石川遼が5位タイ浮上!!:シュライナーズホスピタルズOP3日目

石川遼がパットに苦しむも粘って5位タイに浮上

PGAツアー開幕第2戦のシュライナーズ・ホスピタルズ・フォー・チルドレンオープン2013(Shriners Hospitals for Children Open)の3日目のラウンドを終えました。

2日目に通算9アンダーの9位タイに浮上し、さらなる上位への浮上が期待された石川遼でしたが、今日は4バーディー、1ボギーの4アンダーで、3日目を終えて通算12アンダーの5位タイに浮上しました!!

今日もセカンドショットやショートゲームが冴えていた石川遼でしたが、パットに苦しみました。パーオン率が高く、3メートルから5メートルのバーディーチャンスにたびたびつけましたが、それを前半はことごとく外してしまいました。

特に前半9ホールはあと少しでというところで入りきらない状態が続きました。そこに9番ホールのパー5で痛いボギーを叩き、一旦は8アンダーに後退しました。

ショットが悪くないのに、スコアを伸ばしていけない状況に、本人のしぐさにもイライラしている様子が伺えましたが、そこから立て直してきました。

12番、13番で連続バーディーを奪い、スコアを1つ伸ばしました。しかし、もったいなかったのが15番のパー4でした。

パー4ですが、見事に1オンしイーグルチャンスとなるのですが、そこから3パットでバーディーを逃します。特に最後のバーディーチャンスは1メートル程度でしたので、沈めておきたいパットでした。

ですが、それを引きずること無く、次の16番ではパー5の池越えのセカントショットでしたが、見事にピン横2.4メートルにとめて、イーグルチャンスをつかみます。そのイーグルパットは外したものの、バーディを奪って、そのまま17番の連続バーディーへの良い流れをつくることができました。

スポンサードリンク

石川遼のシュライナーズホスピタルズOPのホールバイホール

石川遼のシュライナーズホスピタルズOPのホールバイホール(3日目)
惜しむらくは15番のバーディチャンスと16番のイーグルチャンスを沈めることができんかったことです。そこで決めていれば、ウェブ・シンプソンとの差を詰めることができ、首位を追いかけることができる位置につけることができる状況でしたので、もったいないかったです。

3日間のフェアウェイキープ率45.24%とティーショットが不安定ではありますが、ラフがそんなに深くないのでリカバリーしやすいことと、石川遼自身のアイアンショットが好調なことで、スコアを伸ばせています。ただパットに関する指標であるSTROKES GAINED PUTTINGやPUTTS PER GIRは落ちていますので、ここさえ克服できれば、60台前半のビックスコアも出せそうです。

ラフが深いコースだと厳しいのですが、今週はその点では大丈夫なので、石川遼にはツアー初優勝の良いチャンスです。首位のウェブ・シンプソンは19アンダーと7打差もありますが、最終日に何とかパットを決めてもらって、60台前半のビックスコアで、初優勝に手がとどくところまでウェブ・シンプソンを追い詰めてもらいたいです。 

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントを残す

このページの先頭へ