松山英樹は42位タイで賞金6万6,500ドルと28ポイント獲得!WGC-ブリジストンインビテーショナル2016の最終結果と最新ランキング情報

WGC-ブリジストンインビテーショナル2016をダスティン・ジョンソンが制し、賞金162万ドル(約1億6600万円)とフェデックスカップ(FedExCup)ポイントを550ポイント獲得しました。

2位にはスコット・ピアシーが単独で入り賞金101万8000ドル(約1億400万円)と315ポイントを獲得しています。

3位タイにはジェイソン・デイ、ジョーダン・スピース、マット・クーチャー、ケビン・チャッペルの4人が入り、賞金44万9250ドル(約4600万円)と140ポイントを獲得しています。

2日目と3日目に苦しんだ松山英樹は最終的には42位タイとなり6万6500ドル(約680万円)とフェデックスカップ(FedExCup)ポイントを28ポイント獲得しています。

日本ツアーから出場した松村道央と塚田陽亮は、PGAツアーメンバーのため公式のフェデックスカップ(FedExCup)ポイントは獲得できません。

ですが、松村道央は49位タイで6万500ドル(約620万円)、塚田陽亮は57位で5万3,000ドル(約540万円)でそれぞれ賞金を獲得しています。

ちなみに同週に開催されたセガサミーカップゴルフトーナメントの優勝賞金は3000万円で、2人の5位タイが570万円となっています。

続いて、WGC-ブリジストンインビテーショナル2016の最終リーダーボードと獲得した賞金、フェデックスカップ(FedExCup)ランキングの情報です。

WGC-ブリジストンインビテーショナル2016の結果とランキングに関する情報の一覧

スポンサードリンク

WGC-ブリジストンインビテーショナル2016の結果とフェデックスカップ(FedExCup)ランキング・賞金ランキングに関する情報の目次です。

1. WGC-ブリジストンインビテーショナル2016の最終結果と獲得賞金とポイント

WGC-ブリジストンインビテーショナル2016の上位選手の最終結果と獲得賞金とポイントの一覧は以下のとおりとなっています。

R Player SC Prize Pts
1 ダスティン・ジョンソン -6 $1,620,000 550
2 スコット・ピアシー -5 $1,018,000 315
T3 マット・クーチャー -3 $449,250 140
T3 ジョーダン・スピース -3 $449,250 140
T3 ケビン・チャッペル -3 $449,250 140
T3 ジェイソン・デイ -3 $449,250 140
T7 ウィリアム・マクガート -2 $233,333 89
T7 チャール・シュワルツェル -2 $233,333 89
T7 デビッド・リングマース -2 $233,333 89
T10 ザック・ジョンソン E $167,750 71
T10 リッキー・ファウラー E $167,750 71
T10 アダム・スコット E $167,750 71
T10 ブランデン・グレース E $167,750 71
T14 ババ・ワトソン 1 $129,000 61
T14 エミリアーノ・グリージョ 1 $129,000 61
T16 ポール・ケーシー 2 $105,200 54
T16 マット・ジョーンズ 2 $105,200 54
T16 ケビン・キスナー 2 $105,200 54
T16 ジミー・ウォーカー 2 $105,200 54
T16 ブライアン・スチュアード 2 $105,200 54
T21 クリス・カーク 3 $91,000 48
T21 ジョージ・クッツェー 3 $91,000 0
T21 ルイ・ウーストハイゼン 3 $91,000 48
T21 ソン・ヨンハン 3 $91,000 0
T21 ブラント・スネデカー 3 $91,000 48
T21 カイル・サッパ 3 $91,000 0
T27 J.B.ホームズ 4 $80,667 42
T27 フィル・ミケルソン 4 $80,667 42
T27 ハリス・イングリッシュ 4 $80,667 42
T27 ジム・ハーマン 4 $80,667 42
T27 スマイリー・カウフマン 4 $80,667 42
T27 ケビン・ナ 4 $80,667 42
T33 アニルバン・ラヒリ 5 $76,000 37
T33 チャーリー・ホフマン 5 $76,000 37
T33 ジャスティン・トーマス 5 $76,000 37
T36 シェイン・ローリー 6 $73,500 35
T36 ビリー・ハーリー3世 6 $73,500 35
T38 ボーン・テーラー 7 $71,000 32
T38 ビル・ハース 7 $71,000 32
T38 マーカス・フレイザー 7 $71,000 0
41 ジェームズ・ハーン 8 $69,000 30
T42 松山 英樹 9 $66,500 28
T42 アンドリュー・ジョンストン 9 $66,500 0
T42 ソレン・ケルドセン 9 $66,500 0
T42 ジム・フューリック 9 $66,500 28
T46 ネイサン・ホルマン 10 $63,000 0
T46 ファビアン・ゴメス 10 $63,000 24
T46 ジャスティン・ローズ 10 $63,000 24
T49 松村道央 12 $60,500 0
T49 アン・ビョンフン 12 $60,500 0
51 ジェイソン・ダフナー 13 $59,000 20
52 パトリック・リード 14 $58,000 19
53 キラデク・アフィバーンラト 15 $57,000 0
54 ラッセル・ノックス 16 $56,000 17
55 マーク・リーシュマン 20 $55,000 16
56 ダニー・リー 21 $54,000 15
57 塚田陽亮 24 $53,000 0
58 スティーブン・ボウディッチ 28 $52,000 13
ダニエル・バーガー WD $0 0
ブルックス・ケプカ WD $0 0
デービス・ラブ3世 WD $0 0

