速報!2013全米プロゴルフ選手権の2日目の結果

松山英樹は第2ラウンドは2アンダーで28位タイに浮上

初日はパットが不調で、スコアメイクに苦しみ74位タイと予選落ちも心配されるような状態でした。

しかし、並の新人ではありません。

2日目に修正してきました。

前半の9ホールで4つのバーディーを奪い、一時は通算2アンダーとスコアを伸ばし、トップ10も見える位置まで順位をあげました。

しかし、メジャーは甘くありません。後半のノーバティー2ボギーで2つスコアを落として、2日目は2アンダーでホールアウトしました。

その結果、通算でイーブンパーとなり、28位タイで予選を通過しました。

初日が終わった時点で、「パットが修正出来ればアンダーパーでまわれる自信がある」という言葉通りの、素晴らしい修正と適応でした。

今日のようなプレーをすれば、メジャー3戦連続トップ10も夢ではありません。

スポンサードリンク

石川遼は2日目は絶えるゴルフで予選通過

初日は1アンダーの22位タイと好調なスタートを切った石川遼でした。

二日目は3バーディー4ボギーと1つスコアを落としたものの、通算イーブンパーで松山と同じ28位タイでの予選通過となりました。

日本ゴルフツアー選手権から、米ツアーに戻った後は、6戦中4戦が予選落ちで、1戦がMDFで最終日に進めないという散々な成績でしたが、ここで意地をみせてきました。

ただ、波が激しいのが、石川遼が安定した成績を残せていない要因となっていますので、初日、二日と良かったから大丈夫とは安心出来ませんので、決勝ラウンドも頑張って欲しいです。

藤田寛之はメジャー大会6戦連続予選落ち

藤田寛之は通算7オーバー、井戸木鴻樹は通算8オーバーでともに予選落ちとなりました。

初日は、4連続バーティで一時は2位におどりでた井戸木鴻樹でしたが、2日目は完全に崩れて予選落ちとなってしまいました。

できれば、4日間プレーして欲しかったので、残念です。

一方の藤田寛之は、昨日の1オーバーの50位タイの予選通過圏内から、今日は6オーバーと完全に崩れ、107位タイとなり、予選を通過出来ませんでした。

これで今年、藤田はメジャー4大会とも全部予選落ちとなり、昨年から6戦連続でメジャー予選落ちとなりました。

日本ツアーの賞金王の意地を見せて欲しかったですが、今年の藤田の調子ではすこし難しいのかもしれません。

次回以降に期待したいです。

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントを残す

このページの先頭へ