石川遼はWGC-HSBCチャンピオンズの第2ラウンドは10時10分のインスタート

スポンサーリンク

石川遼がRBCカナディアンオープン以来の80台に

石川遼は、WGC-HSBCチャンピオンズ2013の初日は9オーバーの75位タイというブービースタートとなってしまいました。

シュライナーズホスピタルオープンでは、フェアウェイキープ率やパーオン率などの各種の数字が良くないにもかかわらず2位という成績の石川遼でした。

確かにアイアンショットやアプローチが良かったのですが、シュライナーズホスピタルオープンは、コースセッティング的に石川遼にプレーしやすかった面はやはりあったと思います。

ケガが理由とは言え、失速してしまったCIMBクラシック後も松山英樹を、PGAツアーの公式ホームページのエキスパートたちが高く
評価する一方、シュライナーズホスピタルオープンで2位を取りながらも、まだ石川遼に見向きもしないのは、こういったあたりを冷静に分析しているのではないかと思います。

スポンサードリンク
[googlead]

ゴルフにおけるフェアウェイキープ率などの数値が必ずしも、そのトーナメントの結果に直結しない時もありますが、1年という長いスパンで見た時には、成績との関連性があることがわかります。

最近の石川遼はボギーが多くても、それと同数以上のバーディーを奪ってカバーしていたんですが、それも昨日の石川遼のプレーに全く見られませんでした・・・。

石川遼はスイングの修正ポイントをしっかりと把握しているのか?

石川遼の初日のホールアウト後のコメントを見ても、自分で何が原因かは把握しきれてないようでした。しっかりとしたチェックポイントや修正点を石川遼自身が把握できていれば、もう少しスコアを崩さずにはすんだと思いますので、やはりわかりかねているのではないかと思います。

こういう大叩きがなくなって、石川遼のプレーも成熟してきたのかなと思っていた矢先に、この崩れ方を再びやってしまったのは、とても残念でした。

松山英樹が1日で修正できるのは、しっかりとポイントを把握できているためだと思いますので、石川遼が今日どれだけ修正しくるのかを注目しています。

昨日のプレーだと石川遼は、日本国内ツアーでも苦しんでしまいますので、残り3日で修正してほしいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする