松山英樹がRBCカナディアン・オープンで3アンダー16位タイスタート

松山英樹が米シード権獲得に向けて、まずまずのスタート

松山英樹が全英オープンから全米プロゴルフ選手権までの海外遠征の第2戦RBCカナディアン・オープンの第1ラウンドを終えました。

5バーディー2ボギーの69で16位タイでのスタートとなりました。

何でしょうか、この安定感は。

トップは7アンダーと、まだ首位とは4打差です。

当たり前のように優勝争いに絡める位置につけてきました。

今週で優勝争いに加わり、上位につけてシード権を確保してしまって欲しいですね。

スポンサードリンク

今週でシード権を確実にする可能性もある松山英樹

目安としては単独5位以上あたりではないかと思います。

ブリヂストン招待は予選落ちがありませんので、最低でも4万ドルは稼げるようです。

もちろん上位にいけばもっと賞金を稼げます。

今の松山ならそれも可能でしょう。

松山自身はシード権の確保のために、あと20万ドルを4試合で稼ぎたいと明言しています。

もう、来年はアメリカにいくことを念頭に置いてくれているのが頼もしいです。

ようやく世界で勝てるレベルの選手が出てきた気がします。

一方の石川遼ですが、何とか後半に粘ってスコアを戻して、イーブンパーの69位タイにつけています。

予選のカットラインにもかかる位置ですから、二日目にはスコアを伸ばして欲しいところです。

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントを残す

このページの先頭へ