松山英樹は優勝候補4番手評価!CIMBクラシック2017のパワーランキング

松山英樹がマレーシアにあるTPCクアラルンプールで開催されるCIMBクラシック2017に5年連続5回目の出場をします。

すでにセーフウェイオープンからPGAツアーの2017-18シーズンは開幕しているのですが、松山英樹にとってはこのCIMBクラシックが新シーズンの初戦となります。

プレーオフシリーズでは不調に苦しんだ松山英樹ですが、新シーズンの初戦では優勝候補の一角として4番手評価を得ています。

スポンサードリンク

過去の成績の良さが評価され4番手評価に

PGAツアー公式サイトのロブ・ボルトン氏によるパワーランキングは以下のとおりとなっています。

  1. ジャスティン・トーマス
  2. ブレンダン・スティール
  3. ポール・ケーシー
  4. 松山 英樹
  5. ケビン・ナ
  6. ザンダー・シャウフェレ
  7. スコット・ピアシー
  8. ラファエル・カブレラベロ
  9. チェズ・リアビ
  10. ジェームズ・ハーン
  11. イアン・ポールター
  12. ゲーリー・ウッドランド
  13. チャール・シュワルツェル
  14. キーガン・ブラッドリー
  15. トーマス・ピーターズ

CIMBクラシックを2連覇中で、今年3連覇できるかが注目されるジャスティン・トーマス、セーフウェイオープンを2連覇し、2015年には3位タイとなっているブレンダン・スティール、ここでのトップ20フィニッシュはないものの6月以降の8試合で5度のトップ5フィニッシュをしているポール・ケーシーがトップ3にランクされています。

世界ランク最上位で過去の出場成績も良いのですが、この3人に続く4番手の評価となっています。

以下はボルトン氏のコメントです。

With rigors of the past several weeks now history, he can enjoy the embrace of a gettable track. Solo fifth and runner-up in last two editions; scoring average of 66.75.

「ここ数週間の苦しい戦いはもう過去のものとなった今、相性の良いコースの歓迎をを楽しむことができるかもしれない。直近2回の成績は単独5位と2位フィニッシュで、平均スコアは66.75となっている。」

松山英樹本人はあまり好きではないコースと話しているのですが、残している成績は25位タイ、21位タイ、単独5位、単独2位と好成績を残し続けています。

本来であれば2番手に評価されるはずですが、プレーオフシリーズからプレジデンツカップにかけても不調が続いたことで4番手にとどまったという印象です。
ですが、プレジデンツカップの最終日に、ジャスティン・トーマスとのシングルマッチではらしさを発揮して、8バーディを奪ったトーマスに勝利しました。

再び直接対決のような様相を呈する可能性があるCIMBクラシックですが、まずは復調を決定的なものとし、シーズンのスタートを良いものにしてくれることを期待したいところです。

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