松山英樹は35位Tで7万2500ドルと34ポイントを獲得!WGC-キャデラックチャンピオンシップ2016の最終結果と最新ランキング情報

WGC-キャデラックチャンピオンシップ2016をアダム・スコットが制し、賞金162万ドル(約1億8438万円)とフェデックスカップ(FedExCup)ポイントを550ポイント獲得しました。

アダム・スコットは先週のホンダクラシックに続く2週連続優勝で、PGAツアーの通算勝利数を13勝としています。

2位にはババ・ワトソンが単独で入り賞金101万8,000ドル(約1億1586万円)と315ポイントを獲得しています。

松山英樹は35位タイでフィニッシュし賞金7万2,500ドル(約825万円)とフェデックスカップ(FedExCup)ポイントを34ポイント獲得しています。

世界ランキングのポイントは2.85ポイントを上積みしたものの、世界ランク14位のダニー・ウィレットが3位タイで26.6ポイントを獲得したため、14位に後退する見込みです。

宮里優作は61位タイでフィニッシュ、賞金4万9,750ドル(約566万円)を獲得しています。なお、PGAツアーメンバーではありませんので、フェデックスカップ(FedExCup)の対象外となっています。

続いて、WGC-キャデラックチャンピオンシップ2016の最終リーダーボードと獲得した賞金、フェデックスカップ(FedExCup)ランキングの情報です。

WGC-キャデラックチャンピオンシップ2016の結果とランキングに関する情報の一覧

スポンサードリンク

WGC-キャデラックチャンピオンシップ2016の結果とフェデックスカップ(FedExCup)ランキング・賞金ランキングに関する情報の目次です。

1. WGC-キャデラックチャンピオンシップ2016の最終結果と獲得賞金とポイント

WGC-キャデラックチャンピオンシップ2016の上位選手の最終結果と獲得賞金とポイントの一覧は以下のとおりとなっています。

R Player SC Prize Pts
1 アダム・スコット -12 $1,620,000 550
2 ババ・ワトソン -11 $1,018,000 315
T3 ダニー・ウィレット -10 $483,000
T3 ローリー・マキロイ -10 $483,000 170
5 フィル・ミケルソン -9 $342,000 115
6 ジミー・ウォーカー -8 $280,000 105
7 ポール・ケーシー -6 $240,000 95
T8 リッキー・ファウラー -5 $197,500 86
T8 スマイリー・カウフマン -5 $197,500 86
10 ハリス・イングリッシュ -4 $165,000 78
T11 ジェイソン・ダフナー -3 $145,000 69
T11 セルヒオ・ガルシア -3 $145,000 69
T11 ラファエル・カブレラ・ベロ -3 $145,000
T14 ベルント・ウィスバーガー -2 $120,000
T14 ルイ・ウーストハイゼン -2 $120,000 59
T14 ダスティン・ジョンソン -2 $120,000 59
T17 ジャスティン・ローズ -1 $102,167 52
T17 ジョーダン・スピース -1 $102,167 52
T17 アンディ・サリバン -1 $102,167
T17 スコット・ピアシー -1 $102,167 52
T17 チャール・シュワルツェル -1 $102,167 52
T17 チャーリー・ホフマン -1 $102,167 52
T23 ブランデン・グレース E $91,000 47
T23 ブルックス・ケプカ E $91,000 47
T23 ジェイソン・デイ E $91,000 47
T23 ケビン・キスナー E $91,000 47
27 ラッセル・ノックス 1 $86,000 44
T28 ヘンリック・ステンソン 2 $79,429 40
T28 ソレン・ケルドセン 2 $79,429
T28 マット・クーチャー 2 $79,429 40
T28 ダニエル・バーガー 2 $79,429 40
T28 グレアム・マクダウェル 2 $79,429 40
T28 マーク・リーシュマン 2 $79,429 40
T28 アニルバン・ラヒリ 2 $79,429 40
T35 ジャスティン・トーマス 4 $72,500 34
T35 シェイン・ローリー 4 $72,500 34
T35 ケビン・ナ 4 $72,500 34
T35 マシュー・フィッツパトリック 4 $72,500
T35 松山 英樹 4 $72,500 34
T35 ジェイミー・ドナルドソン 4 $72,500 34
41 ビリー・ホーシェル 5 $69,000 30
T42 クリス・ウッド 6 $66,000
T42 カイル・サッパ 6 $66,000
T42 ロス・フィッシャー 6 $66,000
T42 マルティン・カイマー 6 $66,000
T42 ダニー・リー 6 $66,000 27
T47 エミリアーノ・グリージョ 7 $62,500 24
T47 ザック・ジョンソン 7 $62,500 24
T49 デビッド・リングマース 8 $60,000 21
T49 ビル・ハース 8 $60,000 21
T49 キラデク・アフィバーンラト 8 $60,000
T52 ビクター・デュビッソン 9 $56,500
T52 パトリック・リード 9 $56,500 18
T52 アン・ビョンフン 9 $56,500
T52 ロバート・ストレブ 9 $56,500 18
56 ネイサン・ホルマン 10 $54,000
57 ジョージ・クッツェー 11 $53,000
58 ファビアン・ゴメス 12 $52,000 13
59 J.B.ホームズ 13 $51,000 12
60 マーカス・フレイザー 14 $50,500
T61 ジョーダン・ズニック 15 $49,750
T61 宮里 優作 15 $49,750
63 スコット・ヘンド 22 $49,000
64 クリストファー・ブロバーグ 23 $48,500
65 スティーブン・ボウディッチ 37 $48,000 6

