全英オープンゴルフ2014に出場するには?出場資格と予選会について

2014年の全英オープンは、ロイヤルリバプールGCで7月17日から開催されます。

賞金総額800万ドル、フェデックスカップポイント600ポイントが割り当てられ、全156選手にによって争われます。前年の覇者はフィル・ミケルソンとなっています。

その2014年の全英オープンの出場資格と出場権が獲得できるオープン・クオリファイング・シリーズ(Open Qualifying Series)や、出場権をもっている日本人プレーヤーなどについてをまとめています。

*石川遼は世界ランキングによるオルタイネイト(Alternates)で出場権獲得の可能性があります。

スポンサーリンク

全英オープンゴルフ2014の出場条件と有資格者のリスト

全英オープンゴルフ2014の優先出場権の資格は以下のとおりとなっています。

出場資格の一覧

  1. 全英オープン歴代優勝者で2014年6月20日時点で60歳以下の選手
  2. 全英オープンの2004-13年の優勝者
  3. 全英オープン歴代優勝者で2009年から2013年の全英オープンで10位タイ以上
  4. 2013年全英オープンで10位タイ以上
  5. 2014年5月25日発表(Week21)の世界ランキング50位以内
  6. 2013年のレース・トゥ・ドバイ(欧州ツアー賞金ランキング)でトップ30
  7. 2009-13年のBMW PGA選手権の優勝者
  8. 2014年のBMWインターナショナル(6月29日)時点でのレース・トゥ・ドバイの上位20名の中で、欧州ツアーのプレーヤーの上位5位タイ以内
  9. 2010年-14年の全米オープンの優勝者
  10. 2010年-14年のマスターズトーナメントの優勝者
  11. 2009年-13年の全米プロゴルフ選手権の優勝者
  12. 2012年-14年のプレーヤーズ選手権の優勝者
  13. 2013年のPGAツアー選手権の出場者(トップ30)
  14. 2014年トラベラーズ選手権(6月22日)時点で、優先出場権をもたないフェデックスカップランクの上位5位タイまで
  15. 2013年プレジデンツカップの出場者
  16. 2013年アジアンツアーの賞金ランキング1位(タイ含む)
  17. 2013年PGAツアー・オブ・オーストラリアの賞金ランキング1位(タイ含む)
  18. 2013年南アフリカPGAサンシャインツアーの賞金ランキング1位(タイ含む)
  19. 2013年の日本オープン優勝者
  20. JGTO(日本ゴルフツアー機構)の2013年賞金ランキング2位まで(タイ含む)
  21. 2014年日本ゴルフツアー選手権終了時点(6月22日)の2014年JGTOの賞金ランキング2位まで(タイ含む)
  22. 2013年の全英シニアオープンの優勝者
  23. 2013年の全英アマチュアゴルフ選手権の優勝者
  24. 2013年の全米アマチュアゴルフ選手権の優勝者
  25. 2013年のヨーロッパアマチュアゴルフ選手権の優勝者
  26. 2013年のマーク・H・マコーミックメダルの受賞者(アマ)

現在、日本人プレーヤーで上記の条件を満たして出場権を獲得しているのは、松山英樹(前年6位T・2013年JGTO賞金ランク1位・プレジデンツカップ)、小林正則(2013年の日本オープン優勝者)となっています。

また小田孔明宮里優作が「2014年日本ゴルフツアー選手権終了時点(6月22日)の2014年JGTOの賞金ランキング2位」の資格で出場権を獲得しています。

これらの資格を有する選手に加えて、予選会で上位に入ることでその年度の全英オープンの出場資格を獲得することができます。

出場資格毎の有資格者の一覧

(1)全英オープン歴代優勝者で2014年6月20日時点で60歳以下の選手
  • サンディ・ライル(1985年)
  • ニック・ファルド(1987/1990/1992年)
  • マーク・カルカベッキア(1989年)
  • ジョン・デーリー(1995年)
  • トム・レーマン(1996年)
  • ジャスティン・レナード(1997年)
  • マーク・オメーラ(1998年)
  • ポール・ローリー(1999年)
  • タイガー・ウッズ(2000/2005/2006年)
  • デビッド・デュバル(2001年)
  • アーニー・エルス(2002/2012年)
  • ベン・カーティス(2003年)
  • トッド・ハミルトン(2004年)
  • パトレイグ・ハリントン(2007/2008年)
  • スチュワート・シンク(2009年)
  • ルイ・ウーストハイゼン(2010年)
  • ダレン・クラーク(2011年)
  • フィル・ミケルソン(2013年)

グレッグ・ノーマン(1986/1993年)、イアン・ベーカーフィンチ(1991年)、ニック・プライス(1994年)はエントリーしないことを表明しています。

(2)全英オープンの2004-13年の優勝者

*該当者は全て資格(1)で出場権を取得

(3)全英オープン歴代優勝者で2009年から2013年の全英オープンで10位タイ以上
  • トム・ワトソン

*トム・ワトソン以外の該当者は全て資格(1)で出場権を取得

(4)2013年全英オープンで10位タイ以上
  • ヘンリック・ステンソン(2位)
  • イアン・ポールター(3位T)
  • アダム・スコット(3位T)
  • リー・ウエストウッド(3位T)
  • ザック・ジョンソン(6位T)
  • 松山英樹(6位T)
  • ハンター・メイハン(9位T)
  • フランチェスコ・モリナリ(9位T)

