松山英樹の2017年の獲得賞金は8億円を突破!4年8ヶ月で生涯獲得賞金は29億円目前に

WGC Bridgestone 2017_results-and-rakings

松山英樹は世界ゴルフ選手権のひとつであるWGC-ブリジストンインビテーショナル、プロとして自身初となる連覇を果たしたウェイストマネジメント・フェニックスオープン、メジャーでの自己ベストとなる全米オープン2位など、着実に2017年もステップアップしました。

世界のトッププレイヤーの一人としての地位を確固なものとした松山英樹ですが、その獲得賞金も日本のゴルフプレイヤーの常識を大きく覆すものとなりました。

スポンサードリンク

松山英樹の2017年の獲得賞金は日米欧で8億円を突破

松山英樹の2017年のトーナメント別獲得賞金は以下の表のとおりとなっています。

Tournaments POS Prize
SBSトーナメント・オブ・チャンピオンズ 2 $712,000(¥80,456,000)
ソニーオープン・イン・ハワイ T27 $39,100(¥4,418,300)
ファーマーズインシュランスオープン T33 $35,398(¥4,000,011)
ウェイストマネジメント・フェニックスオープン 1 $1,206,000(¥136,278,000)
WGC-メキシコチャンピオンシップ T25 $81,000(¥9,153,000)
アーノルドパーマーインビテーショナル T45 $26,187(¥2,959,131)
WGC-デルマッチプレー T51 $54,071(¥6,110,072)
マスターズ・トーナメント T11 $233,200(¥26,351,600)
チューリッヒクラシック T32 $14,697(¥1,660,761)
プレイヤーズチャンピオンシップ T22 $92,138(¥10,411,538)
メモリアル・トーナメント T45 $26,187(¥2,959,131)
全米オープン T2 $1,050,012(¥118,651,356)
全英オープン T14 $128,917(¥14,567,621)
WGC-ブリジストンインビテーショナル 1 $1,660,000(¥187,580,000)
全米プロゴルフ選手権 T5 $388,500(¥43,900,500)
デルテクノロジーズチャンピオンシップ T23 $87,500(¥9,887,500)
BMWチャンピオンシップ T47 $23,538(¥2,659,738)
ツアーチャンピオンシップ T26 $146,125(¥16,512,125)
CIMBクラシック T5 $266,000(¥30,058,000)
WGC-HSBCチャンピオンズ T50 $51,875(¥5,861,875)
ヒーローワールドチャレンジ T5 $145,000(¥16,385,000)
アイリッシュオープン  T5 €84,505(¥16,385,000)
トーナメント合計 $6,467,445(¥730,821,258)
フェデックスカップ(FedExCup)ボーナス 8 $600,000(¥67,800,000)
PGAツアー合計(非公式含む) $7,067,445(¥798,621,258)
アイリッシュオープン T14 €84,505(¥11,239,165)
ダンロップフェニックストーナメント T5 ¥8,000,000
2017年合計 ¥816,170,323

ヒーローワールドチャレンジはPGAツアー非公式戦ではありますが、世界ランクの対象となる公式戦です。それも含めたPGAツアーでのトーナメント獲得賞金は646万7,445ドル(約7億3082万1,258円)となります。

これとは別にフェデックスカップ(FedExCup)ランクの年間ランキングに応じて与えられるボーナス賞金があるのですが、2016-17シーズンは8位となったため60万ドル(6780万円を)を受け取っています。

さらに欧州ツアーのアイリッシュオープンで8万4505ユーロ(1124万円)、日本ツアーのダンロップフェニックストーナメントで800万円を獲得しています。

これらの金額を合計すると2017年に松山英樹がゴルフだけで獲得した賞金は8億1786万423円となります。

日本ツアーの賞金王が2億円に届いていないことを考えれば、日本のゴルフ界にとって桁外れの金額を1年間で稼ぎ出したことになります。

生涯獲得賞金は5年足らずで29億円目前に

松山英樹の生涯獲得賞金は以下のとおりとなっています。

金額
PGAツアーの獲得賞金 2017万8968ドル(22億8022万円)
PGAツアーのボーナス賞金額 131万ドル(1億4803万円)
ヒーローワールドチャレンジの獲得賞金 135万6000ドル(1億5323万円)
ヨーロピアンツアーの獲得賞金 8万4505ユーロ(1124万円)
日本ツアー(JGTO)の獲得賞金 3億479万333円

PGAツアーの獲得賞金とボーナス賞金、さらにヒーロワールドチャレンジの賞金の合計額を日本円(1ドル113年)に換算すると合計で25億8148万1384円(2284万4968ドル)となります。

ここに日本ツアーでの生涯獲得賞金(海外メジャー除く)である3億479万333円(海外メジャー除く)とヨーロピアンツアーの獲得賞金である1124万円(8万4505ユーロ)が加わることになります。

合計すると松山英樹は2013年4月のプロ転向からの4年8ヶ月という僅かな期間で28億9751万882円をゴルフのプレーだけで稼ぎ出したことになります。
これからプロを目指しているアマチュア、ジュニアが世界のトップの舞台を目指して頑張る一つの励みにしてもらいたい数字です。

2018年の松山英樹にとってメジャー制覇は「夢」ではなく、手が届く「目標」です。2017年は全米オープンと全米プロゴルフ選手権ではもう少しでメジャータイトルを手に掛けるところにまでステップアップしましたし、1年で世界ゴルフ選手権を2回制しました。

2018年にメジャー制覇を成し遂げて、さらなる高みへとステップアップしてくれることを願っています。

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