2. 2015-16シーズンのフェデックスカップ(FedExCup)最新ランキングの上位30名

WGC-ブリジストンインビテーショナル2016終了時点のフェデックスカップ(FedExCup)ランキングでは、松山英樹は28ポイントを加えて1179ポイントとし、先週までの16位をキープしています。

全体ではダスティン・ジョンソンが全米オープンに続いて連勝し、この2戦で一気に1150ポイントを積み上げて2411ポイントとし、3位タイで140ポイントを獲得し2307ポイントとしたジェイソン・デイを抜いて、フェデックスカップ(FedExCup)ランク1位に浮上しています。


最新:最新の順位/前週:前週の順位
今週:今週の獲得Point/通算:今シーズンの総Point
CUT:予選落ち

最新 前週 選手名 今週 通算
1 3 ダスティン・ジョンソン 550 2411
2 1 ジェイソン・デイ 140 2307
3 2 アダム・スコット 71 1984
4 4 ジョーダン・スピース 140 1865
5 5 ラッセル・ノックス 17 1418
6 10 ケビン・チャッペル 140 1406
7 6 ブラント・スネデカー 48 1399
8 7 パトリック・リード 19 1345
9 8 ジャスティン・トーマス 37 1330
10 9 ケビン・キスナー 54 1328
11 11 ケビン・ナ 42 1300
12 13 ウィリアム・マクガート 89 1272
13 21 マット・クーチャー 140 1204
14 12 セルヒオ・ガルシア DNP 1196
15 18 スマイリー・カウフマン 42 1181
16 16 松山 英樹 28 1179
17 15 ジェイソン・ダフナー 20 1175
18 19 フィル・ミケルソン 42 1168
19 14 ダニエル・バーガー 0 1157
20 20 ババ・ワトソン 61 1154
21 17 ブルックス・ケプカ 0 1143
22 41 スコット・ピアシー 315 1071
23 24 ブランデン・グレース 71 1059
24 25 チャール・シュワルツェル 89 1049
25 23 チャーリー・ホフマン 37 1045
26 22 グレアム・マクダウェル DNP 1042
27 26 リッキー・ファウラー 71 1031
28 27 ビル・ハース 32 989
29 28 ハリス・イングリッシュ 42 979
30 31 エミリアーノ・グリージョ 61 958
135 134 岩田 寛 0 318
206 206 石川 遼 DNP 55

3. 2015-16シーズンの賞金ランキングの上位30名と獲得した賞金額の一覧

WGC-ブリジストンインビテーショナル2016終了時点の2015-16シーズンの賞金ランキングでは、ダスティン・ジョンソンが162万ドルを加えて獲得賞金を659万1424ドルとし、44万9250ドルを加えて631万7860ドルとしたジェイソン・デイを上回り、こちらでもランク1位に浮上しています。

