松山英樹は国内ツアー2戦を残して、賞金で2億円超を稼いでいた!!

松山英樹はいったい2013年に賞金をどれだけ稼いでいるのか?

今シーズンプロに転向し、賞金ランキングの首位を走り続け、新人での賞金王目前となっている松山英樹です。

JGTOで発表されている獲得賞金は、国内ツアーで1億1,586万0,333円、海外ツアーで4,521万6,448円の合計1億6,107万6,781円となっています。

しかし、この賞金額には4大メジャーでの獲得賞金は含まれていますが、PGAツアーなどでの獲得賞金は含まれていません。

そこで、カシオワールドオープンとゴルフ日本シリーズJTカップを残している11月25日時点で、2013年に松山英樹は賞金でいくら稼いでいるのかを調べてみました。

スポンサードリンク

国内ツアーでは3勝をするなどして約1億1,586万円を稼ぐ

松山英樹の2013シーズンの国内ツアーでの、結果と獲得賞金は以下の表のとおりとなっています。
松山英樹の2013シーズンの国内ツアーでの結果と獲得賞金

12戦で3勝、トップ10が9回、予選落ちは1回だけという抜群の安定感を見せています。

国内ツアーでの、12戦で1億2000万円近くを稼いでいるのですから、素晴らしいというしかありません。

海外では106万ドルを稼いだ松山英樹

松山英樹の2013シーズンの4大メジャー、世界ゴルフ選手権、PGAツアーなどの、海外ツアーでの結果と獲得賞金は以下の表のとおりとなっています。

松山英樹の2013シーズンの海外ツアーでの結果と獲得賞金

海外4大メジャー、PGAツアー、ゴルフ世界選手権などの海外ツアーでの獲得賞金は106万5,074ドルで、11月25日のレート(1ドル101.68円)で日本円に換算すると1億829万6,724円となります。

海外でも10戦で1億円以上を稼いでいるわけですから、やはり今までの日本人ゴルファーとはスケールが違うと言わざるをえません。しかも、プロデビュー1年目です。

松山英樹は国内外ですでに賞金だけで2億円を稼いでいた!

この国内ツアーでの獲得賞金1億1,586万0,333円と、海外ツアーで獲得した賞金を日本円に換算した1億829万6,724円とを合計すると、2億2,415万7,057円となります。

学生で、日本では大学の寮で生活している松山英樹が、2013年の獲得賞金だけで、すでに2億2千万円以上を稼いでいることは、驚くしかありません。本当に図抜けた実力を持っている松山英樹す。

新人であること、大学生であること、21歳であることを忘れさせてしまう、松山英樹はやはり怪物というしかありません。

年内の国内ツアーの残り2戦も松山英樹から目が離せません!!

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントを残す

このページの先頭へ