石川遼は140位タイと大きく出遅れ・・・・ホンダクラシック2014・初日

ホンダクラシック2014の第1ラウンドが終わりました。

アクセンチュアマッチプレーは出場権がなく、ノーザントラスト・オープン以来の出場となった石川遼ですが、大きく出遅れてしまいました。

3つのバーディを奪ったものの4ボギーに加えて、11番ホールで8打を叩く6オーバーの大荒れのゴルフで、144名中で140位タイと出遅れ、予選通過が難しい状況となりました。

石川遼はインスタートでしたが、出だしの10番と11番の2ホールだけで一気に5オーバーとなってしまい、苦しいプレーとなってしまいました。

後半の9ホールは比較的落ち着きを取り戻したので、出だしの大荒れが悔やまれます。

スポンサードリンク
[googlead]

スポンサーリンク

1ラウンドで4回の池ポチャをするなどショットに苦しむ

石川遼のホンダクラシック2014の第1ラウンドのホールバイホールと観戦メモは以下のとおりとなっています。

ホンダクラシック2014_第1ラウンド_石川遼のホールバイホールホンダクラシック2014_第1ラウンド_石川遼の観戦メモ

フェアウェイキープ率は50.00%、パーオン率が61.11%となっています。フェアウェイキープ率は100位台で良くないのですが、パーオン率は71位タイで、ものすごく悪いわけではありません。

そしてパーオンした時の平均パット数(PUTTS PER GIR)1.818は79位タイ、パットのスコアへの貢献度(STROKES GAINED PUTTING)は1.980は18位となっていて、パットは比較的安定していました。

とにかくもったいなかったのが11番ホールでの大荒れでした。これがボギー程度でおさまっていれば、2オーバーから3オーバーくらいで第1ラウンドを終えれていたはずです。

2オーバーか3オーバーくらいなら、第2ラウンドでうまくはまれば、十分に取り戻し、カットラインに手がとどく位置でした。しかし、6オーバーだとかなり厳しいです。

おそらくカットラインはイーブンパーから1アンダーくらい、ラインが下がってて1オーバーでしょうか。明日は65でまわって、1オーバーまで戻して予選通過の可能性を高めたいところです。

ただ、世界ランク2位のヘンリック・ステンソンが3オーバー、同9位のセルヒオ・ガルシアも2オーバー、同16位のチャール・シュワルツェルも4オーバーになるなど、簡単なコースセッティングではありませんので、かなりハードルは高いです。

石川遼はこの休養明けの初日に、毎回のように大きくスコアを崩してしまうので、休養明けのトーナメントへの調整方法は、今後の課題となりそうです。

マスターズに出るためには、前週までに世界ランク50位に入る必要がありますので、なんとか予選通過はしておきたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする