松山英樹は優勝候補6番手にランクイン!ファーマーズインシュランスオープン2018のパワーランキング

松山英樹が2018年の第2戦、アメリカのメインランドでは初戦となるファーマーズインシュランスオープン2018に出場します。

松山英樹がトーリーパインズでプレーするのは5年連続5回目となるのですが、相性が良いとは言えない成績しか残せていません。

初出場の2014年は16位タイと上位でフィニッシュしましたが、その後は予選落ち、予選落ち、33位タイとトップ25フィニッシュもできていません。

しかし、直近5試合での安定した成績もあり、優勝候補の上位にランクされています。

スポンサーリンク

相性の良くないトーリーパインズも6番手にランクイン

PGAツアー公式サイトのロブ・ボルトン氏による優勝予想であるパワーランキングは以下のとおりとなっています。

  1. ジョン・ラーム
  2. ジャスティン・ローズ
  3. トニー・フィナウ
  4. リッキー・ファウラー
  5. マーク・リーシュマン
  6. 松山 英樹
  7. ジェイソン・デイ
  8. ゲーリー・ウッドランド
  9. フランチェスコ・モリナリ
  10. ブライアン・ハーマン
  11. シェイン・ローリー
  12. キャメロン・スミス
  13. パトリック・カントレー
  14. チャールズ・ハウエル3世
  15. カイル・スタンリー

キャリアビルダチャレンジを制し、今年のファーマーズがディフェンディングとなるジョン・ラームが1位にランクされ、10戦連続でトップ10フィニッシュをしているジャスティン・ローズが2位となっています。

トーリーパインズで24位、18位、4位と結果を残しているトニー・フィナウが3位、OHLクラシックで2位、ヒーローワールドチャレンジで優勝、セントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズで4位と好調なリッキー・ファウラーが4番手、2010年と2014年に、ここで2位フィニッシュをし、ここ8試合で5回のトップ10フィニッシュをしているマーク・リーシュマンが5番手となっています。

松山英樹はこれらの選手に続く6番手の評価となっています。

ロブ・ボルトン氏のコメントは以下のとおりとなっています。

Doesn’t have the most inspiring record at the Farmers (2-for-4 with one top 30), but he’s a constant threat. This is evident in his recent form: four top fives in his last five starts.

『際立った素晴らしい成績をファーマーズインシュランスオープンでは残せていないが(4回出場で予選通過が2回、トップ30が1回)、彼はコンスタントにフィールドにとって脅威となる。このことは彼がこの5試合で4回のトップ5フィニッシュをしていることが証明している。』

松山英樹はCIMBクラシックで5位、ダンロップフェニックストーナメントで5位、ヒーローワールドチャレンジで5位、セントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズでは4位と、4回のトップ5フィニッシュをしています。

スイングとパッティングの修正に取り組んでいたこともあり、いずれの試合も調子が良いとは言えない状態でのプレーが続いていました。しかし、終わってみればトップ5フィニッシュという結果を手にしていました。

調子が悪い中でもトップ5にこれるところに、世界のトップとしての底力がついていることを感じさせる松山英樹です。

トーリーパインズではショットとパットともにスタッツが良くありませんが、徐々にプレーの精度があがってはきていますので、今週さらなるステップアップが期待されます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする