松山英樹は38位Tフィニッシュ|ウェールズ・ファーゴ選手権2014最終結果

松山英樹がウェルズ・ファーゴ選手権2014の最終日のプレーを終えました。

最終日は出入りの激しいゴルフで、5バーディ・1ダブルボギー・4ボギーで1つスコアを落とし、通算2アンダーで前日と順位は変わらず38位タイでフィニッシュしています。

初日のスタートが7位だったため、やや物足りない印象になってしまう順位ではありますが、それでも久々に予選通過をして、フェデックスカップポイントも獲得しています。

38位タイにリッキー・ファウラーなどとともに6人並んでいるため獲得したポイントは31(正確には30.5)、賞金は2万8980ドル(約296万円)を獲得しています。

その結果、松山英樹は今シーズンのフェデックスカップポイントを511としています。また獲得賞金は92万8268ドル(約9491万円)としています。

続いて、松山英樹の最終日のホールバイホールやキースタッツなどの情報です。

スポンサードリンク

出入りの激しい一日となった松山英樹

松山英樹のウェルズ・ファーゴ選手権2014の4日間のホールバイホールは以下のとおりとなっています。

Wells Fargo 2014_Matsuyama Hole by Hole

2番から4番まで3連続ボギーで一時は、貯金を全部吐き出して、イーブンパーまでおとしてしまいました。そこから5バーディ・ノーボギーで5アンダーまで伸ばしたのですが、上がり2ホールでダブルボギーとボギーで、2アンダーでホールアウトしています。

続いて、キースタッツの一覧です。

松山英樹のウェールズ・ファーゴ選手権2014のキースタッツ一覧表

最終日はショット関連のスタッツがいずれも一番悪い数字となっています。フェアウェイキープ率は42.86%、パーオン率は44.44%となっています。

それでも一時はスコアを伸ばせたのは、第2ラウンドと第3ラウンドに比較するとパッティングが改善されていたためです。

パーオン時の平均パット数1.500、パットのスコアへの貢献度(Storkes Gained Putting)は1.402は、いずれも4日間で一番良い数字となっています。

パッティング良くなったので、バーディを奪えた一方、ショットが不安定になり、バーディチャンスそのものが減るということになり、初日を除いては咬み合わないプレーに終始することになってしまいました。

パッティングの復調の兆しがやや見えることが次週への好材料

続いて、観戦メモです。

松山英樹のウェールズ・ファーゴ選手権2014の第4ラウンド観戦メモ2

2番はバンカーからうまく寄せきれずにボギーに、そして3番は3パット、4番はティーショットを大きく曲げてしまったためにボギーとなってしまいました。

そこから立てなおして、ここ最近あまり沈めることができなかった2.5メートル程度のバーディパットを3つ沈めています。

これで完全に立ち直ったかと思ったのですが、17番では再び3パットをしていて、完全に復調というところまでには至りませんでした。

1ラウンドに3パットが2回あるとスコアを伸ばすのは、厳しくなってきます。どん底の状態は脱しつつありますが、もう少し時間がかかりそうな印象の松山英樹です。

ただ、予選通過をして4日間ラウンドしましたので、来年以降の財産にもなりますし、来週に向けての課題もつかめたと思いますので、この4日間を活かしてもらいたいところです。

次戦は体調に問題がなければプレーヤーズ選手権となります。

ウェールズ・ファーゴ選手権2014の最終結果

R Player Score Prize Pts
1 J.B. ホームズ -14 $1,242,000 500
2 J.フューリック -13 $745,200 300
3 M.フローレス -12 $469,200 190
4 J.ボーン -11 $331,200 135
5 J.ローズ -10 $276,000 110
6 Bデヨング -9 $239,775 95
6 K.キスナー -9 $239,775 95
8 R.サバティーニ -8 $200,100 80
8 R.カストロ -8 $200,100 80
8 R.マキロイ -8 $200,100 80
11 K.チャペル -7 $158,700 65
11 M.トンプソン -7 $158,700 65
11 P.ミケルソン -7 $158,700 65
14 K.ストリールマン -6 $120,750 56
14 Z.ジョンソン -6 $120,750 56
14 G.オギルビー -6 $120,750 56
14 J.バード -6 $120,750 56
38 松山 英樹 -2 $28,980 31

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントを残す

このページの先頭へ