石川遼が8位Tで27万ドルと83ポイント獲得!ザ・プレーヤーズチャンピオンシップ2015の最終結果と最新ランキング情報

ザ・プレーヤーズチャンピオンシップ2015を3人によるプレーオフの末、リッキー・ファウラーがが制し、賞金180万ドル(約2億1551万円)とフェデックスカップポイントを600ポイント獲得しました。

2位にはプレーオフで敗れたセルヒオ・ガルシアとケビン・キスナーの2人が入り、それぞれ賞金88万ドル(約1億536万円)と270ポイントを獲得しています。

8位タイとなった石川遼は賞金27万ドル(約3233万円)と83ポイントを、17位タイとなった松山英樹は13万857ドル(1557万円)と52ポイントをそれぞれ獲得しています。

なお、世界ランキングポイントは石川遼が11.200ポイント、松山英樹が5.634ポイントを獲得する見込みです。石川遼の世界ランキングは125位前後に上昇し(計算ミスにより削除・訂正)、松山英樹は変わらず14位になると予想されます。

続いて、ザ・プレーヤーズチャンピオンシップ2015の最終リーダーボードと獲得した賞金、フェデックスカップ、世界公式ランキングの最新情報です。

ザ・プレーヤーズチャンピオンシップ2015の結果とランキングに関する情報の一覧

スポンサードリンク

ザ・プレーヤーズチャンピオンシップ2015の結果とフェデックスカップ・賞金ランキングに関する情報の目次です。

1. ザ・プレーヤーズチャンピオンシップ2015の最終結果と獲得賞金とポイント

ザ・プレーヤーズチャンピオンシップ2015の上位選手の最終結果と獲得賞金とポイントの一覧は以下のとおりとなっています。

R Player SC Prize Pts
1 リッキー・ファウラー -12 $1,800,000 600
T2 セルヒオ・ガルシア -12 $880,000 270
T2 ケビン・キスナー -12 $880,000 270
T4 ベン・マーティン -11 $440,000 135
T4 ビル・ハース -11 $440,000 135
T6 ロリー・サバティーニ -9 $347,500 105
T6 ケビン・ナ -9 $347,500 105
T8 ジェイミー・ドナルドソン -8 $270,000 83
T8 ロリー・マキロイ -8 $270,000 83
T8 ブライアン・ハーマン -8 $270,000 83
T8 ジョン・センデン -8 $270,000 83
T8 石川 遼 -8 $270,000 83
T13 デビッド・トムズ -7 $187,500 63
T13 ザック・ジョンソン -7 $187,500 63
T13 ビリー・ホーシェル -7 $187,500 63
T13 クリス・カーク -7 $187,500 63
T17 ヘンリック・ステンソン -6 $130,857 52
T17 ラッセル・ノックス -6 $130,857 52
T17 松山 英樹 -6 $130,857 52
T17 ジョージ・マクニール -6 $130,857 52
T17 デレック・ファザウアー -6 $130,857 52
T17 パット・ペレス -6 $130,857 52
T17 ジェリー・ケリー -6 $130,857 52
T24 マーク・リーシュマン -5 $81,000 45
T24 ジェフ・オギルビー -5 $81,000 45
T24 ラッセル・ヘンリー -5 $81,000 45
T24 パトリック・リード -5 $81,000 45
T24 チェッソン・ハドレー -5 $81,000 45
T24 ジャスティン・トーマス -5 $81,000 45

2. 2014-15シーズンのフェデックスカップ最新ランキングの上位30名

優勝したリッキー・ファウラーが67位から10位に大きくジャンプアップし、2位タイのセルヒオ・ガルシアは44位から23位に、ケビン・キスナーは41位から21位にそれぞれ順位をあげています。

このトーナメントで52ポイントを獲得した松山英樹は1059ポイントとして、前週までと同じく9位をキープしています。

レギュラーシーズン終了後に行われるフェデックスカップ・プレーオフでは、第2戦に進めるのが上位100名で、第3戦が70名、最終戦が30名となっています。

この1059ポイントは昨シーズンのフェデックスカッププレーオフランキングでの67位相当のポイントとなっています。

今シーズンはプレーオフでのポイント配点が低くなり、昨シーズンよりも進出ラインが下ると予想されるため、松山英樹はプレーオフ第3戦のBMWチャンピオンシップへの出場がほぼ確実となっています。

詳しくは以下のページにまとめています。


参考記事:フェデックスカップ(FeDex Cup)とは?フェデックスカップの概要と流れ


8位タイで83ポイントを獲得した石川遼は今季の獲得ポイントを296とし、143位から111位へと順位を上げています。来季のシード権を確保するためには最低でも450ポイント、できるならば500ポイントを超えたい状況です。そのため最低でも154ポイント、できれば204ポイントを10数試合で獲得する必要があるという現状となっています。

ザ・プレーヤーズチャンピオンシップ2015終了時点のフェデックスカップランキングのトップ30以下のとおりとなっています。


最新:最新の順位/前週:前週の順位
今週:今週の獲得Point/通算:今シーズンの総Point
MC:予選落ち

最新 前週 選手名 今週 通算
1 1 ジョーダン・スピース 0 2118
2 2 ジミー・ウォーカー 0 1693
3 3 J.B.ホームズ 18 1320
4 4 パトリック・リード 45 1263
5 6 バッバ・ワトソン 25 1188
6 5 ダスティン・ジョンソン 1 1180
7 7 チャーリー・ホフマン 38 1121
8 8 ジェイソン・デイ 0 1076
9 9 松山 英樹 52 1059
10 67 リッキー・ファウラー 600 1048
11 14 ベン・マーティン 135 1041
12 18 ビル・ハース 135 992
13 12 ベ・サンムン 38 966
14 10 ライアン・ムーア 0 965
15 13 ロバート・ストレブ 38 964
16 11 ブラント・スネデカー 0 947
17 19 ロリー・マキロイ 83 928
18 16 ジム・フューリック 12 894
19 15 ジャスティン・ローズ 0 885
20 17 ブルックス・ケプカ 0 872
21 41 ケビン・キスナー 270 870
22 20 ゲーリー・ウッドランド 0 841
23 44 セルヒオ・ガルシア 270 817
24 28 ケビン・ナ 105 815
25 21 ダニエル・バーガー 0 797
26 22 マット・クーチャー 0 792
27 23 ブレンドン・デ・ヨング 7 788
28 25 ジェームズ・ハーン 38 783
29 24 ポール・ケーシー 0 774
30 31 ヘンリック・ステンソン 52 740
111 143 石川 遼 83 296

3. 2014-15シーズンの賞金ランキングの上位30名と獲得した賞金額の一覧

最新の賞金ランキングでは優勝したリッキー・ファウラーが56位から6位に一気に順位を上げてきました。

27万ドルを獲得した石川遼は、今季の獲得賞金を54万1480ドル(約6486万円)として賞金ランキングを150位から101位にあげています。

13万857ドルを加えた松山は、今季通算で243万6903ドル(約2億9194万円)として前週前の11位から9位に順位をあげています。

ザ・プレーヤーズチャンピオンシップ2015終了時点の2014-15シーズンの賞金ランキングのトップ30は以下のとおりとなっています。


最新:最新の順位/前週:前週の順位
通算:今シーズンの総獲得賞金

最新 前週 選手名 通算
1 1 ジョーダン・スピース $5,173,819
2 2 ジミー・ウォーカー $3,558,734
3 3 ダスティン・ジョンソン $3,119,710
4 4 J.B.ホームズ $3,116,200
5 5 バッバ・ワトソン $2,838,174
6 56 リッキー・ファウラー $2,758,848
7 8 ロリー・マキロイ $2,634,533
8 6 パトリック・リード $2,511,379
9 11 松山 英樹 $2,436,903
10 7 ジェイソン・デイ $2,400,512
11 10 チャーリー・ホフマン $2,384,863
12 9 ジャスティン・ローズ $2,337,824
13 20 ベン・マーティン $2,233,646
14 12 ライアン・ムーア $2,220,964
15 21 ビル・ハース $2,181,430
16 37 セルヒオ・ガルシア $2,087,631
17 14 ジム・フューリック $2,086,861
18 13 ブラント・スネデカー $2,079,052
19 16 ベ・サンムン $2,000,906
20 15 ゲーリー・ウッドランド $1,997,031
21 48 ケビン・キスナー $1,959,867
22 24 ケビン・ナ $1,869,022
23 19 ロバート・ストレブ $1,866,805
24 17 ポール・ケーシー $1,850,580
25 18 ブルックス・ケプカ $1,833,804
26 23 ヘンリック・ステンソン $1,731,457
27 22 ダニエル・バーガー $1,602,258
28 25 ジェームズ・ハーン $1,561,567
29 26 マット・エブリー $1,480,316
30 27 マット・クーチャー $1,424,834
101 150 石川 遼 $541,480

