松山英樹はパワーランキングでNO.1評価に!ウェイストマネジメント・フェニックスオープン2018の優勝予想

wmphoenix2018-power-rankings

松山英樹が3連覇をかけてウェイストマネジメント・フェニックスオープン2018に出場します。

2014年の初出場では優勝争いに絡み14アンダーで首位と2打差の4位タイ、2015年は最後にバーディパットを決めればプレーオフというところまで争うも14アンダーで1打差の2位タイとなりました。

その後は2016年に14アンダーで並んだリッキー・ファウラーを4ホールのプレーオフの末に制し、ディフェンディングチャンピオンとして出場した2017年は17アンダーで並んだウェブ・シンプソンをまたも4ホールのプレーオフで退け、2連覇を果たしました。

これまで4位、2位、優勝、優勝とトップ5を外したことのない相性の良いTPCスコッツデールで3連覇を目指すことになります。

このような圧倒的な過去の実績があるため、優勝予想であるパワーランキングではNO.1評価を受けています。

スポンサーリンク

TPCスコッツデールは他の侵入を許さない「松山英樹の城」

PGAツアー公式サイトのロブ・ボルトン氏によるパワーランキングは以下のとおりとなっています。

  1. 松山 英樹
  2. リッキー・ファウラー
  3. ジョン・ラーム
  4. ジョーダン・スピース
  5. ウェブ・シンプソン
  6. ライアン・パーマー
  7. アレックス・ノレン
  8. ザック・ジョンソン
  9. マーク・リーシュマン
  10. トニー・フィナウ
  11. ダニエル・バーガー
  12. ジャスティン・トーマス
  13. マット・クーチャー
  14. J.B.ホームズ
  15. アダム・ハドウィン

松山英樹に対するコメントは以下のとおりとなっています。

TPC Scottsdale isn’t The House That Hideki Built, but it’s been his castle. Since his debut in 2014, he’s an aggregate 517-5-2 517-4-3, not to mention the two-time defending champion.

『TPCスコッツデールは「ヒデキが建てた家」ではないが、他の侵入を許さない「城」になっている。』と冒頭で書かれています。
ニューヨーク・ヤンキースの本拠地だった旧ヤンキースタジアムはルースの人気によって観客動員が急増したことによって建設されたため「ルースの建てた家(The house that Ruth built )」との異名をもっていました。(ボルトン氏は野球ファンでもあります。)

それになぞらえて「ヒデキが建てた家」ではないけれど述べた上で、松山英樹にとってTPCスコッツデールは他の侵入を許さない「城」のようなコースだとロブ・ボルトン氏は述べています。

この後は「二度のディフェンディングチャンピオンであることに加えて、2014年デビュー以来、総計で“517-5-2″となっている。」と書かれていますが、”517-5-2″はFantasy Gameに関連するものではないかと思われます。517勝4敗3分けとなっている。」

*ボルトン氏が誤りを指摘され、当初の数字を訂正しています。

過去4年間で松山英樹よりも上の順位でフィニッシュしたのは4名しかいません、そして同スコアの選手も3名しかいません。そのため517勝4敗3分けという圧倒的な結果になっていることをボルトン氏は指摘しています。(ご連絡を下さった「たけさん」「Mayoさん」ありがとうございます。)

松山英樹の過去4年間のスコアは14アンダー、14アンダー、14アンダー、17アンダーと推移していて、4年間で合計59アンダーを記録しています。
順位と獲得賞金は4位タイで27万2800ドル、2位タイで47万400ドル、優勝で117万ドル、優勝で120万6000ドルとなっていて、4年間で311万9200ドル(約3億4000万円)を、このトーナメントの4回の出場で稼ぎ出しています。

このトーナメントの直前に出場した試合の成績は2014年がファーマーズ・インシュランス・オープンで16位タイ、2015年ソニーオープン・イン・ハワイで78位タイ、2016年がファーマーズ・インシュランス・オープンで予選落ち、2017年もファーマーズ・インシュランス・オープンで33位タイでした。

直前の試合で成績や内容が良くなくても、TPCスコッツデールでプレーすると優勝争いに加わるということが、この4年間は続いています。

3連覇への期待が高まるウェイストマネジメント・フェニックスオープン2018の松山英樹です。