松山英樹は単独2位で71万2000ドルと300ポイント獲得!SBSトーナメント・オブ・チャンピオンズ2017の最終結果と最新ランキング情報

tournament-of-champions_catch

SBSトーナメント・オブ・チャンピオンズ2017をジャスティン・トーマスが制し、賞金122ドル(約1億4300万円)とフェデックスカップ(FedExCup)ポイントを500ポイント獲得しました。

2位には松山英樹が単独で入り賞金71万2000ドル(約8350万円)と300ポイントを獲得しています。

またこのトーナメント・オブ・チャンピオンズは世界ランクの優勝ポイントが50ポイントのため、単独2位の松山英樹は30ポイントを獲得しています。

続いて、SBSトーナメント・オブ・チャンピオンズ2017の最終リーダーボードと獲得した賞金、フェデックスカップ(FedExCup)ランキングの情報です。

SBSトーナメント・オブ・チャンピオンズ2017の結果とランキングに関する情報の一覧

スポンサードリンク

SBSトーナメント・オブ・チャンピオンズ2017の結果とフェデックスカップ(FedExCup)ランキング・賞金ランキングに関する情報の目次です。

1. SBSトーナメント・オブ・チャンピオンズ2017の最終結果と獲得賞金とポイント

SBSトーナメント・オブ・チャンピオンズ2017の上位選手の最終結果と獲得賞金とポイントの一覧は以下のとおりとなっています。

R Player SC Prize Pts
1 ジャスティン・トーマス -22 $1,220,000 500
2 松山 英樹 -19 $712,000 300
T3 ライアン・ムーア -16 $359,000 145
T3 パット・ペレス -16 $359,000 145
T3 ジョーダン・スピース -16 $359,000 145
T6 ダスティン・ジョンソン -15 $210,000 92
T6 パトリック・リード -15 $210,000 92
T6 ブレンダン・スティール -15 $210,000 92
T9 トニー・フィナウ -14 $172,333 75
T9 ウィリアム・マクガート -14 $172,333 75
T9 ジミー・ウォーカー -14 $172,333 75
T12 ジェイソン・デイ -13 $147,000 63
T12 ジム・ハーマン -13 $147,000 63
T14 ダニエル・バーガー -12 $122,000 55
T14 コディ・グリッブル -12 $122,000 55
T14 ブラント・スネデカー -12 $122,000 55
T17 チャーリー・ホフマン -11 $98,333 49
T17 ラッセル・ノックス -11 $98,333 49
T17 ロッド・パンプリング -11 $98,333 49
20 ファビアン・ゴメス -10 $88,000 45
21 ジェイソン・ダフナー -9 $84,000 43
T22 ジェームズ・ハーン -8 $78,500 40
T22 ブライアン・スチュアード -8 $78,500 40
24 ボーン・テーラー -7 $74,000 37
T25 アーロン・バデリー -6 $70,000 34
T25 マッケンジー・ヒューズ -6 $70,000 34
T25 ババ・ワトソン -6 $70,000 34
28 グレッグ・チャーマーズ -5 $66,000 31
29 ビリー・ハーリー3世 -1 $64,000 30
T30 キム・シウ E $62,500 27
T30 ジョナサン・ベガス E $62,500 27
32 ブランデン・グレース 1 $61,000 25

2. 2015-16シーズンのフェデックスカップ(FedExCup)最新ランキングの上位30名

松山英樹はフェデックスカップ(FedExCup)ポイントを300ポイントを加えて、優勝したジャスティン・トーマスに36ポイント差に縮められたもののランキング1位の座をキープしています。

またフェデックスカップ(FedExCup)のプレーオフもすでに第3戦までの出場が確定し、上位30名だけが進出できる最終戦のツアーチャンピオンシップ進出までは残り350-400ポイント近くに接近しました。

