2013ウィンダム選手権初日:松山英樹と石川遼はともに78位タイ

石川遼はシード権確保には厳しいスタート

レギュラーツアーの最終戦となるウィンダム選手権が開幕し、初日が終わりました。

松山英樹と石川遼がともにウィンダム選手権に参加していますが、その初日はともにイーブンパーの78位タイと出遅れました。

来季シード権をほぼ確定させている松山英樹は予選通過をしておけばという状況ではありますが、石川遼は予選通過するだけでなく、5位以内に入るという高いハードルがあります。

それを考えると、痛い出遅れだと言えるのではないでしょうか。

石川遼のウィンダム選手権初日のホールバイホール

石川遼のウィンダム選手権初日のホールバイホール

18番をボギーとしてしまいイーブンパーとなりましたので、できれば1アンダーで2日目以降にのぞみたいところでした。

スポンサードリンク

松山英樹は一時は2アンダーに伸ばすものの・・・

初日は2番、4番とバーディでスコアを2アンダーとし、幸先良くスタートを切ったのですが、その後、ボギーを3つ叩いて、1オーバーとなり苦しい展開になってしまいました。

しかし、15番でバーディを奪い返し、イーブンパーに戻す当たりは、さすがということろでしょうか。

海外遠征が続いていますので、疲労も溜まってきていることも影響があるのかと思われます。

ただ初日は悪くても、それを材料にして修正できるのが松山の強みでもあります。

スコアを伸ばさないと予選落ちするような状況ですので、明日は最低でも2アンダー以上ではまわりたいところです。

松山英樹のウィンダム選手権初日のホールバイホール
松山英樹のウィンダム選手権初日のホールバイホール

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントを残す

このページの先頭へ