4. 最新の世界ランキングの上位30名の一覧

ザ・プレーヤーズチャンピオンシップ2015終了時点の2014/15シーズンの最新世界ランキングのトップ30は以下のとおりとなっています。リッキー・ファウラーがトップ10に返り咲き、アダム・スコットがトップ10から陥落しています。

1(1)ロリー・マキロイ 12.6869
2(2)ジョーダン・スピース 8.9565
3(3)ヘンリック・ステンソン 7.2125
4(4)バッバ・ワトソン 7.0853
5(5)ジム・フューリック 6.9035
6(6)ジャスティン・ローズ 6.3201
7(10)セルヒオ・ガルシア6.3089
8(7)ジェイソン・デイ 6.256
9(13)リッキー・ファウラー 6.1289
10(8)ダスティン・ジョンソン 5.9774
11(9)アダム・スコット 5.6249
12(11)ジミー・ウォーカー 5.2224
13(12)J.B.ホームズ 5.0533
14(14)松山 英樹 4.5282
15(15)パトリック・リード 4.4554
16(16)マット・クーチャー 4.2701
17(17)マルティン・カイマー 4.2401
18(18)フィル・ミケルソン 4.0802
19(19)ビリー・ホーシェル 3.944
20(25)ビル・ハース 3.6394
21(22)ケビン・ナ 3.6227
22(20)ブルックス・ケプカ 3.5164
23(26)クリス・カーク 3.3578
24(21)ビクター・デュビッソン 3.3557
25(27)ザック・ジョンソン 3.3221
26(23)リー・ウエストウッド 3.2767
27(24)ルイ・ウーストハイゼン 3.2701
28(33)ジェイミー・ドナルドソン 3.2324
29(28)ライアン・パーマー 3.1968
30(30)イアン・ポールター 3.1418
141(161)石川 遼 1.1621

スポンサードリンク

よく読まれています

13 Responses to “石川遼が8位Tで27万ドルと83ポイント獲得!ザ・プレーヤーズチャンピオンシップ2015の最終結果と最新ランキング情報”

  1. PGA より:

    初めてコメント致します。
    とはいえ、PGAは大好きでこのサイトも以前より拝見しておりました。

    今回コメントをした理由は・・・
    (以前からそうですが)マスコミ報道に偏りが多くて。。。。

    松山Pは過去の日本人Pの中でメジャー制覇の可能性が一番高いと思いますし、成績もそれを裏付けるだけの結果を出しています。
    しかし、石川P 今まで調子が悪く(=安定感が無い)思うような結果が出せていません。
    今回、優勝争いが出来る位置にいたのは事実ですが、長いツアーの中の1試合で、まだ浮かれるのは早いと思います。
    しかしながら、各種記事(GDO ALBAなど)は「低調から脱出」「優勝の可能性大」「完全復活」・・・など連日大騒ぎで・・・・
    松山Pのように安定した結果の上での記事ならば良いのですが、今試合調子が良かっただけで、「持ち上げ記事」は 見ていて首をかしげたくなります。(石川Pを批判しているわけではありません)

    このサイトは、平等に かつ 冷静に現状を分析し、的確にコメントされており、非常に好感がもて、それ故 毎回楽しみに拝見させてもらっています。
    これからも頑張ってください。

    すみません、本来のPGAの内容とは関係の無い、又、このサイトとは直接関係の無いコメントになってしまった事 お詫びします。

  2. golf より:

    PGAさんコメントありがとうございます。
    ゴルフに限らず、野球、テニスなどの他のスポーツに関しても、米メディアの報道や情報も見ているのですが、日本メディアとの文化の違いをいつも感じます。
    海外では、数字という客観的な事実で、自分の意見を裏付けしないとディスカッションやディベートに負けてしまうので、こういう分析は必須になりますが、日本人は基本的にディスカッションとディベートを好まない文化なので(笑)。
    スタッツを用いた解説とか、スイングの細かい分析に基づく評論がもっと増えると、日本のゴルフファンにとっても楽しいのではないかとなという気はします。
    ブログの内容を楽しんでいただけているなら何よりです。これからもよろしくお願いします。

  3. まり より:

    すみません、まりです(笑)。
    ここにもコメントさせて下さい。
    石川選手、今回は本当に凄かったです。想像を遥かに超えた成績でした。正直、今回のコースは池が沢山あるコースということもあり、ほぼ予選落ちだろうと思ってました。また予選を通ったら通ったで、最後はズルズル崩れるんだろうなぁ~と想像してました。たまたまなのか、本当に復活したのか…。先にコメントをされたPGAさんではないですが、今までの石川選手の成績をみていると、正直まだ安心出来ない自分がいます。とりあえず次戦を見ていきたいと思います。

