松山英樹は23位Tでフィニッシュ!ザ・プレーヤーズ選手権2014最終結果

松山英樹が初出場のザ・プレーヤーズ選手権2014の最終日のプレーを終えました。

最終日は一時はスタートの3アンダーから2アンダーまでスコアを落としたものの、そこからバウンスバックし、最終的には2つスコアを伸ばして通算5アンダーでホールアウトしました。

その結果、松山英樹は初のザ・プレーヤーズ選手権をTop25フィニッシュとなる23位タイでプレーを終えました。優勝はドイツのマーティン・カイマーで通算13アンダーで逃げ切っています。

松山英樹は23位タイで賞金9万6000ドル(約978万円)とフェデックスカップポイントを47ポイント獲得しています。

その結果、松山英樹は今シーズンのフェデックスカップポイントを558として、前週までの54位から52位に上げています。またPGAツアーの獲得賞金は101万4268ドル(約1億336万円)として1億円の大台に載せています。

その松山英樹のザ・プレーヤーズ選手権2014のホールバイホールやキースタッツなどをまとめています。

スポンサードリンク
[googlead]

スポンサーリンク

厚いフィールドで価値あるトップ25フィニッシュ!

松山英樹4日間のホールバイホールは以下のとおりとなっています。
松山英樹のザ・プレーヤーズ選手権2014のホールバイホール

今日は5バーディ・3ボギーでスコアの動きは初日のラウンドと似たようなもので、8番以降は4バーディ・ノーボギーでした。

続いて観戦メモです。

松山英樹のザ・プレーヤーズ選手権2014の第4ラウンド観戦メモ

今日ボギーとなったホールはショットが大きくブレてしまったのが原因で、5番ホールに関しては3パットしてしまったのが原因です。良い時の松山は3パットをなかなかやらないのですが、まだ今一歩というところでしょうか。

9番から11番までの3連続バーディではいずれもショットが安定していて、それをしっかりと活かしてスコアを伸ばすことができました。

ただ、その後は、またショットが不安定になり、爆発するところまでは至りませんでした。それでも最終の18番ホールで2日目以降沈めれなかった4メートル弱のパットを沈めていますので、良いイメージを持って終えれたのではないでしょうか。

スタッツからは徐々に復調の気配が見られる松山英樹

松山英樹の4日間のキースタッツの一覧は以下のとおりとなっています。

松山英樹のザ・プレーヤーズ選手権2014のキースタッツ一覧

フェアウェイキープ率42.86%とパーオン率61.11%は4日間で最も良くありませんでしたが、パーオン時の平均パット数1.636は一番良い数字で、パットのスコアへの貢献度0.774は2番目となっています。

パッティング関連のスタッツが良いとやはりスコアも伸びてきますので、早く本来のパッティングを取り戻してもらいたいところです。

ただ、どのスタッツも悪いものではなく、4日間通算ではフェアウェイキープ率は53位、パーオン率は47位、パーオン時の平均パット数は58位、パットのスコアへの貢献度は37位といずれも中位に位置しています。

徐々にプレー全体に安定感は戻りつつある印象です。しかもメジャー並みにレベルの高い選手が勢揃いしている中で、この順位ですので、フィールドが薄いトーナメントならもっと上位になっていたのではないかと考えられます。

ウェールズ・ファーゴ選手権、ザ・プレーヤーズと2連戦しましたので、次週のHPバイロン・ネルソン選手権(HP Byron Nelson Championship)には出場せず一旦、休養をとるようです。

次は6月12日からの全米オープンに向けて調整していくことになりますので、また情報が入り次第、松山英樹の最新情報ページで更新していきます。

ザ・プレーヤーズ選手権2014の最終結果

優勝はマーティン・カイマー、2位はジム・フューリックで、ジョーダン・スピースは4位タイに終わっています。

ザ・プレーヤーズ選手権2014の最終結果は以下のとおりとなっています。
ザ・プレーヤーズ選手権2014の最終結果

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ゆり より:

    松山君・お疲れ様でした。。4日間プレーしてくれている事が、
    嬉しい事です。23位たい、フィニッシュ「初出場」で頑張りました。。
    賞金獲得・・「・・ドル、日本円で・・円」本当に分かり安く、凄いんだ~
    なんって・・はしたないけど、やっぱり気に成ります。。
    大分、体調も戻ってきた見たいですね!!
    インタビュー時に笑顔が多く成ってました。。「一安心」。

  2. golf より:

    だいぶ調子も良くなっていることが表情からも、数字からも伺えます。ドナルドソンから指摘を受けた問題も、ドナルドソンの勘違いとの報道もありますので、ホッと一安心です。