*フィル・ミケルソン(1位)とタイガー・ウッズ(6位T)は資格(1)で出場権を取得

(5)2014年5月25日発表(Week21)の世界ランキング50位以内

マット・クーチャー、バッバ・ワトソン、ロリー・マキロイ、ジェイソン・デイ、セルヒオ・ガルシア、ジャスティン・ローズ、ジョーダン・スピース、ジム・フューリック、ダスティン・ジョンソン、ジェイソン・ダフナー、ルーク・ドナルド、ジミー・ウォーカー、グラエム・マクダウェル、スティーブ・ストリッカー、チャール・シュワルツェル、トーマス・ビヨーン、キーガン・ブラッドリー、 ビクター・デュビッソン、パトリック・リード、M.A.ヒメネス、マーティン・カイマー、ジェイミー・ドナルドソン、ブラント・スネデカー、グラハム・デラート、ウェブ・シンプソン、ビル・ハース、ジョナス・ブリクスト、スティーブン・ギャラハー、リッキー・ファウラー、ライアン・ムーア、ゲーリー・ウッドランド、ハリス・イングリッシュ、ヨースト・ルイテン、マット・ジョーンズ、ジョン・センデン、ラッセル・ヘンリー、クリス・カーク、マット・エブリー、ライアン・パーマー

(6)2013年のレース・トゥ・ドバイ(欧州ツアー賞金ランキング)でトップ30
  • G.F.カスタノ(7位)
  • トンチャイ・ジャイディー(9位)
  • リチャード・スターン(8位)
  • マテオ・マナセロ(11位)
  • ピーター・アイレーン(14位)
  • ブレット・ラムフォード(17位)
  • ブランデン・グレース(18位)
  • デビッド・ハウエル(21位)
  • ミッコ・イロネン(23位)
  • グレゴリー・ボアディー(25位)
  • トミー・フリートウッド(26位)
  • バーンド・ワイズバーガー(28位)
  • クリス・ウッド(29位)
  • ポール・ケイシー(30位)

上記以外の該当者はこれより上位の条件で出場権を取得。

(7)2009-13年のBMW PGA選手権の優勝者

ルーク・ドナルド(2012年)とロリー・マキロイ(2014年)は条件(5)で、マテオ・マナセロ(2013年)は条件(6)で出場権を取得。

(8)2014年のBMWインターナショナル(6月29日)時点でのレース・トゥ・ドバイの上位20名の中で、欧州ツアーのプレーヤーの上位5位タイ以内

情報が確認でき次第更新します。

(9)2010年-14年の全米オープンの優勝者

該当者のグラエム・マクダウェル(2010年)、ロリー・マキロイ(2011年)、ウェブ・シンプソン(2012年)、ジャスティン・ローズ(2013年)、マーティン・カイマー(2014年)は全て条件(5)で出場権を取得。

(10)2010年-14年のマスターズトーナメントの優勝者

該当するフィル・ミケルソン(2010年)は条件(1)で、アダム・スコット(2013年)は条件(4)、チャール・シュワルツェル(2011年)、バッバ・ワトソン(2012/2014年)は条件(5)で出場権を取得。

(11)2009年-13年の全米プロゴルフ選手権の優勝者
  • Y.E. ヤン(2009年)

該当のマーティン・カイマー(2010年)、キーガン・ブラッドリー(2011年)、ロリー・マキロイ(2012年)、ジェイソン・ダフナ(2013年)ーは条件(5)で出場権を取得。

(12)2012年-14年のプレーヤーズ選手権の優勝者

該当のマーティン・カイマー(2014年)、マット・クーチャー(2012年)、タイガー・ウッズ(2013年)はこれより上位の条件で出場権獲得。

(13)2013年のPGAツアー選手権の出場者(トップ30)
  • ニック・ワトニー
  • ビリー・ホーシェル
  • ケビン・ストリールマン
  • ブレンドン・デ・ヨング
  • ブー・ウィークリー
  • D.A. ポインツ