早ければ今月中にツアーチャンピオンシップ進出が決まってもおかしくない状況となっています。

SBSトーナメント・オブ・チャンピオンズ2017終了時点のフェデックスカップ(FedExCup)ランキングのトップ30以下のとおりとなっています。


最新:最新の順位/前週:前週の順位
今週:今週の獲得Point/通算:今シーズンの総Point
CUT:予選落ち

最新 前週 選手名 今週 通算
1 1 松山 英樹 300 1150
2 2 ジャスティン・トーマス 500 1114
3 3 パット・ペレス 145 751
4 5 ブレンダン・スティール 92 648
5 4 マッケンジー・ヒューズ 34 616
6 6 ロッド・パンプリング 49 556
7 7 コディ・グリッブル 55 481
8 9 ラッセル・ノックス 49 382
9 8 スコット・ピアシー DNP 351
10 10 ルーク・リスト DNP 329
11 17 ダニエル・バーガー 55 320
12 11 ブルックス・ケプカ DNP 316
13 12 ゲーリー・ウッドランド DNP 316
14 13 パットン・キザー DNP 300
15 14 クリス・カーク DNP 281
16 41 ライアン・ムーア 145 279
17 15 キーガン・ブラッドリー DNP 270
18 16 ルーカス・グローバー DNP 266
19 18 ヘンリック・ステンソン DNP 258
20 19 アニルバン・ラヒリ DNP 241
21 20 ポール・ケーシー DNP 240
22 21 デレック・ファザウアー DNP 232
23 22 カミロ・ビジェガス DNP 230
24 23 ビル・ハース DNP 224
25 24 エミリアーノ・グリーロ DNP 219
26 25 フランチェスコ・モリナリ DNP 211
27 26 チャールズ・ハウエル3世 DNP 199
28 27 ビリー・ホーシェル DNP 196
29 28 チェズ・リアビ DNP 193
30 29 ブレイン・バーバー DNP 191
79 67 岩田寛 DNP 76
87 75 石川遼 DNP 70

3. 2015-16シーズンの賞金ランキングの上位30名と獲得した賞金額の一覧

優勝したジャスティン・トーマスに差を縮められたものの、松山英樹の今季の獲得賞金は早くも300万ドルを突破して308万8000ドル(約3億6220万円)となっています。

PGAツアー3試合の出場で3億6000万円を稼いでいることになり、1試合平均で1億2000万円を稼ぐ驚異的なペースとなっています。

SBSトーナメント・オブ・チャンピオンズ2017終了時点の2015-16シーズンの賞金ランキングのトップ30は以下のとおりとなっています。


最新:最新の順位/前週:前週の順位
通算:今シーズンの総獲得賞金

最新 前週 選手名 通算
1 1 松山 英樹 $3,088,000
2 3 ジャスティン・トーマス $2,722,167
3 2 パット・ペレス $1,861,685
4 6 ブレンダン・スティール $1,383,038
5 4 マッケンジー・ヒューズ $1,315,738
6 5 ロッド・パンプリング $1,299,847
7 7 コディ・グリッブル $1,152,195
8 10 ダニエル・バーガー $925,576
9 11 ラッセル・ノックス $894,334
10 8 スコット・ピアシー $830,664
11 9 ゲーリー・ウッドランド $826,751
12 12 ヘンリック・ステンソン $787,000
13 13 ブルックス・ケプカ $774,800
14 14 ルーク・リスト $765,190
15 15 クリス・カーク $707,957
16 16 パットン・キザー $648,000
17 48 ライアン・ムーア $633,507
18 17 ルーカス・グローバー $627,933
19 18 キーガン・ブラッドリー $616,167
20 19 アニルバン・ラヒリ $551,300
21 20 ビル・ハース $546,750
22 21 デレック・ファザウアー $533,086
23 22 フランチェスコ・モリナリ $508,133
24 23 ポール・ケーシー $494,800
25 24 カミロ・ビジェガス $473,890
26 25 エミリアーノ・グリーロ $465,334
27 26 チャールズ・ハウエル3世 $438,757
28 27 チェズ・リアビ $422,534
29 28 ビリー・ホーシェル $419,100
30 29 ブレイン・バーバー $409,514
77 68 岩田寛 $179,133
80 69 石川遼 $166,884

4. 最新の世界ランキングの上位30名の一覧

松山英樹は世界ランクポイントを30ポイント獲得したものの、世界ランク5位のジョーダン・スピースも15.67ポイントを獲得したたため、差は縮まったものの世界ランク6位のままとなります。

なお、松山英樹の直近7戦の世界ランク獲得ポイントと成績は以下のとおりとなっています。

  1. ツアーチャンピオンシップ:5位(13.92 pts)
  2. 日本オープン:優勝(32.00 pts)
  3. CIMBクラシック:単独2位(30.00 pts)
  4. WGC-HSBCチャンピオンズ:優勝(70.00 pts)
  5. 三井住友VISA太平洋マスターズ:優勝(23.00 pts)
  6. ヒーローワールドチャレンジ:優勝(46.00 pts)
  7. SBSトーナメント・オブ・チャンピオンズ:単独2位(30.00 pts)

合計244.92ポイントを獲得しているのですが、日本ツアーの優勝(16ポイント)で換算すると15勝分のポイントを稼いだことになります。

松山英樹が世界ランク5位のジョーダン・スピースに肉薄。優勝を逃したのは残念ですが、ポイントは前週までの0.5553ポイント差から0.0168ポイント差になりました。ソニーオープン・イン・ハワイで世界ランク5位に浮上するハードルがかなり下がっています。