2. 2015-16シーズンのフェデックスカップ(FedExCup)最新ランキングの上位30名

2週連続優勝したアダム・スコットが550ポイントを加えて1608ポイントとし、2位のケビン・キスナーとの差を488ポイント差まで広げました。

単独2位となったババ・ワトソンは先週までの12位から5位に浮上しています。

松山英樹は34ポイントを加えて755ポイントとし、先週12位だったババ・ワトソンに抜かれたものの、同9位のファビアン・ゴメスを上回ったため、先週と変わらず11位となっています。

フェデックスカップ(FedExCup)プレーオフの第2戦進出ラインである630ポイントは既に突破し、第3戦の進出の安全圏内である880ポイントに、また一歩前進しています。

出場権がなかった岩田寛は95位から101位に、同じく出場権がなかった石川遼は178位から180位に後退しています。

WGC-キャデラックチャンピオンシップ2016終了時点のフェデックスカップ(FedExCup)ランキングのトップ30以下のとおりとなっています。


最新:最新の順位/前週:前週の順位
今週:今週の獲得Point/通算:今シーズンの総Point
CUT:予選落ち

最新 前週 選手名 今週 通算
1 3 アダム・スコット 550 1608
2 2 ケビン・キスナー 47 1120
3 1 ブラント・スネデカー 0 1083
4 4 ラッセル・ノックス 44 1004
5 12 ババ・ワトソン 315 971
6 5 ジャスティン・トーマス 34 959
7 8 スマイリー・カウフマン 86 912
8 6 ケビン・ナ 34 893
9 7 グレアム・マクダウェル 40 882
10 10 ジェイソン・ダフナー 69 796
11 11 松山 英樹 34 755
12 9 ファビアン・ゴメス 13 752
13 16 リッキー・ファウラー 86 687
14 14 ジョーダン・スピース 52 686
15 13 エミリアーノ・グリージョ 24 668
16 18 フィル・ミケルソン 115 657
17 15 ジェイソン・ボーン 605
18 17 パトリック・リード 18 579
19 19 ボーン・テーラー 526
20 21 デビッド・リングマース 21 505
21 20 K.J.チョイ 503
22 22 フレディ・ヤコブセン 483
23 23 ウィリアム・マクガート 483
24 30 セルヒオ・ガルシア 69 479
25 24 ピーター・マルナティ 473
26 36 ハリス・イングリッシュ 78 459
27 42 ジミー・ウォーカー 105 448
28 25 チャールズ・ハウエル3世 447
29 26 アレックス・チェイカ 447
30 35 ダスティン・ジョンソン 59 445
101 95 岩田 寛 203
180 178 石川 遼 55

3. 2015-16シーズンの賞金ランキングの上位30名と獲得した賞金額の一覧

なお、アダム・スコットは獲得賞金が早くも400万ドルを突破して、412万7218ドル(4億6976万円)に獲得賞金を伸ばし、賞金ランクトップを独走しています。

松山英樹は7万2,500ドル(約825万円)を加えて173万9993ドル(1億9805万円)と2億円直前まで獲得賞金を伸ばしたものの、ババ・ワトソンとスマイリー・カウフマンに抜かれ、先週の8位から10位に後退しています。

