石川遼が入れ替え戦の第3戦で、3日目に17位タイに浮上!

石川遼がネイションワイド・チルドレンズホスピタル選手権で17位タイに浮上

石川遼が入れ替え戦の第3戦のネイションワイド・チルドレンズホスピタル選手権の3日目に、通算1アンダーとし17位タイに浮上しました。

第3ラウンドは5バーディー、3ボギーの2アンダーでまわり、前日の41位タイから、トップ10も伺える位置に順位を上げてきました。

首位はSeung-Yul Nohが10アンダーとなっていて、スコアも離れているので、優勝争いは難しそうです。

ですが、8位タイグループが4アンダーなので、トップ10は十分に射程圏内です。

こうしてスコアを伸ばせる時に良い順位にいけるのも、初日、二日とうまく凌いだからこそです。

このただ攻めづづけるだけではない、石川遼の新しい姿ではないかと思います。

四日間通じた全体のマネージメントというものが、以前よりも感じられます。

スポンサードリンク

石川遼の入れ替え戦・第3戦のホールバイホール

石川遼の入れ替え戦・第3戦のホールバイホール

一時は3オーバーまでいったのですが、そこから持ち直してリカバリーする強さを見せてくれました。

最後の18番のバーディーで、この3日間で初めてアンダパーになりました。

こういうプレーが出来ると、大きいタイトルも狙えるようなところへいけるのではないかと思います。

真のアスリートへ進化できるか?

来季のシード権は、ほぼ間違いない状況なので、こうなってくると来シーズンに向けて、自信を深めていくことが、より重要ではないかと思います。

本人も、シード権が確保できさえすれば良いという意識でプレーはしていないはずです。

メディアでの露出は、減っていっているのが現状ですが、石川遼は確実に力をつけ、進化していると思います。

世間に持ち上げられて、そして落とされた後に這い上がっていってこそ、真のアスリート、真のプロゴルファーになれると思います。

失敗を経験したことのない若さからくる向こう見ずなプレーもいいですが、挫折や失敗を知って、それを乗り越えた本当の強さをもったプレーヤーになってもらいたいものです。

こういう時期こそ実力がつき、本当のタフさと強さが身につくと思いますので、下部ツアーとの入れ替え戦ではありますが、最終日も良いプレーをしてほしいですね。

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントを残す

このページの先頭へ