松山英樹は「クウェイルホローでプレーする度に成績が良くなっている」米メディアの優勝予想で上位にランクイン

Wells Fargo Championship_Catch

松山英樹がマスターズで19位タイでフィニッシュした後、3週間の休養を挟みウェルズファーゴ・チャンピオンシップからPGAツアーに復帰することになりました。

手首の痛みで3連覇のかかったウェイストマネジメント・フェニックスオープンを途中棄権した後、1ヶ月半ほど離脱した後、アーノルドパーマー・インビテーショナルでは49位タイ、WGC-デルテクノロジーズ・マッチプレーでは宮里優作に勝った以外は敗北し予選リーグ敗退と調子が上がりませんでした。

しかし、メジャーであるマスターズ・トーナメントでは19位タイと結果を残していますので、状態が上がってくることが期待されます。

戦前の予想ではPGAツアー公式サイトのロブ・ボルトン氏は予想のトップ15から外したものの、ゴルフチャンネルとゴルフウィークは上位にランクしています。

スポンサーリンク

複数の米メディア予想では上位にランクイン

以下は米ゴルフチャンネルのウィル・グレイ氏によるパワーランキングです。

1. ロリー・マキロイ
2. ジャスティン・トーマス
3. リッキー・ファウラー
4. パトリック・リード
5. ジェイソン・デイ
6. フィル・ミケルソン
7. 松山英樹
8. ルイ・ウーストハイゼン
9. タイガー・ウッズ
10. ウェブ・シンプソン

松山英樹へのコメントは以下のとおりとなっています。

7. Hideki Matsuyama: Matsuyama has gotten progressively better in each appearance at Quail Hollow, starting with a T-38 finish in 2014 and peaking at last year’s PGA when he tied for fifth and had a chance to win coming down the stretch. He is now three starts into his return from a wrist injury and finished T-19 at the Masters.

『松山英樹はクウェイルホローでプレーする度に、徐々に成績を向上させている。2014年の38位タイから始まり、昨年の全米プロゴルフ選手権では終盤まで優勝争いをして、5位タイでフィニッシュしている。手首の故障から復帰して3試合に出場し、マスターズでは19位タイとなっている。』

以下はゴルフウィークのブレントリー・ロマイン氏のパワーランキングです。

1. ロリー・マキロイ
2. ジャスティン・トーマス
3. ジェイソン・デイ
4. フィル・ミケルソン
5. リッキー・ファウラー
6. 松山英樹
7. パトリック・リード
8. トニー・フィナウ
9. ルイ・ウーストハイゼン
10. トミー・フリートウッド

順位は少々異なるものの上位7名の予想はゴルフチャンネルのウィル・グレイ氏と同じ顔ぶれとなっています。

松山英樹へのコメントは以下のとおりとなっています。

6. Hideki Matsuyama: Has gotten better every year at Quail Hollow – T-38, T-20, T-11 and then T-5 at last year’s PGA. Solo 19th at the Masters was his best finish post-injury.

クウェイルホロークラブでの成績はウェルズファーゴ・チャンピオンシップで2014年が38位タイ、2015年が20位タイ、2016年が11位タイ、2017年は全米プロゴルフ選手権で5位タイとプレーするたびにアジャストしていっていると考えられる結果が残っていることが紹介されています。

さらに故障からの復帰後ではベストなる19位という成績をマスターズで残しているなど、状態が上向きになっていることを好材料として上位予想がなされています。

昨年の全米プロゴルフ選手権での好成績はショットがまずまずで、WGC-ブリジストンインビテーショナルの優勝の時に使用していたマレット型でのパッティングが、予選ラウンドで良く決まったことが優勝争いにつながっています。

全米プロゴルフ選手権よりはフィールドが薄いもののトッププレイヤーが多く出場するフィールドのため、優勝する8のは簡単ではありません。ただ、まずはトップ10前後の成績をコンスタントに残していた故障離脱前の状態に近づけていくことが重要なため、どれだけショットとパットが上り調子になっているのかが注目されます。

状態が上がってくれば、どこでも、いつでも優勝する可能性のある選手だけに、まずは予選ラウンドの内容に注目したいところです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする