松山英樹はイーブンの36位Tで発進!RBCヘリテージ2014-第1日目

松山英樹にとって初の出場となるRBCヘリテージ2014の第1ラウンドのプレーを終えました。

9番ホールからのインスタートで4バーディ・4ボギーのイーブンパーでまわり、36位タイからのスタートとなっています。

首位はマット・クーチャー、スコット・ラングリー、ウィリアム・マガートの3人で5アンダーとなっていて、まだまだ追いかけることできる差となっています。

マスターズの予選落ちからの第1戦となりますが、特に手首などの影響は感じさせないプレーではありました。その松山英樹の初日のホールバイホールやキースタッツの情報をまとめています。

スポンサードリンク
[googlead]

スポンサーリンク

インは苦しむもアウトでスコアを戻した第1ラウンド

松山英樹のRBCヘリテージ2014-第1日目のホールバイホールは以下の表のとおりとなっています。

松山英樹のRBCヘリテージ2014-第1日目のホールバイホール2

RBCヘリテージに初出場で、初のコースでのラウンドでしたが、プロアマにも選ばれず、練習ラウンドも悪天候で回れないホールもあった中で、第1ラウンドをイーブンパーで乗り切ったのは収穫と考えられます。

インの9ホールは海に近く風の影響を受けやすいため、松山英樹に限らず多くの選手が苦しみました。そのため松山はインスタートの前半9ホールを終えた時点では2オーバーと落としていました。

しかし、アウトの1番ホールから9番ホールでは3バーディ・1ボギーと2つスコアを伸ばして、スコアをイーブンパーに戻すことができました。

パーオン率は低いもののスクランブリング率が高く

続いて、観戦メモです。

松山英樹のRBCヘリテージ2014-第1日目の観戦メモ

フェアウェイキープ率は57.14%(8/14)パーオン率は44.44%(8/18)と数字は良くありませんでした。グリーンの大きさがペブルビーチに次ぐ狭さで、パーオンしにくいということもあるようですが、スコアを伸ばすには厳しい数字です。

それでもイーブンパーでまわれたのは、スクランブリングが良かったためです。パーオンできなかった時にパー以上でそのホールを終えることが出来たかを示す、スクランブリング率では70.00%となっていて、フィールド全体の平均50%半ばを大きく上回る数字となっています。

また、パーオンできたのは18ホール中でわずかに8ホールだったわけですが、そのうちの4ホールでバーディを奪っています

パーオンは少なく、バーディチャンスは少なかったもの、それを確実に仕留めて、パーオンできなかった時には、アプローチショットなどでうまくカバーして、スコアをまとめることができた初日の松山英樹でした。

パーオン時の平均パット数は1.750パットのスコアへの貢献度は0.685と、マスターズで苦しんだパッティングも、だいぶ修正できていることもうかがえる数字となっています。

本人のホールアウト後のコメントも、マスターズの時よりも明るさを感じられるもので、手応えを少しずつ感じれているのではないでしょうか。

第2日目の松山英樹はは、同組のグレッグ・チャルマースが棄権したため、ジョン・マリンガーとのペアで4月18日(金)の午後8時30分からのスタート予定となっています。まずは予選通過をして、決勝ラウンドで勝負してくれることを期待しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ゆり より:

    初日始まりました。ゴルフ専門チャンネル、契約してませんので
    このページが頼り&楽しみ「私にも、ちょとだけわかりますよ」。
    バーディも4つ取っているのですね。ボギーでイーブンパー。
    うぅぅ~2日目パーで「予選通過」。
    嬉しい結果がページに有りますように!!