出場権のなかった岩田寛は65位から70位に、同じく出場権のなかった石川遼は175位から178位に後退しています。

WGC-キャデラックチャンピオンシップ2016終了時点の2015-16シーズンの賞金ランキングのトップ30は以下のとおりとなっています。


最新:最新の順位/前週:前週の順位
通算:今シーズンの総獲得賞金

        

最新 前週 選手名 通算
 1   1  アダム・スコット   $4,127,218 
 2   10  ババ・ワトソン   $2,583,300 
 3   2  ケビン・キスナー   $2,453,171 
 4   3  ブラント・スネデカー   $2,320,421 
 5   4  ラッセル・ノックス   $2,243,976 
 6   5  ジャスティン・トーマス   $2,176,677 
 7   6  ケビン・ナ   $1,918,957 
 8   7  グレアム・マクダウェル   $1,888,529 
 9   9  スマイリー・カウフマン   $1,836,708 
 10   8  松山 英樹   $1,739,993 
 11   19  フィル・ミケルソン   $1,575,940 
 12   13  ジェイソン・ダフナー   $1,568,188 
 13   12  ジョーダン・スピース   $1,528,717 
 14   14  リッキー・ファウラー   $1,519,307 
 15   11  ファビアン・ゴメス   $1,491,252 
 16   16  エミリアーノ・グリージョ   $1,354,483 
 17   17  パトリック・リード   $1,342,434 
 18   15  ボーン・テーラー   $1,301,359 
 19   18  ジェイソン・ボーン   $1,273,246 
 20   20  ピーター・マルナティ   $1,127,515 
 21   21  K.J.チョイ   $1,082,546 
 22   22  デビッド・リングマース   $1,065,878 
 23   23  フレディ・ヤコブセン    $1,001,503 
 24   24  ウィリアム・マクガート   $976,154 
 25   26  ダスティン・ジョンソン   $972,666 
 26   29  セルヒオ・ガルシア   $971,567 
 27   39  ジミー・ウォーカー   $968,996 
 28   25  ジェイソン・コクラック   $890,892 
 29   27  チャールズ・ハウエル3世   $842,292 
 30   32  J.B.ホームズ   $837,985 
 70   65  岩田 寛   $459,125 
178 175 石川 遼 $62,102

4. 最新の世界ランキングの上位30名の一覧

アダム・スコットは優勝により76ポイントを獲得して、世界ランク9位から6位に浮上しました。

松山英樹は3位タイとなったダニー・ウィレットに抜かれて世界ランク14位に後退しています。

WGC-キャデラックチャンピオンシップ2016終了時点の2015-16シーズンの最新世界ランキングのトップ30は情報が確認でき次第、更新する予定です。


最新:最新の順位/前週:前週の順位
通算:今シーズンの総獲得賞金

最新 前週 選手名 Points
1 1 ジョーダン・スピース 11.3548
2 3 ローリー・マキロイ 9.8697
3 2 ジェイソン・デイ 9.6366
4 4 ババ・ワトソン 9.0161
5 5 リッキー・ファウラー 8.1837
6 9 アダム・スコット 7.4813
7 6 ヘンリック・ステンソン 7.1860
8 7 ジャスティン・ローズ 6.2214
9 8 ダスティン・ジョンソン 5.9947
10 10 パトリック・リード 4.8997
11 15 ダニー・ウィレット 4.7237
12 11 ブランデン・グレース 4.7024
13 12 セルヒオ・ガルシア 4.6769
14 13 松山 英樹 4.5265
15 14 ジム・フューリック 4.3682
16 16 ブラント・スネデカー 4.1062
17 21 フィル・ミケルソン 4.0226
18 19 ルイ・ウーストハイゼン 4.0037
19 18 ブルックス・ケプカ 4.0014
20 17 ザック・ジョンソン 3.9890
21 20 ケビン・キスナー 3.9186
22 24 ジミー・ウォーカー 3.4763
23 22 J.B.ホームズ 3.4254
24 23 シェイン・ローリー 3.2775
25 30 ポール・ケーシー 3.2760
26 25 ケビン・ナ 3.2226
27 27 アン・ビョンフン 3.1907
28 28 マット・クーチャー 3.1839
29 26 マーク・リーシュマン 3.1702
30 29 アンディ・サリバン 3.1380
72 70 片山晋呉 1.9488
91 91 池田 勇太 1.5662
100 98 岩田 寛 1.4738
101 101 宮里 優作 1.4575
115 113 藤本佳則 1.3986
126 126 石川 遼 1.2936
129 129 谷原秀人 1.2677
138 138 小平 智 1.1954
146 146 小田孔明 1.1357
153 153 武藤俊憲 1.0790
177 176 近藤共弘 0.9820

