石川遼はゴルフワールドカップ参加後、カシオワールドオープン出場へ

石川遼がゴルフワールドカップ2013へ出場

石川遼は得意とする三井住友VISA太平洋マスターズで2位タイとなり、惜しくも優勝は逃しましたが、ショットは好調でしたし、パッティングもうまく調整できつつありました。

石川遼は調子を上がりつつある状態で、初出場となるオーストラリアで開催されるゴルフワールドカップに参加する予定となっています。

そして、そのゴルフワールドカップには、三井住友VISA太平洋マスターズで優勝した谷原秀人と参加しますので、良い結果を残した2人で出場することになりますので、良い結果が期待ができそうです。

スポンサードリンク

石川遼は11月28日からはカシオワールドオープンに出場

石川遼はゴルフワールドカップを終えた後は、帰国し所属契約を結ぶカシオが主催のカシオワールドオープンゴルフトーナメント2013に参加する予定となっています。

ツアー最終戦となるゴルフ日本シリーズJTカップに出場することを一つの目標としているようですが、そのためには、このカシオワールドオープンで優勝するしかなさそうな状況です。

今シーズンのゴルフ日本シリーズJTカップでは、前年度のゴルフ日本シリース優勝者、本年度のツアー競技優勝者などの諸条件に加え、それらの選手で30名に満たない場合は、合計30名になるまで賞金ランキング上位の選手が参加できるそうです。

すでに24名の選手が出場権を獲得している状況ですので、出場権を持っている選手が全員参加する場合、残りの枠が6名となります。

出場権を持っていない選手で、賞金ランキング上位6名に入っているのが、S・K・ホ、李京勲、近藤共弘、金庚泰、山下和宏、平塚哲二です。

そのため最低でも賞金ランキング22位の平塚哲二の3724万9,385円を上まっておく必要があります。

ですが、現在、石川遼は国内賞金ランキングでは1,340万円の66位となっていて、平塚哲二とは2384万円あまりの差があります。

カシオワールドオープンは優勝賞金4000万円で、前年通りであれば単独2位が2000万円となりますので、単独2位でも逆転ができないことになります。

ゴルフ日本シリーズJTカップ出場の有資格者が全員参加するかどうかによって左右されますが、全員参加すると想定すると、石川遼はカシオワールドオープンで優勝するしか無さそうです。

土壇場で勝負強さ「もっている」ところを石川遼が見せてくれるでしょうか。

石川遼のランキング一覧(2013年11月17日時点)

  • 世界ランキング:110位(AVG.points 1.55)
  • PGAツアー賞金ランキング:13位($622,875)
  • フェデックスカップ・ポイントランキング:17位(298 points)
  • 国内ツアー賞金ランキング:66位(13,400,000)

ゴルフワールドカップ関連記事

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントを残す

このページの先頭へ