プレジデンツカップ2013の3日目に松山英樹がタイガーに挑む!!

プレジデンツカップ2013の3日目は5ペア同士のによるフォアボール・マッチ

プレジデンツカップ2013の3日目の午前中は5ペア同士のによるフォアボールによるマッチプレーということで、チームのうち2人を休ませることができます。

年齢や疲労、そして調子なども見ながら選手をピックする必要が、キャプテンの腕の見せ所とも言える一日です。

しかも、今回は金曜日の残りがずれ込みましたので、なおさらその重要度が増しました。

プレジデンツカップ2013の初日、2日目と世界選抜で唯一、2日連続でポイントをとったアダム・スコットと松山英樹のペアは、米国選抜のエースペアと言えるタイガー・ウッズとマット・クーチャーのペアに挑戦することとなりました。

スポンサードリンク

松山英樹がアダム・スコットと遜色ない活躍を見せる

松山英樹が、1番と3番とバーディーを奪い、この2ホールをとり2upと幸先良くリードしましたので、かなり期待をしました。

しかし、そんなに甘くはありません。4番と6番ホールでタイガーがバーディーを奪い、あっという間にイーブンに戻されてしまいます。

それでも10番では松山ただ一人がパーであがり、再び1アップとリードしますが、米国選抜の2人が、13番から3連続ホールを奪い、逆に2アップと離されてしまいます。

しかし、ここでも松山が意地を見せ16番でバーディーを奪い、再び1アップまで差を縮めました。

最後は力及ばす、タイガーとクーチャーのペアに破れはしたものの、今日の松山英樹はアダム・スコットと遜色ないか、それ以上のプレーを見せてくれました。

このプレーで多くのアメリカのゴルフファンも松山英樹という名を知ることになったのではないでしょうか。

アダム・スコットと松山英樹ペアの3日目フォアボールの結果

アダム・スコットと松山英樹ペアの3日目フォアボールの結果

本当に大舞台に強い松山英樹です。このメンバーでまわって、4つのバーディーを奪って4アップ分を稼いだのですから、ただただ唸るしかありません。本物です。

アメリカのエースペアといえるタイガー・ウッズのペアに対して、18番ホールまでもつれるところまで踏ん張ったのですから、大収穫ではないでしょうか。

あらためて日本にも世界で通用するプレーヤーが出てきたことを感じさせてくれる素晴らしいプレーでした。

プレジデンツカップ2013の3日目午前中のフォアボールの結果

プレジデンツカップ2013の3日目午前中のフォアボールの結果

ここで一気に米国選抜が4勝1敗とし、10.5-6.5と4ポイント差にリードを広げてきました。

最終日はシングルマッチが12ありますので、まだまだわかりませんが、3日目の午後のフォアサムで世界選抜は差を詰めておきたいところです。

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントを残す

このページの先頭へ