松山英樹が7位タイに浮上!!CIMBクラシック2013第2日目の結果

CIMBクラシック2013の2日目に松山英樹が一気にトップ10圏内に

松山英樹がPGAツアー本格参戦2戦目となるCIMBクラシック2013の2日目を終えました。

初日に2アンダー16位タイとまずまずのスタートをきった松山英樹が2日目もスコアを伸ばしてきました。

4バーディー、ノーボギーの68でまわり、通算6アンダーの7位タイに松山英樹が浮上してきました。

ただ首位のKeegan Bradleyは松山をはるかに上回る好調さでこの66で通算13アンダーと2位以下に4ストローク差をつけ独走態勢です。

追いかける松山英樹は7ストローク差がついている状態ですので、明日3日目はこれ以上は離されたくないところです。

スポンサードリンク

松山英樹のCIMBクラシック2013のホールバイホール(2日目)

松山英樹のCIMBクラシック2013のホールバイホール(2日目)
*第2ラウンドの松山英樹はインスタートです。

2日目にバーディーの数は減りましたが、ノーボギーのおかげでスコアを伸ばすことが出来ました。2日間でのボギー数3つは12番目の少なさです。ただ首位のKeegan Bradleyは2日間でわずかにボギーが1個だけで、バーディーは14個も奪っていますので、追いかけるにはノーボギーでいかないと追いつけなさそうな展開です。

2日目は初日よりパーオン率やフェアウェイキープ率なども落ちていますが、PUTTS PER GIRの数値が向上しているようにパッティングでうまくカバーできました。

松山英樹のCIMBクラシック2013でのスタッツ(2日目)

松山英樹のCIMBクラシック2013でのスタッツ(2日目)

体調が万全ではないことが伺える松山英樹ですが、その状態でこのプレーとこのスコアです。病み上がりで、体調が回復していないことで、逆に底知れないそのポテンシャルとタフさを感じさせるCIMBクラシック2013での松山英樹です。

3日目はビックスコアを期待しています。

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントを残す

このページの先頭へ