石川遼は5アンダーの16位タイに浮上!HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP2013-第3ラウンドの結果

石川遼がスコアを伸ばすもトップとの差は縮められず

HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP2013の3日目の石川遼は4バーディー、2ボギーの2アンダーでまわり通算5アンダーとし、16位タイに浮上しました。

スコアは伸ばし16位タイと順位は上げたものの、優勝争いをしている選手たちとの差は開いていしまい、首位の呉阿順とは10ストローク差となり、優勝争いに絡むには厳しい状況となってきました。

昨日までと比較するとパットは若干改善されたものの、パーオンはするもののピンから3-4メートルに落とすことができませんでした。そのため8メートルとか15メートルというバーディーチャンスが多く、なかなかモノにできませんでした。

それでもバーディーを奪ったホール以外でも、3メートルから5メートルのバーディチャンスが4ホールはありましたので、そのうちの2つくらいは沈めて、ぜめて7アンダーにはして欲しかったですね。

スポンサードリンク

石川遼のHEIWA・PGM CHAMPIONSHIP2013ホールバイホール

石川遼のHEIWA・PGM CHAMPIONSHIP2013ホールバイホール(第3R)

優勝争いをするプレーヤーがスコアを順調に伸ばしていますので、石川遼のプレーも少々物足りないものに感じてしまいます。

パッティングが少し改善したとかと思うと、ショットの精度が初日、2日に比較すると落ちてしまうという、かみあわないプレーが続く石川遼です。

石川遼は環境なりにプレーしてしまうのでしょうか、PGAツアーでもそれなりの成績を残せるようになってきましたが、国内ツアーでも同じような成績になってしまっています。

最終日に石川遼の持ち味である爆発力に期待したいですね。

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントを残す

このページの先頭へ