石川遼がHSBCチャンピオンズの初日は9オーバーでブービースタート・・・

石川遼がまさかの81で9オーバーと大荒れのHSBCチャンピオンズ初日に

石川遼が、松山英樹、藤田寛之、川村昌弘らと参戦している世界ゴルフ選手権シリーズのWGC-HSBCチャンピオンズの初日を終えました。

シュライナーズホスピタルオープンで2位に入ったことと、松山英樹の体調が思わしくないため、期待のかかった石川遼でしたが、今日は1バーディー、1トリプルボギー、7ボギーの大荒れで通算9オーバーの75位タイのブービースタートとなってしまいました。

このWGC-HSBCチャンピオンズは予選落ちがないトーナメントのため、カットの心配はないものの、無残とも言える初日となってしまいました。

スポンサードリンク

石川遼のWGC-HSBCチャンピオンズ2013のホールバイホール(初日)

石川遼のWGC-HSBCチャンピオンズ2013のホールバイホール(初日)

1番でボギーとした後、2番ですぐに取り返したので、ここ最近のプレーのように粘りながらいけるかと思いましたが、今日は全くと言っていいほど、歯止めが効かなくなってしまいました。

昔の安定性を欠いていた頃の石川遼を思わせるようなプレーで、特に最後の2ホールで一気に4つもスコアを落としてしまうなど、最後は我慢しきれなくなったとしか思えないような崩れ方でした。

ここ最近はこういうプレーがなかっただけに、何が石川遼に起こったのかと思ってしまいました。

WGC-HSBCチャンピオンズは予選落ちがないだけに、逆に石川遼は修正をしていかないと4日間トータルでひどいスコアを記録しかねません。

WGC-HSBCチャンピオンズは、予選落ちがないので賞金もフェデックスカップポイントも最低限ではありますが、手にすることができますが、そういう問題ではない状態です。

今後のトーナメントのこともありますので、何とか第2ラウンド以降に修正してもらいたいです。

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントを残す

このページの先頭へ