SBSトーナメント・オブ・チャンピオンズ2017終了時点の2015-16シーズンの最新世界ランキングのトップ30は以下のとおりとなっています。


最新:最新の順位/前週:前週の順位
通算:今シーズンの総獲得賞金

最新 前週 選手名 Points
1 1 ジェイソン・デイ 10.5667
2 2 ローリー・マキロイ 9.6428
3 3 ダスティン・ジョンソン 9.3581
4 4 ヘンリック・ステンソン 8.5561
5 5 ジョーダン・スピース 8.0009
6 6 松山 英樹 7.9841
7 7 アダム・スコット 6.4437
8 8 パトリック・リード 5.4869
9 9 アレックス・ノレン 5.2966
10 10 ババ・ワトソン 5.0241
11 11 ダニー・ウィレット 4.9970
12 22 ジャスティン・トーマス 4.8812
13 12 リッキー・ファウラー 4.8603
14 13 セルヒオ・ガルシア 4.6506
15 14 ポール・ケーシー 4.6179
16 15 ジャスティン・ローズ 4.3347
17 16 ブルックス・ケプカ 4.2594
18 17 ブランデン・グレース 4.2446
19 18 ラッセル・ノックス 4.1672
20 21 ジミー・ウォーカー 4.0323
21 20 マット・クーチャー 4.0315
22 19 フィル・ミケルソン 4.0238
23 24 ティレル・ハットン 3.6342
24 23 チャール・シュワルツェル 3.6169
25 25 エミリアーノ・グリーロ 3.5566
26 26 ルイ・ウーストハイゼン 3.5211
27 28 ブラント・スネデカー 3.4869
28 27 ラファエル・カブレラ・ベロ 3.4486
29 30 マシュー・フィッツパトリック 3.3371
30 29 J.B.ホームズ 3.3105
34 33 池田 勇太 3.1424
55 55 谷原秀人 2.3276
96 96 小平 智 1.4909
97 95 石川 遼 1.4841
98 97 片山晋呉 1.4776
106 104 片岡大育 1.3765
138 138 藤本佳則 1.1525
149 149 宮里 優作 1.1087
185 185 今平周吾 0.9379
198 197 小田孔明 0.8784

スポンサードリンク

よく読まれています

6 Responses to “松山英樹は単独2位で71万2000ドルと300ポイント獲得!SBSトーナメント・オブ・チャンピオンズ2017の最終結果と最新ランキング情報”

  1. ゆり より:

    お疲れ様です。
    逆転チャンスがありましたが・・残念です(´;ω;`)
    ト-マス選手・・此れからも良きライバル要注意ですねぇ・・
    どことなく、スピ-ス選手に似たような・・
    3試合の賞金額も凄いなぁ~!
    それに伴って、ポイント獲得も15勝分に・・
    次戦「ソニ-オ-プン」も気負う事なくひょうひょう
    と遣って行って欲しいですねぇ・・

    岩田選手も今年初参加・・早いうちのシ-ド獲得の為
    何としても頑張って欲しいです。

  2. golf より:

    ゆりさん、お疲れ様でした。
    一旦は難しいかなと思った5打差から1打差に迫っただけに悔しさも残りますが、今の状態ではあれ以上は厳しかったのも否定できない現状だったかなと思います。調子が良くない中で、粘り強く頑張ってくれたと思います。普通にやれば結果が出るレベルなので、これまでの悪い成績のイメージを払拭するソニーオープン・イン・ハワイにしてもらいたいですね。
    岩田寛はAT&Tペブルビーチからになると思うので、出場するとしたら2月ですかね。頑張ってもらいたいです。

  3. ゆり より:

    有り難うございます。
    岩田選手「ソニ-オ-プンインハワイ」には出ないのですか?
    今年初戦は「AT&Tペブルビ-チ」からですか・・
    ショック(´;ω;`)

    *返信欄使わせていただきます・・ニュ-バ-ジョンで
    いい感じです*(笑)
    返信お気遣いない様に・・

  4. golf より:

    ゆりさん、コメントありがとうございます。
    自分で更新しておきながら忘れてました。ソニーオープン・イン・ハワイ出ます!!
    心配させてしまってすみません。

  5. ゆり より:

    おはようございます~!
    ( ´艸`)
    良かった・・ほっとしました。
    お疲れの様ですねぇ( ;∀;)
    休む間もなく2戦が始まりまた忙しくなります。
    風邪など召しません様に・・

  6. シマモン より:

    逸早いランキングのデータありがとうございます。
    今回も素晴らしいラウンドでした。準備不足などがあり100%ではなかったように見えましたが良く頑張ったと思いました。
    この2か月間24ラウンドは本当に素晴らしかったです。
    一打一打堂々として常に自身に厳しく、一喜一憂せず高見を追及している姿は我々ファンの誉れです。
    個人としては次のソニーOPでも活躍を期待したいですが、あまり無理しないで課題をこなしていって欲しいです。
    新聞での評価は少し上がったようですがTVのニュースでは相変わらずキチンと報道していないのは悔しいです。

コメントを残す

このページの先頭へ