上記以外の選手はこれより優先度の高い条件にて出場権を獲得

(14)2014年トラベラーズ選手権(6月22日)時点で、優先出場権をもたないフェデックスカップランクの上位5位タイまで

情報が確認でき次第更新します。

(15)2013年プレジデンツカップの出場者
  • アンヘル・カブレラ
  • マーク・リーシュマン

*上記以外の出場選手はこれより優先度の高い条件で出場権を獲得

  • インターナショナルチーム
    アダム・スコット、ジェイソン・デイ、チャール・シュワルツェル、アーニー・エルス、ルイ・ウーストハイゼン、松山英樹、ブランデン・グレース、グラハム・デラート、ブレンドン・デ・ヨング、リチャード・スターン
  • アメリカチーム
    タイガー・ウッズ、ブラント・スネデカー、フィル・ミケルソン、マット・クーチャー、ェイソン・ダフナー、キーガン・ブラッドリー、スティーブ・ストリッカー、ビル・ハース、ハンター・メイハン、ザック・ジョンソン、ウェブ・シンプソン、ジョーダン・スピース
(16)2013年アジアンツアーの賞金ランキング1位(タイ含む)
  • キラデク・アフィバーンラト
(17)2013年PGAツアー・オブ・オーストラリアの賞金ランキング1位(タイ含む)

該当者のアダム・スコットは2013年全英オープンでの3位タイにより出場権を獲得。

(18)2013年南アフリカPGAサンシャインツアーの賞金ランキング1位(タイ含む)
  • ダウィー・バンデルウォルト
(19)2013年の日本オープン優勝者
  • 小林正則
(20)JGTO(日本ゴルフツアー機構)の2013年賞金ランキング2位まで(タイ含む)
  • 松山英樹
  • 金亨成

*松山英樹は2013年の全英オープン6位タイにより出場権獲得。

(21)2014年日本ゴルフツアー選手権終了時点(6月22日)の2014年JGTOの賞金ランキング2位まで(タイ含む)
  • 小田孔明
  • 宮里優作
(22)2013年の全英シニアオープンの優勝者

マーク・ウィービー

(23)2013年の全英アマチュアゴルフ選手権の優勝者

ブラッドレイ・ネリー

(24)2013年の全米アマチュアゴルフ選手権の優勝者

マシュー・フィッツパトリック(アマ)

(25)2013年のヨーロッパアマチュアゴルフ選手権の優勝者

アシュリー・チェスターズ(アマ)

(26)2013年のマーク・H・マコーミックメダルの受賞者(アマ)

該当者のマシュー・フィッツパトリックは条件(24)で出場権を獲得。

全英オープン予選会(Open Qualifying Series)

全英オープン予選は6つのツアー(米PGA、欧州ツアー、日本ツアー(JGTO)、アジアンツアー、サンシャインツアー、PGAオーストラリア)の10のトーナメントであわせて開催されています。

予選会となるトーナメントは以下のとおりとなっています。

  1. エミレーツ・オーストラリアオープン
    (3名・PGAオーストラリア・2013年12月)
  2. ヨハネスブルグオープン
    (3名・サンシャインツアー・2014年2月)
  3. インターナショナル・36ホール・クオリファイング
    (4名・アジアンツアー・2014年3月) 
  4. ミズノオープン
    (4名・JGTO・2014年6月1日)
  5. アイルランドオープン
    (3名・欧州ツアー・2014年6月22日)
  6. クイッケンローンズ・ナショナル
    クイッケンローンズ・ナショナルで12位タイ以上でフィニッシュし、かつ出場資格をもたない選手の中で上位4名。
    *ショーン・ステファニー、チャーリー・ホフマン、ベン・マーティン、ブレンダン・スティールが出場権を獲得。
    (4名・PGAツアー・2014年6月29日)
  7. アルストム・オープン・ド・フランス
    マイケル・ホイ、ロバート・カールソン、ビクトル・リウ
  8. グリーンブリアー・クラシック
    ビリー・ハーリー3世、 ジョージ・マクニール、クリス・ストラウド、, キャメロン・トリンゲール
  9. スコットランドオープン
    (3名・欧州ツアー・2014年7月13日)
  10. ジョンディアクラシック
    ジョンディアクラシックで5位タイ以上でフィニッシュし、かつ出場資格をもたない選手の中で上位1名。
    ブライアン・ハーマン
  11. 最終予選会
    ポール・マケクニー、ジェイミー・マクリーリー、マーク・ウォーレン、オスカー・フローレン、クリス・ハンソン、ジョン・シングルトン、アン・ビョンホン、クリス・ロジャース、マシュー・サウスゲート、ポール・ダン、オリバー・フィッシャー、リズ・イーノック

日本人ではインターナショナル・36ホール・クオリファイングで岩田寛、塚田好宣の2人が、ミズノオープン2014で4位タイととなった近藤共弘が出場権を獲得しています。

オルタイネイト(Alternates)

フルフィールドの156名までに達するまで、世界ランキングに基づいて補充されます。

  • 6月29日発表の世界ランキング(Week26)
    ケビン・スタドラー(62位)、J.B. ホームズ(63位)、K.J.Choi(66位)、エリック・コンプトン(72位)、チャールズ・ハウエル3世(73位)、ブルックス・コプカ(74位)、チェッソン・ハドレー(76位)、フレドリック・ジャコブソン(79位)、
    アニルバン・ラヒリ(81位)、スコット・スターリングス(82位)
  • 7月6日発表の世界ランキング(Week26)
    リザーブの1番目となった石川遼がスティーブ・ストリッカーの出場とりやめにより、繰上げで出場権を獲得しました。

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