  4. golf より:

    実力がついて底力が上がれば、これまでのキャリア平均を上回る成績を残せるようになるのですが、そうでない場合はこれまでの平均値に落ち着く傾向がスタッツにはあります。調子・運不運・相性などが複雑に絡み合って結果には凸凹ができるのですが、シーズン全体を見ればほぼ実力どおりの結果になるので、底力をつけていくことが大切です。
    フィールドの強いプレーヤーズの好成績で「やれる」という自信を取り戻し、良いキッカケになるのではないかとは思われますので、重要なのは今回の良い結果を次週以降に継続していくことだと思います。ウェルズ・ファーゴ、クラウンプラザ招待、AT&Tバイロン・ネルソンと少なくとも3週は出場するようなので、ここで結果を続けて残してもらいたいです。

  5. PGA より:

    今日(12日)のネットニュースを見て驚き・・・

    「石川遼 20ランク上昇!」
    「141位に浮上!」
    などなど・・・・・

    昨日コメントで愚痴をこぼしましたが、確かに8位という結果は今年のベストです。しかし、長いトーナメントの中では その中の1試合だけの事です。
    よくもここまで持ち上げる記事を堂々と書けるな・・と読んでる方が恥ずかしくなります。

    やはり、ゴルフ好きな私としてみれば、golfさんのこのサイトは、様々な分析と冷静なコメントに非常に好感を持て安心して読めますが、サイトニュースだけ見ているファンは ある意味誤解してしまうだろう・・と他人事ながら心配します。

    あと悔しいのは、松山Pの記事が殆ど付け足し=「14位でした」程度しかない事・・・
    世界14位前後を安定して維持してるんですよ(golfさんならわかってもらえると思いますが) すごい事なのにニュースにはならない・・・
    悔しいし寂しいです。(勿論 冷静なニュース記事もありますが)

    石川Pにはこの後 安定した良い戦績を残し、記事に違和感が無くなるように、また、松山Pと石川Pの差が均衡し益々日本人ゴルファーが世界で活躍できる事を期待してます。。。。

    頑張れ石川P & 松山P

    と、また このサイトに関係の無いことを投稿してしまいました。
    すみません。。。

  6. golf より:

    ずっとブログをやっていて感じることですが、松山英樹に対する評価や認知度は以前に比較すれば、日本でも高まっている気がします。ただ、本当にその実力が世間一般に広く知られるには、もう少し時間がかかるかもしれませんね。しかし、このままいけばオリンピックに出られる可能性が高いので、その際にはさらに認知度が上がる気がしています。錦織圭もずっと見ていたのですが、世界ランク20位前後に上昇しても大きな注目は浴びず、全米オープンで決勝に進むまでは、実力に相応した注目は受けていなかったように思います。
    後は松山は米ゴルフチャンネルではヤングスターとか、日本の天才とも形容されていますし、これだけネットが発達してボーダレス化していると日本での評価がすべてではなくなりますので。また、何より松山英樹本人が人からの評価を気にしていない気がします(笑)。
    松山英樹と石川遼の2人共に言えることですが、30年、40年先の一線を退く時までに残した結果で、本当の評価が出るものだと思います。なので、現時点では周囲からの評価は横において、若いうちにひたすら実力を磨いて、誰が見ても揺るぎない実績と結果を世界で残せるように頑張ってもらいたいです。

  7. PGA より:

    くだらない私のコメントに返事ありがとうございます。
    おっしゃられる通りだと思います。
    (日本に限った事なのか??)実力よりも人気・スター性が先行し、人気が出て、それらの記事は「えっ??」という記事ばかり。
    その点、アメリカはシビアだと常々感じてます。
    男子ゴルフの人気の低迷も大きな要因でしょうか?
    (正直 日本のゴルフよりPGAや欧州ツアーの方が断然面白いし)

    松山P 今のような鈍感さ(いい意味で)で更に上を目指そう。
    石川P 実力が伴わない なんて言われないよう追いつけ・追い越せ!!

