松山英樹は「地球上で僅かな人間にしかないギアを持っている」米メディアが絶賛

松山英樹が中国・上海で開催されたWGC-HSBCチャンピオンズの7打差に続いて、アメリカ・オハイオ州アクロンで開催されてたWGC-ブリジストンインビテーショナルを5打差で制しました。

最終ラウンドのベストスコアであるだけにとどまらず、タイガー・ウッズらが保持しているコースレコードに並ぶ「61」を叩き出しての圧勝劇でした。

スポンサードリンク

アメリカ大手スポーツメディアが松山英樹の優勝を称賛

その松山英樹のプレーぶりに当然のことながら海外メディアからも称賛の声が上がっています。

現地のテレビ中継を担当していたのCBSだったのですが、その電子版であるCBSスポーツにおいて”WGC-Bridgestone Invitational: Hideki Matsuyama claims fifth win with superb 61″というタイトルの記事内で絶賛されています。

cbs-sports-on-hideki-matsuyama-170807_Catch

以下はその記事からの引用です。

Hideki Matsuyama’s Sunday round at the WGC-Bridgestone Invitational was a reminder that he has a gear few others on the planet possess. After a range session CBS Sports’ Dottie Pepper called “one of the worst” she’s ever seen, Matsuyama went out and burned down a leaderboard that included Thomas Pieters, Rory McIlroy, Zach Johnson and Rickie Fowler with a 9-under 61.

「WGC-ブリジストンインビテーショナルにおける松山英樹の日曜日のラウンドは、地球上において僅かな人間にしか備わっていない「ギア」を持っていることを伝えるリマインダーとなった。」

記事を書いたカイル・ポーター氏は、松山英樹の強烈な「ギアチェンジ」を目の当たりにし、あらためて特別なゴルファーであることを証明したと賞賛しています。

そして「CBSスポーツのドッティ・ペッパーはドライビングレンジでの松山英樹の調子は、これまで見てきた中でもワーストの一つだった」と話していたことを伝えた上で、「フィールドではトーマス・ピータース、ロリー・マキロイ、ザック・ジョンソン、リッキー・ファウラーらの名前があるリーダーボードを、9アンダーの61で焼き払ってしまった」と述べています。

メジャー覇者、世界のトッププレイヤーとして名を知られる選手が上位にいてプレッシャーを与える状況でありながら、逆にそれを圧倒してしまったとカイル・ポーター氏は述べています。

さらに記事の中では以下のように松山英樹を評しています。

His best stuff is nearly impossible to keep pace with, even for 49 of the top 50 players in the world. Yet, he never seems confident in what he’s bringing to the table.

「世界のトップ50のうち49名が揃ったフィールドあっても、彼のベストのプレーに遅れずについていくのは、ほぼ不可能に近い。それでも彼は自分がやっていることに対して自信を見せないのかもしれない」

世界のトップ50のうち49名が揃う紛れもないエリートフィールドだったのですが、それらの選手であっても、松山英樹が本来の力を発揮した場合には、ついていくことすらも至難の業とポーター氏は評しています。

そして松山英樹に対するコメントの最後は以下のような内容で締めくくられています。

It begs some questions. Either he’s sandbagging the rest of the planet, or he’s not reached his top gear yet. The latter is a scary thought with the final major of the year on deck next week at Quail Hollow and the No. 3 player on the planet coming off one of the great performances of his career.

『ある質問が頭に浮かんでくる。「彼が猛攻撃により制圧したのか?それともまだトップギアには入っていないのか?」ということだ。もし後者であるならば、それは恐ろしいことだ。世界ランク3位のプレイヤーがキャリアの中でも素晴らしいパフォーマンスの一つを成し遂げた直後の翌週に、今年最後のメジャーがクウェイルホローで行われるからだ。』

メジャーと遜色のないフィールドを圧倒して勝利したことで、メジャー初制覇の準備は十分に整ったと言えます。

2週連続で眠れない夜を過ごすことになりそうです。

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