石川遼は滑り込みで予選通過!バイロン・ネルソン選手権2014の第2日目

初日は105位タイと大きく出遅れた石川遼ですが、第2ラウンドで巻き返してきました。6バーディ・4ボギーの68(2アンダー)でラウンドし、通算1オーバーの67位タイに浮上し、滑り込みではありますが予選通過をしました。

ただ、油断できないのは84名以上の選手が予選通過していますので、土曜日に再度カットされることになりますので、そこでひっかからないように、明日もしっかりとスコアを伸ばしたいところです。

その石川遼のホールバイホールとキースタッツなどをまとめています。

スポンサードリンク
[googlead]

スポンサーリンク

スタッツは悪化したものの内容は改善された石川遼

第2ラウンドまでの石川遼のホールバイホールは以下のとおりとなっています。

バイロン・ネルソン選手権2014の石川遼の第2ラウンドまでのホールバイホール

最後の18番ホールでのボギーがなければ、もっと余裕をもって予選通過出来ましたし、土曜日のセカンドカットを免れる上でも良かったのですが、そこは惜しまれます。

続いて観戦メモです。

バイロン・ネルソン選手権2014の石川遼の第2ラウンドの観戦メモ

今日はショットに関してはスタッツの数字は悪化しています。フェアウェイキープ率は35.71%から21.43%に落ちています。しかし、パーオン率に関しては44.44%から50.00%に上昇しています。

2日間通算ではフェアウェイキープ率は28.57%で152位パーオン率は47.22%で148位で、154名の中での順位なので、お世辞にも良いとはいえない数字となっています。

しかし、パッティングが初日より良くなり、パットのスコアへの貢献では-2.699から0.031に改善しています。昨日外していた1.5mから1.0mのパットも今日は確実に沈めることができましのたで、スコアを伸ばすことができました。

昨日はこの距離のパットを4つ外していますので、それがなければ優勝争いも狙える位置につけることができていましたので、もったいない初日でした。

ショットに関してはフェアウェイキープ率の数字こそ悪いものの、内容は初日より良くなっていました。ティーショットを大きく曲げるようなこともなく、仮にフェアウェイを外していても、少しラフにこぼれる程度で、内容は悪くありませんでした。

初日はややチグハグな面がありましたが、2日目に入り徐々に修正されてきていますので、明日の3日目はしっかりとスコアを伸ばして、まずは4日間プレーできるようにしてもらいたいです。

アンダパーでラウンドすれば確実に最終日もラウンド出きますので、頑張ってくれることを期待しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする