石川遼は8位Tフィニッシュ!アーノルド・パーマー招待2014・最終日

アーノルド・パーマー招待2014の最終日は7アンダーの8位タイからスタートして石川遼ですが、粘りのゴルフで、通算8アンダーの8位タイでトップ10フィニッシュとなりました。

これで石川遼は2013-14シーズンは3回目のトップ10フィニッシュとなります。

マスターズを獲得するところまでには至りませんでしたが、確実に世界ランキングのポイントを積み上げました。

世界ゴルフランキングの合計ポイントは94.15となり、平均ポイントは1.8105で前週の83位から77位まで順位をあげています。

ただ、この結果、次週のバレロテキサスオープンで優勝もしくは単独2位、そしてマスターズ直前のシェル・ヒューストンオープンで優勝する以外にはマスターズ出場は難しい状況となっています。

フェデックス(FedEx)カップでは、83ポイントを獲得して578ポイントにして、賞金では18万6000ドル(約1900万円)を獲得して、今季の獲得賞金を112万5680ドル(約1億1500万円)としています。

その石川遼のアーノルド・パーマー招待2014のホールバイホールとキースタッツをまとめています。

スポンサードリンク

パッティングとアプローチが好調でトップ10フィニッシュ

石川遼のアーノルド・パーマー招待2014の4日間のホールバイホールは以下のとおりとなっています。
石川遼のアーノルド・パーマー招待2014の4日間のホールバイホールver.01

続いて観戦メモです。
石川遼のアーノルド・パーマー招待2014の最終日の観戦メモver.01

今日は5バーディ・1ダブルボギー・2ボギーの71(1アンダー)でした。

ダブルボギーはセカンショットをグリーンの左に大きく外して、ブッシュに入れてしまい1ペナの後のショット、アプローチともに寄りませんでした。

しかし、今日は運も味方し16番は池に入れたかと思われましたが、ギリギリでとまっていて、そこから上手く寄せてバーディを奪うことができました。

パッティングの復調がスタッツにも表れている石川遼

4日間のキースタッツは以下のとおりとなっています。

石川遼のアーノルド・パーマー招待2014のキースタッツVer.01

フェアウェイキープ率は78.57%と良かったのですが、パーオン率は44.44%とやや苦しみました。それでもスコアを伸ばせたし、大崩れしなかったのはアプローチとパッティングが好調だったためです。

パッティングのスコアへの貢献度を示すストローク・ゲインド・パッティングは1.036、パーオン時の平均パット数は1.625と初日に次ぐ好調さでした。

4日間通算でもストローク・ゲインド・パッティングは0.913で13位と、パッティングが復調してきているのは明らかで、今後に期待がもてます。

パッティングが好調でアプローチの精度も高かったため、パーオンできなくても大崩れせずにすみ、最後に伸ばすことができました。成長を感じさせる最終日、そして4日間の石川遼のプレーでした。かなり調子は良くなっていますので、次週のバレロテキサスオープンでは十分に期待できる内容です。

今年のマスターズはともかくとして、今週のようにプレーできれば、年末には世界ランキング50位も視野に入ってきますので、粘って耐えながら頑張って欲しいです。良い4日間でした。

アーノルド・パーマー招待2014の最終リーダーズボード

マット・エブリーが初優勝で、2位にはキーガン・ブラッドリー、3位には一時は独走していたアダム・スコットが失速して、3位に終わっています。上位の選手の結果は以下のとおりとなっています。

アーノルド・パーマー招待2014の最終リーダーズボード

スポンサードリンク

よく読まれています

One Response to “石川遼は8位Tフィニッシュ!アーノルド・パーマー招待2014・最終日”

  1. […] 石川遼は8位Tフィニッシュ!アーノルド・パーマー招待2014・最終日 […]

コメントを残す

このページの先頭へ