポイント算出の基礎となる”フィールドの強さ”が115ポイントを超えるトーナメントでの優勝者です。

ユーロピアンツアー(欧州ツアー)

トーマス・ビヨーン、スティーブン・ギャラハー、ミゲル・アンヘル・ヒメネス、パブロ・ララザバル、セルヒオ・ガルシア

PGAツアー

ベン・クレイン、マット・エブリー、J.B.ホームズ、ノ・スンヨル、マーティン・カイマー、クリス・カーク、ライアン・ムーア、ケビン・スタドラー、スコット・スターリングス、ジミー・ウォーカー、バッバ・ワトソン、ラッセル・ヘンリー、パトリック・リード、リー・ウエストウッド、ジョン・センデン、ダスティン・ジョンソン、マット・ジョーンズ、ブレンドン・トッド、ヘンリック・ステンソン、ビクター・デュビッソン、ゴンザロ・フェルナンデス・カストロ、デビッド・ハウエル、デビッド・リーン、ロリー・マキロイ、トンチャイ・ジャイディー、レビー・アレクサンダー

日本ゴルフツアー(JGTO)

ルーク・ドナルド(2013年11月・ダンロップフェニックストーナメント)

(5)指定されたトーナメントの優勝者

日本ゴルフツアー(JGTO)、アジアンツアー、サンシャンツアー、PGAツアー・オブ・オーストラレイジアの指定されたトーナメントの優勝者に出場資格が与えられます。その指定トーナメントと有資格者は以下のとおりです。

アジアンツアー

2013年のタイランドチャンピオンシップ:セルヒオ・ガルシア

PGAツアー・オブ・オーストラレイジア(豪州ツアー)

2013年のオーストラリアPGAチャンピオンシップ:アダム・スコット

日本ゴルフツアー(JGTO)

2013年 ブリヂストンオープンゴルフトーナメント:丸山大輔
2014年 日本ゴルフツアー選手権(2014年6月22日):竹谷佳孝

サンシャインツアー

ディメンション・データ・プロアマ:エスタニスラオ・ゴヤ

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