松山英樹が各メディアのパワーランキング1-2番手に!SBSトーナメント・オブ・チャンピオンズの優勝予想

power-rannkings-sbs-toc

松山英樹が2017年のPGAツアー初戦となるSBSトーナメント・オブ・チャンピオンズに2年ぶりに出場します。

2016年の終盤に5戦4勝、2位1回という圧倒的な成績をおさめ、さらに2015年初出場時に1打差の3位タイとなるなど好成績が残っているカパルアのため各メディアで優勝候補の筆頭格として名前があがっています。

スポンサードリンク

PGAツアー公式サイト(PGATOUR.com)

PGAツアー公式サイト(PGATOUR.com)のロブ・ボルトン氏による優勝予想、パワーランキングは以下のとおりとなっています。

  1. ジョーダン・スピース
  2. 松山 英樹
  3. ダスティン・ジョンソン
  4. パトリック・リード
  5. ジェイソン・デイ
  6. ババ・ワトソン
  7. ブラント・スネデカー
  8. ジャスティン・トーマス
  9. ジミー・ウォーカー
  10. ラッセル・ノックス
  11. ダニエル・バーガー
  12. ライアン・ムーア
  13. ジェイソン・ダフナー
  14. パット・ペレス
  15. ブランデン・グレース

ロブ・ボルトン氏は松山英樹を優勝候補1番手にあげています。

コメントの原文と翻訳は以下のとおりとなっています。

With four wins, a second and a T6 in his last six events, the FedExCup points leader is the world’s hottest golfer. Also has a T3 in his only prior visit to Kapalua in 2015.

『出場6戦で4勝、2位1回、6位タイという成績の、フェデックスカップ(FedExCup)ポイントのリーダーは世界で最もホットなゴルファーだ。また2015年にカパルアでプレーした際には3位タイとなっている。』

6位タイという成績はワールドカップ・オブ・ゴルフの成績を含めているのですが、団体戦のため参考程度のものとなります。

個人で出場した直近6戦の成績は以下のとおりとなっています。

  • ツアーチャンピオンシップ(PGA)5位
  • 日本オープン(JGTO)優勝
  • CIMBクラシック(PGA)2位
  • WGC-HSBCチャンピオンズ(WGC)優勝
  • 三井住友VISA太平洋マスターズ(JGTO)優勝
  • ヒーローワールドチャレンジ(世界ランク対象)優勝

年間のトップ30しか出場できないツアーチャンピオンシップ、世界ランク上位を中心とした選ばれた選手のみが出場できるWGC-HSBCチャンピオンズ、世界ランク上位のみがタイガー・ウッズから招待されるヒーローワールドチャレンジというエリートフィールドを含みながら、トップ5を外していません。

松山英樹は現在3連勝中のため、トーナメント・オブ・チャンピオンズでは4連勝を目指すことになります。

米ゴルフチャンネル電子版(GOLF CHANNEL)

米ゴルフチャンネル電子版(GOLF CHANNEL)のウィル・グレイ氏によるパワーランキングは以下のとおりとなっています。

  1. 松山 英樹
  2. ジョーダン・スピース
  3. ダスティン・ジョンソン
  4. パトリック・リード
  5. ジェイソン・デイ
  6. ジャスティン・トーマス
  7. トニー・フィナウ
  8. ブラント・スネデカー
  9. ブランデン・グレース
  10. ババ・ワトソン

ウィル・グレイは松山英樹を優勝候補1番手にあげています。

コメントの原文と翻訳は以下のとおりとなっています。

There’s no better place to start than with the hottest player for the final months of 2016. Matsuyama has won four of his last five worldwide starts, including an easy victory at the limited-field Hero World Challenge last month in the Bahamas.

「2016年終盤における最もホットなプレイヤーにとってスタートを切るには最高の場所だ。松山英樹は先月にバハマで開催された少人数のフィールドであるヒーローワールドチャレンジでの楽勝を含め、出場した世界での5戦で4勝をあげている。」

松山英樹の優勝は日本オープンが3打差、WGC-HSBCチャンピオンズが7打差、三井住友VISA太平洋マスターズが7打差、ヒーローワールドチャレンジは最終的に2打差に縮められたものの、フロントナインを終えた時点では6打差をつけるなど追いつかれることはありませんでした。

ただ、勝っているだけにとどまらずトッププレイヤーが揃うエリートフィールドを制圧しての優勝が含まれる4勝でした。

トッププレイヤーの揃うエリートフィールドでも、自分のゴルフができればいつでも優勝できるレベルに達し始めていますので、年明けからの松山英樹のプレーが注目されます。

スポンサードリンク

よく読まれています

2 Responses to “松山英樹が各メディアのパワーランキング1-2番手に!SBSトーナメント・オブ・チャンピオンズの優勝予想”

  1. Ken より:

    golfさん、そして松山英樹選手応援団の皆様、明けましておめでとうございます。
    併せて、golfさんにはお約束どおりコメント欄を再開していただき嬉しい限りです。
    待ちに待ったSBSトーナメント・オブ・チャンピオンズの開幕が間もなくですが、パワー・ランキングは図らずも私の予想どおりとなっています。
    一皮も二皮も剥けた松山選手の活躍が大いに期待されますが、今年もできるだけ熱くならないように冷静に応援したいと思います。

    ちなみに、元日にフジテレビ系で放送された“The世界力 渡辺謙×錦織圭×松山英樹”は、良く編集されていたと個人的に思いました。

    golfさん、応援団の皆様、本年もよろしくお願いします。

  2. golf より:

    Kenさん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
    The世界力はいつものドキュメンタリーとはまた切り口は違っていて興味深い内容でした。欲を言えば、もう少し放送時間を長くして、更に掘り下げてくれると良かったかなとも感じました。NHKBSとゴルフネットワークの2つのドキュメンタリーと合わせてみると、より彼の考え方や成長の跡が確認できるように感じています。本当に今年のメジャーが楽しみです。
    こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

コメントを残す

このページの先頭へ