石川遼がウェブドットコムツアー選手権2013の第1ラウンドは1アンダーで31位タイ

ウェブドットコムツアー選手権2013の石川遼の初日は31位タイスタート

石川遼が、入れ替え戦の最終戦となるウェブドットコムツアー選手権2013の初日を終えました。

初日は、4バーディー、3ボギーの1アンダーで31位タイのスタートとなりました。首位はAshley Hallで7アンダーとなっています。

今日の石川遼は、最終的には1アンダーとなりましたが、前半は苦しみました。

前半は1つバーティーを奪うも、3つのボギーを叩き、2オーバーと予選通過ラインを下回るようなスタートでした。

しかし、ここ最近の石川遼の成長は、ここから立て直せることろにあります。後半の9ホールは、3バーディー、ノーボギーと安定したゴルフをみせ、1アンダーとアンダパーで初日を終えることが出来ました。

スポンサードリンク

ショットが不調もパッティングでカバーした石川遼

ショットが安定せず、Driving Accuracy(フェアウェイキープ率)は50%と全体で75番目となっています。一方で、パットがそのショットの不安定さをカバーし、PUTTS PER GIRは1.692と全体で26番目になっています。

後半に入りショットが安定してきたので、そのパットの安定感が活きてきて、スコアを伸ばすことが出来ました。

今日の後半のようなゴルフができれば、ビックスコアを出すことも難しくありませんので、一気に上位を狙えるのではないかと思います。

またまだ、十分にウェブドッドコムツアー選手権を制覇する可能性のある位置です。そしてこの試合に勝てば、ウェブドットコムツアー・ファイナルズの賞金王にもなる可能性が高いです。

明日からの巻き返しに期待したいですね。

石川遼のウェブドットコムツアー選手権2013のホールバイホール

石川遼のウェブドットコムツアー選手権2013のホールバイホール
前半で2オーバーになっても、なんとかしてくれるだろうと思ってしまうような雰囲気が、今の石川遼にはあります。技術的にも、メンタル的にもたくましくなったという気がします。

ゴルフ用語:PUTTS PER GIRとは

GIRは、Green In Regulationは、パーオンのことを指していて、このPUTTS PER GIRとは、パーオン後のパット数の平均値を指しています。

パーオンできずに、逆にグリーンそばからアプローチをして、ピン近くに寄せるとパットは入りやすくなり、パット数は少なくなります。

特にプロにおいて顕著ですが、パーオンした時のほうが、パット数が多くなり、パーオンできなかったほうがパット数が少なくなってしまうことがあり、正確にプレーヤーのパッティングの力量を測ることができません。

そのため、あくまでもパーオンした時だけのパット数の平均値をとることで、そのプレーヤーのパッティングの正確さ、力量を測る数値として使われています。

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントを残す

このページの先頭へ