松山英樹の2014年初戦は63位タイスタート|ファーマーズ・インシュランス・オープン2014・初日

松山英樹が2013年の日本ツアーのカシオワールドオープンゴルフ以来、そして2014年の初戦となるファーマーズ・インシュランス・オープン2014に出場しました。

左手の故障で出場を予定しながらプレーできないということが続いていましたので、まずは18ホールをプレーしてくれたので、ほっとするばかりです。

今日の松山英樹はノースコースをまわって4バーディ・4ボギーのイーブンパーで63位タイスタートとなりました。

久々のプレーということで、最初の方はうまく噛み合ってない印象のプレーでした。

スポンサードリンク

松山英樹のファーマーズ・インシュランス・オープン2014の第1ラウンドのスコアカードは以下のとおりです。

松山英樹のファーマーズ・インシュランス・オープン2014の第1ラウンドのスコアカード

最初こそバーディが先行しましたが、後はボギーが先行する苦しい展開でした。アプローチも上手く寄らず、実戦から離れていた影響を感じさせるものでした。

特に一時は2オーバーまで行ってしまった時には、松山英樹といえど、ブランクがあって、やはり初戦は苦しいかなと感じました。

しかし、それでも上がり2ホールで連続バーディを奪い、イーブンパーに戻すあたりは、松山英樹の修正能力と適応能力の高さを感じます。

松山英樹の素晴らしい点は、自分のスタイルというものにこだわりすぎず、そのときの調子に合わせて、その状態でできるベストに修正できるところです。

しかし、苦しみながらのプレーであったことは、スタッツを見ると伝わってきます。

松山英樹のキースタッツは、フェアウェイキープ率が42.86%95番目パーオン率が66.67%60番目パーオンした時の平均パット数(PUTTS PER GIR)は1.917127番目ということで、軒並み良くありません。

これでよくイーブンパーでまとまったという印象の数字です。

しかし、今日はノースコースでのプレーでしたので、サウスコースより難易度が低いため、本当はスコアを伸ばしたいところでした。

今日の第1ラウンドを終えた時点で、17位タイまでの28人中が26人がノースコースでプレーしています。

この結果からもサウスのほうが難易度が高いことがわかります。

順位が63位タイということで、予選通過ラインの70位ぎりぎりのラインです。

タイガー・ウッズと同じ63位タイと言っても、タイガーはサウスコースをラウンドしていますので、その意味合いが違います。

前年の予選通過ラインは1アンダーですので、やはり明日の第2ラウンドはアンダパーでラウンドしたいところです。そうしないと予選落ちもありそうな状況です。

今日のプレーでだいぶ感覚も戻ったことでしょうし、多くはありませんが、サウスコースでもアンダパーでラウンドしたプレーヤーもいますので、明日の奮起に期待したいです。

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントを残す

このページの先頭へ