プレジデンツカップ2013の2日目フォアサムで松山が快勝!

プレジデンツカップ2013の3日目の土曜日はタフな一日に

プレジデンツカップ2013の2日目(金曜日)の残りが、土曜日の早朝から行われました。AM7:35のスタートということで、選手たちは5:00には宿舎を出る必要があったようです。

プレジデンツカップ2013はトッププレーヤーが集まって、ワイワイするようなお祭りではありません。真剣でかつタフな勝負が繰り広げられています。

金曜日のサスペンデッドの影響で、土曜日はタフな一日になってしまいました。元々、土曜日は午前中に5ペアによるフォアボール、午後は5ペアによるフォアサムとなっていて、それぞれ18ホールで戦いますので、選手によっては36ホールをまわる必要があるタフな一日でした。

そこに金曜日の残りがずれ込んだだめ、かなりタイトなスケジュールとなってしまいました。

スポンサードリンク

プレジデンツカップ2013の2日目フォアサムの最終結果

まずはその金曜日の残りの結果ですが、以下のとおりとなっています。
プレジデンツカップ2013の2日目フォアサムの最終結果

この2日目のフォアサムは、3勝3敗のタイで米国選抜と世界選抜ともに3ポイントを獲得し、トータルで6.5-5.5と、米国選抜の1ポイントリードという接戦となりました。

アダム・スコットと松山英樹ペアの2日目ホールバイホール

プレジデンツカップ2013のアダム・スコットと松山英樹ペアの2日目ホールバイホール

松山英樹はアダム・スコットとのコンビで、プレジデンツカップ初勝利となりました。

サスペンデットの時点で4アップで、土曜日の再開後すぐに5アップとし、余裕かと思われましたが、最後は追い込まれましたが、逃げ切って見事にポイントを獲得しました。

13番から3連続で奪われた時には、どうなるかと思いましたが、何とか踏みとどまっての、貴重な勝利となりました。

そして、この2日目の残りを終えると、すぐに3日目の午前中に行われる5ペアのフォアボールで、松山英樹は、アダム・スコットとのペアで、タイガー・ウッズとマット・クーチャーのペアに挑むこととなりました。

スポンサードリンク

よく読まれています

6 Responses to “プレジデンツカップ2013の2日目フォアサムで松山が快勝!”

コメントを残す

このページの先頭へ