松山英樹は全米プロゴルフ選手権はスティーブ・ストリッカーと同組

松山英樹はまたも世界のトッププレーヤーとメジャーでラウンド

全米プロゴルフ選手権がいよいよ開幕直前となってきました。8月8日開幕です。

その初日の松山英樹の組み合わせですが、Steve Stricker (スティーブ・ストリッカー)Jason Dufner (ジェイソン・ダフナー)と同組でのスタートなっています。

スティーブ・ストリッカーは現在、賞金ランキングは14位で242万ドル余りを稼いでいます。

そして世界ランキングも13位と紛れも無い世界のトッププレーヤーです。

こういう選手とまた一緒にプレーできることは松山にとって財産になるのではないかと思います。

スティーブ・ストリッカーは日本円で2億4千万相当を稼いでていますが、今シーズンはわずか9試合です。

3月には2つのトーナメントに参加していますが、基本的には一ヶ月に1試合のペースでしかトーナメントに出ていません。

それで2億円です。米ツアーは桁外れですね。

スポンサードリンク

賞金ランキング61位でも獲得賞金は1億円を超える

そしてもう一人の同組のジェイソン・ダフナーですが、賞金ランキングは61位で賞金は119万ドルです。

61位でも、1億円以上を稼いでいて、松山の日本ツアーの獲得賞金と同じくらい稼いでいます。

ブリヂストン招待で4位タイに入った賞金が大きく32万ドルです。

日本ツアーだと大きめの大会の優勝賞金くらいです。

競争も厳しいですが、手にするものも大きいのが米ツアーです。

松山英樹も全米プロゴルフ選手権で上位に入って、シード権を確保し、来シーズンはアメリカで頑張って欲しいですね。

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントを残す

このページの先頭へ