スポンサードリンク

よく読まれています

5 Responses to “松山英樹は35位Tで7万2500ドルと34ポイントを獲得!WGC-キャデラックチャンピオンシップ2016の最終結果と最新ランキング情報”

  1. ゆり より:

    お疲れ様でした。
    再発せず四日間を無事に終えた事は何よりでした。
    次戦(ア-ノルドパ-マ&マスタ-ズ)に向けての
    体調の様子見・・と思って見てました。
    初めての(ウォ-タ-ショット)も魅せて頂き・・
    手応えもあった事でしょうねぇ・・
    一週休息・次戦に向け体調整えて・
    少しずつ練習もこなして欲しいですねぇ。
    怪我の無い、此れから先、メジャー制覇に向けて
    歩んで行って欲しいと願ってます。

    A・スコット選手2週連続優勝はさすがです。
    強いスコット選手に戻って来ましたねぇ。
    スコット選手おめでとうございます。

  2. golf より:

    ゆりさん、コメントありがとうございます。
    無事に4日間を終え、その後の様子や雰囲気からも問題がなさそうなので、ホッとしました。
    体が問題なければ、結果はついくるレベルにいますので、そこだけは木をつけてもらいたいです。
    これで自宅に移動して、トーナメントも自宅から移動で戦えるはずなので、準備がしやすいはずです。
    次の試合で優勝争いができるように準備していってもらいたいです。
    アダム・スコットは強かったですね。ダブルボギー2つから勝つとは思いませんでした。元世界ランク1位、マスターズ王者の底力を見ました。

  3. シマモン より:

    無事これ名馬なり! 
    アンダーパーを期待していましたが、いい結果でした。
    でも流石にバーデイーの数が多くすごいです。
    難しいコースはそれなりに設計者の罠にはまるわけですが、それをバーデイーで逆襲して行くのがプロと言えますね。 これからマスターズに向けどんなにボギーが出ても諦めずにひたすらバーデイーを取っていって欲しいですね。
    以前は1日の結果ばかり見て一喜一憂していましたが72ホールをどんなストーリーで仕上げるか、いかに具体的に4日間をイメージ出来るかが重要だなあと感じました。
    それにしてもアダムは凄いです。今年はこのくらいで勘弁して欲しいものです。
    (独り言ですが)、NHKの解説はいまいち面白くないですね。ゴルフネットワークの佐藤プロやタケ小山氏の方がより現場的であり、選手側に立った説明など聞いていて臨場感があり、いいですね。
    又、NHKは賞金の話を何故しないのですかね?
    勝手な物言いでした。
    シマモン

  4. golf より:

    シマモンさん、コメントありがとうございます。

    現在の状態を考えれば、良いとまでは言えませんが、しっかりとプレーしたと言えるではないでしょうか。
    アダムはパッティングが安定してきて、最大の武器であったショットへの負担が減り、結果としてショットのキレも増しています。
    松山英樹もパッティングが向上すれば、さらにショットも活きると思うので、頑張ってもらいたいです。
    中継の解説は好みが分かれますよね。
    私はNHK-BSの佐渡充高さん、田中秀道さんの解説が好きです。PGAツアーや世界のプレイヤーたちに関する情報、コースやゴルフの歴史など、その知識量は現役の解説者の中で右に出る人がいないように思います。
    またPGAツアーでシード権を守り続けた経験に基づいて解説できる人は丸山茂樹さんか田中秀道さんくらいなので、田中秀道さんの一つの一つの言葉が経験に裏打ちされていて、とても勉強になることが多いです。
    好みの問題ですが、私はNHKの解説陣好きですね。

  5. シマモン より:

    golf さんがNHK の解説陣をお好きなのは充分理解できますよ。
    以前は佐渡さんの解説に魅了されてBSゴルフを欠かさず見ていましたから。でも最近は松山選手watcher としては比較的斬新な解説が心地よい気がしています。
    まあ松山選手がどんどん上昇気流に乗って行けば解説なんか必要ないですね。貴局の企画やgolf さんからのふんだんな情報により我々ファンとして日々勉強出来て益々情報通になれるのは本当にありがたいです。
    例えばようやく世界ランキングの事が理解できるようになりました。プロ選手は如何に継続して或いは重賞トーナメントに参加し続けなければいけないのか良くわかりました。これからも宜しくお願いします。
    シマモン

コメントを残す

このページの先頭へ