松山英樹は「間違いなくメジャーで勝てるゲームを持っている」 全米プロの公式サイトの注目選手に

今年の3つのメジャーではトップ15を一つ外さないなど、PGAツアー3勝だけではない実績を残している松山英樹です。

調子の波が下降線だったこともあり、全米オープン、全英オープンでは優勝候補ではあったものの、本命候補の一角というものではありませんでした。

しかし、WGC-ブリジストンインビテーショナルの圧勝により、全米プロゴルフ選手権では本命候補の一人となっています。

スポンサードリンク

全米プロゴルフ選手権の公式サイトによる注目選手の1人に

全米プロゴルフ選手権の公式サイトが“9 PLAYERS TO WATCH AT THE 2017 PGA CHAMPIONSHIP”という記事で、松山英樹を注目選手としてピックアップしています。

official-pga-championship-on-hideki-matsuyama-170809_Catch

この記事は元々は7月28日にアップされたものですが、松山英樹のWGC制覇の内容を反映されたものに更新されています。

全米プロゴルフ選手権の公式サイトのT.J. AUCLAIRが9人の注目選手としてロリー・マキロイ、ジョーダン・スピース、マット・クーチャー、ダスティン・ジョンソン、リッキー・ファウラー、ジャスティン・トーマス、ウェイスレイ・ブライアンらとともに松山英樹を選んでいます。

そのコメントの原文と翻訳は以下のとおりとなっています。

The five-time PGA Tour winner and No. 3-ranked player in the world is an absolute stud. With victories in the WGC-Bridgestone, WGC-HSBC Champions and Waste Management Phoenix Open this season, to go along with a T11 at the Masters, a T2 at the U.S. Open and a T14 at the Open Championship, there’s no doubt Matsuyama has the game to win a major. The issue for Matsuyama when he’s come up short has been a balky putter. If he can get that figured out, he’ll be picking up major win No. 1 sooner rather than later.

PGAツアー5勝、世界ランク3位のこの選手は間違いなく本物だ。今シーズンは、WGC-ブリジストンインビテーショナル、WGC-HSBCチャンピオンズ、ウェイストマネジメント・フェニックスオープンを制し、メジャーではマスターズで11位タイ、全米オープンで2位タイ、全英オープンで14位タイという結果が示すように、松山英樹は間違いなくメジャーで勝てるゲームを持っている。松山英樹の優勝に届かない時に問題となるのは、期待どおりに決めることができないパターだ。もし彼がその問題を解決することができれば、すぐにてでもメジャー1勝目を上げることができろうだろう。

今年の四大メジャーで松山英樹以上に安定した成績を残しているのはブルックス・ケプカ(11位T・優勝・6位T)、マット・クーチャー(4位T・16位T・2位)くらいです。

ブルックス・ケプカはメジャーで勝ちましたが、PGAツアー通算では2勝目で、今季はまだこの1勝だけです。マット・クーチャーは今季勝つことができていません。

松山英樹は今季すでに3勝していて、そのうちの2勝が世界ゴルフ選手権というエリートフィールドを制圧してのものでした。さらに直近の20試合で優勝6回、2位3回という成績を残していますので、今最もメジャー初制覇に近い選手であると言って差し支えありません。

パッティングがフィールドの平均もしくは、それよりもやや上であれば優勝できますし、ブリジストンインビテーショナルのようにトップ15にランクされるようであれば、2位以下に大差をつけることのできる松山英樹です。

WGC-ブリジストンインビテーショナルの最終ラウンドでつくった良い流れを、そのまま生かしてメジャー初制覇へ突き進んでくれることを期待せざるをえません。

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