松山英樹は300万ドルに近づく292万6635ドルとしたものの、先週までの10位から12位に後退しています。

岩田寛はバラクーダチャンピオンシップで予選落ちし、128位から129位に後退しています。


最新:最新の順位/前週:前週の順位
通算:今シーズンの総獲得賞金

最新 前週 選手名 通算
1 2 ダスティン・ジョンソン $6,591,424
2 1 ジェイソン・デイ $6,317,860
3 3 アダム・スコット $4,974,085
4 4 ジョーダン・スピース $4,585,282
5 7 ケビン・チャッペル $3,450,617
6 5 ラッセル・ノックス $3,140,086
7 6 ジャスティン・トーマス $3,138,441
8 12 ウィリアム・マクガート $3,073,558
9 8 パトリック・リード $3,056,531
10 19 マット・クーチャー $3,003,715
11 9 ブラント・スネデカー $2,966,411
12 10 松山 英樹 $2,926,635
13 13 ババ・ワトソン $2,916,179
14 14 ケビン・キスナー $2,881,221
15 11 セルヒオ・ガルシア $2,844,568
16 15 ケビン・ナ $2,800,616
17 40 スコット・ピアシー $2,735,421
18 17 フィル・ミケルソン $2,710,280
19 16 ブルックス・ケプカ $2,651,041
20 18 ダニエル・バーガー $2,597,194
21 22 スマイリー・カウフマン $2,424,647
22 24 ブランデン・グレース $2,377,076
23 20 グレアム・マクダウェル $2,356,007
24 23 ジェイソン・ダフナー $2,347,152
25 21 ローリー・マキロイ $2,344,818
26 25 リッキー・ファウラー $2,290,864
27 28 チャール・シュワルツェル $2,235,519
28 26 チャーリー・ホフマン $2,109,521
29 27 ビル・ハース $2,080,445
30 32 エミリアーノ・グリージョ $2,001,419
129 128 岩田 寛 $604,571
212 212 石川 遼 $62,102

4. 最新の世界ランキングの上位30名の一覧

WGC-ブリジストンインビテーショナル2016終了時点の2015-16シーズンの最新世界ランキングはオルタネイト開催のバラクーダチャンピオンシップにも影響を受けるため、確定後更新する予定です。

なお、優勝したダスティン・ジョンソンが68ポイントを加えたものの、世界ランク1位のジェイソン・デイと2位のジョーダン・スピースがともに19.38ポイントを獲得しています。

その結果、以下のように最新の世界ランクとなっています。


最新:最新の順位/前週:前週の順位
通算:今シーズンの総獲得賞金

最新 前週 選手名 Points
1 1 ジェイソン・デイ 13.4760
2 3 ダスティン・ジョンソン 11.1544
3 2 ジョーダン・スピース 11.1524
4 4 ローリー・マキロイ 9.1409
5 6 ババ・ワトソン 7.2930
6 5 ヘンリック・ステンソン 7.1585
7 7 リッキー・ファウラー 6.6464
8 8 アダム・スコット 6.5383
9 9 ダニー・ウィレット 6.2536
10 12 ブランデン・グレース 5.4139
11 10 ジャスティン・ローズ 5.3670
12 11 セルヒオ・ガルシア 5.3029
13 13 パトリック・リード 4.9181
14 14 ルイ・ウーストハイゼン 4.6060
15 17 マット・クーチャー 4.3591
16 15 ブルックス・ケプカ 4.2762
17 16 松山 英樹 4.2759
18 19 ザック・ジョンソン 3.9446
19 18 ジム・フューリック 3.8998
20 21 J.B.ホームズ 3.8250
21 20 フィル・ミケルソン 3.8078
22 24 チャール・シュワルツェル 3.7993
23 22 ブラント・スネデカー 3.7444
24 23 クリス・ウッド 3.6434
25 43 スコット・ピアシー 3.5198
26 25 シェイン・ローリー 3.5071
27 26 ラッセル・ノックス 3.3953
28 31 ラファエル・カブレラ・ベロ 3.3791
29 29 ケビン・キスナー 3.3723
30 27 ポール・ケーシー 3.3573
84 103 谷原秀人 1.7636
91 89 池田 勇太 1.6377
103 95 片山晋呉 1.4613
128 125 宮里 優作 1.2239
136 143 藤本佳則 1.1898
162 156 近藤共弘 1.0384
167 200 今平周吾 1.0014
169 165 岩田 寛 0.9965
173 171 石川 遼 0.9818
179 176 小平 智 0.9520

スポンサードリンク

よく読まれています

One Response to “松山英樹は42位タイで賞金6万6,500ドルと28ポイント獲得!WGC-ブリジストンインビテーショナル2016の最終結果と最新ランキング情報”

  1. ゆり より:

    お疲れ様でした。
    見応えのある試合でした。
    トップ選手のすご技に目が点に(・_・)
    デイ選手残念( ;∀;)
    D・ジョンソン選手またまた
    *おめでとうございます*

コメントを残す

このページの先頭へ