石川遼が新たに結んだ所属契約は3年6億?

パナソニックとの契約が切れた後は、フリーで活動していた石川遼ですが、新たにカシオと所属契約を結びました。

その契約内容はなんと3年6億だそうです。

賞金が無くても十分に暮らしていけますね^^;

カシオとしては広告費と考えれば、おそらくそんなに高くないのだと思います。

ゴルフ関係で毎週のように取り上げてもらえるのは、石川遼か宮里藍となります。

ゴルフ関連の商品も多く、ツアー大会のスポンザーをやってきたカシオにしてみれば、費用対効果は悪くないのかもしれませんね。

ですが、石川遼の成長にとっていいことなのかどうかは、正直言ってわかりません。

近年は実績と収入の釣り合いが取れていません。日本ツアーで賞金王になるわけでもなく、海外で勝つわけでもありません。

プロスポーツなので、人気が必要なのもわかりますが、実力勝負のプロの世界ですので、ちゃんと勝っている人、実績を残している人が、正当に評価されるメディアの姿勢があっても良いのではないかと思います。

石川遼がツアーに出るか出ないかで視聴率が変わる、雑誌や新聞の売り上げが変わるというのは事実ですが、実力がある選手が評価されるような、マスコミの論評がもっとあっても良いのではないかと思います。

今回の発表もマスターズ開幕直前という注目を集めるときでの発表です。それが特に問題があるわけではありません。スポンサーが効果的にPRしたいのは至極当然なことです。

マスターズも開幕し、テレビ局やスポーツ紙などは煽りたい時でしょうが、冷静なメディアとしての気概をみせてくれることを期待しています。

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントを残す

このページの先頭へ