  8. KENT より:

    PGAさんのご意見を拝見したりして、なるほど と思いました。
    日本国内での松山 石川のニュースには、若干の偏りがあると私も感じています。
    特に松山ファンの私としては、松山の世の中のイメージが石川より低い評価がされていると感じています。
    松山の事を話していると、松山はゴルフのマナーが悪いとかスロープレーをするし、マスコミ対応も横柄なところがあるようだと聞かされます。
    これはスポーツ記事の影響なのかと思っています。
    この状況は、メジャーに挑戦した野茂の時と似ているように感じています。
    マスコミを苦手としていた寡黙な野茂でしたが、メジャーで結果を残し、一躍トップスターとして輝きました。
    スポーツの世界でも、結果が全てなので仕方がないのでしょうね。
    松山もPGAツアーのスタッツでは、毎試合で優勝を争える力があるので、間もなく最良の結果を残してくれると信じています。

  9. golf より:

    尾崎直道のPGAツアーやアメリカのシニアツアーでの成績も素晴らしいと思うのですが、あまり評価されていませんので、そういうものなのかもしれません。
    野茂はいまだにメジャーデビューした日が、毎年、MLB公式サイトで紹介されるくらいですが、以前に比較すれば良くなったものの、日本での評価はそこまでではない気がします。
    松山英樹はしゃべるのが得意ではないようなので、その分、損はしている気がします。でも、彼の人柄が良いことは丸山茂樹のコラムや進藤さんとの関係を見ていれば伝わってきます。

    メモリアルでドライバーが折れたことも、日本では叩きつけたというように強調されていましたが、実際にはボトンと落としたところに中継用の集音マイクがあっただけです。そして海外のマスコミはそのことをほとんど気にしていません。それどころか、「ドライバーが折れても動揺せずにバーディを奪った」、「ドライバー無しでプレーオフに勝った」という「メンタルの強さ」を素晴らしいと絶賛していました。イアン・ポールターにツイッターで罵られたグリーン上の件も、「彼はその後、ちゃんと謝罪している」として、米メディアはほとんど気にかけていません。マキロイがクラブを池に投げ入れても、ボールの飛んだ距離とクラブを投げた距離を比較して、ジョークにするくらいなので、当然のことかもしれません。

    アメリカでは若い選手の才能を大切にしようとする傾向が強くあります。昨年、メジャーリーグで新人王にもなった選手が、打席の後バットを三塁に向かって放り投げたのですが、その後、監督がその選手を交代させました。ところが「その行いを注意することは必要だけれど、このように交代させるのは彼の才能を潰してしまうことになるのでは」と監督の交代という判断に疑問を投げかけるマスコミの声もありました。彼らは若い才能のある選手が一度の失敗や過ちで烙印をおされてしまい、才能を開花させることができなくなることは、ファンにとっても、野球という競技にとっても良くないことだと考えているから、そのような声を上げたのだと思います。ちなみにその選手は今年さらに大ブレイクしそうな兆しを見せています。

    若い選手が一度犯したミステイクをいつまでも責め続けることはフェアではないと思いますし、マスコミや多くの人がいる中でしっかりと謝罪までして反省しているなら、それ以上のことが必要なのか疑問です。
    自分が22歳から23歳の時にやっていたことを考えれば、口が裂けても彼らの一度のミスや失敗を批判できません(笑)。特に反省しているなら、絶対にできません。彼らのほうが私よりも何倍もしっかりしていて、努力もしていると思いますし。

    あとは、松山英樹にしても、石川遼にしても、世界で勝つために、世界でNo.1になるために、世界で勝負することを選んだわけですから、世界で評価されたらいいのではないかという気もします。どちらにしても、最終的に残した数字と結果がすべてを物語るのがプロなので、頑張って実績を積み重ねてもらいたいです。

  10. どみ より:

    はじめまして。
    最近になってこのブログ?を知り、興味深く読ませていただいています。

    石川プロの今回の扱いについて違和感を覚えている方が多いということについて。
    その違和感に違和感を覚えて投稿させていただきます。

    確かに「完全復活」やら「優勝見えた!」やらは、早すぎますよね(笑)。今季の実績から見てもそれは明らか。
    golfさんのおっしゃる通り、これからの数戦の結果で判断しなければならないと思います。

    でも、今回の報道は、言うほど騒がれてるってわけでもないと思うのですが。だって、少なくとも最終日14番Hまでは優勝争いまっただ中にいたわけだし、結果として松山プロより上の8位タイ。日本の報道からしてみたら、当然注目すべきことだったはず。
    その結果から、「松山大活躍!17位タイ!」「メモリアル連覇見えた!」って騒いで、隅っこに1行だけ「石川は8位タイで終えた」って写真もなく書かれたら、それは逆に変じゃないですか?
    2名しか出ていない日本人。成績が低迷しているとはいえ、絶大な人気を誇る石川プロ。褒め称えて当然なのかな、と。

    だから、過大評価じゃなくって、「期待」の現れなんですよ。
    石川プロが活躍すれば、松山プロとの相乗効果で大盛り上がりですもの。

    でも、その期待が過度なんじゃないかって、みなさん、違和感をお持ちなんですよね。

    今回優勝した、そこまで世界ランク13位のファウラー。戦前、不名誉な肩書がついていたようですね。
    選手が選ぶ「最も過大評価されているプレイヤー」で、堂々の1位(同率I.ポールター)。24%だったかな。
    同じプロの選手たちの4人に1人が、「アイツは人気があるだけじゃん」「大した実績もないくせに騒がれ過ぎ」って思っている。
    世界13位で、昨年、全てのメジャーでTOP5に入った男が、過大評価されていると。理由は「1勝しかしていないから」ということが一番大きかったようです。

    もちろん今回優勝して、この不名誉な肩書は払拭されたでしょう。本人、「ザマミロ」って思ってますよ絶対(笑)。

    この過大評価って、逆に期待度の現れですよね。プロや評論家から見た評価ではなく、ゴルフファンから見た期待度の。

    石川プロだって、少なくともポッと出ではなく、過去の実績を引っ提げて(日本での成績ですが)のPGA参戦なわけですから、決して実力が無いわけではない。
    ほんのちょっとのきっかけで、ドラスティックに変わるのがゴルフなんじゃないかなって、自分でやっているのも併せて実感してます。そのきっかけって、例えばティーショットであったりパッティングであったり、コースマネジメントであったり。
    今回からかわからないですけど、石川プロ、パターの立ち方を変えたようです。左足をちょっと引いたオープンスタイル。試行錯誤が垣間見えました。そういうのも、きっかけですよね。

    ファウラーの最終日16番セカンドショット。5W?でベタピンイーグル。あのすぐ右が池のピン位置でウッドでドローでピン狙っちゃう。あぁ、もう、3打差ひっくり返しにいってるよと。
    そりゃ、人気出ますよ(笑)
    もし後ろの組みの石川プロが2打目あの位置からなら、絶対狙うんだろうなって見てて思いました。

    そういう期待度が一番高いのが石川プロなんじゃないでしょうか?まぁ松山プロと2人しかしないから、松山プロと比較してってことになっちゃいますけどね。

    松山プロは単純に、純粋に強い。日本人最強。怪物。
    石川プロは期待を持たせる、ワクワクさせる何かを持ってる。

    そういう視点で二人を観てると、面白いです。そして多分、メディアもそういう目で見ているのではないのかなって思います。

    長文乱文、失礼しました。

  11. golf より:

    どみさん、コメントありがとうございます。
    応援している選手の扱いがマスコミ報道で小さいとがっかりして、大きいと嬉しくなるのがファン心理なので、公平か、公平でないかを客観的に判断するのは難しいところがあるとは思います。
    このブログでは敢えて、松山英樹と石川遼の2人のスタッツなどを横並びに、直接的に比較しないようにしています。そのためトーナメント全体の結果とランキングなどの情報以外は投稿も分けていることがほとんどです。話のネタとして2人を比較するのは面白いかもしれませんが、現時点で彼らのすべてを評価し、判断できないと考えているからです。長いプロキャリアの中で成績のデコボコはあるもので、キャリア全体の結果が自然にすべてを物語っていくのではないかと思っています。そのためせっかくコメントしていただいて大変申し訳無いのですが、その部分については削除させていだたきました。すみません。
    2人の評価は20年、30年先に任せて、2人のプレーを楽しみたいと思っています。もうしわけありませんが、この件についてはこれで最後とさせてください。

  12. KENT より:

    お世話になります。
    素晴らしいコメントをありがとうございました。
    私としては、松山と石川を客観的に正しく判断して、ブログ投稿をされているgolfさんに大きな拍手を送りたいと思います。
    ゴルフ仲間には、このブログを見ておくように勧めています。冷静に客観的判断をされているようにも感じますが、やはり人間ですから、そこには主観がチラホラとこぼれていくものです。
    私は松山ファンでもありますが、多くの方がそうだと思いますがgolfさんファンも増殖していくと感じます。

  13. どみ より:

    golf様

    大変よくわかりました。
    ありがとうございます。

このページの先頭へ