石川遼は31位Tフィニッシュ!シェル・ヒューストンOP2014

石川遼がシェル・ヒューストン・オープン2014の最終日にプレーを終えました。

最終日は3バーディ・2ボギーの1アンダーの71でまわり、通算3アンダーの31位タイでのフィニッシュとなりました。

アンダパーで最終ラウンドを終えたものの、前日より1つ順位を落としてのフィニッシュとなっています。

優勝は15アンダーで並んだマット・ジョーンズがプレーオフの末に、マット・クーチャーを破りPGAツアー初勝利を手にしています。

石川遼は31位タイでフェデックスカップ(FeDex Cup)ポイントを38ポイント獲得し、今季の通算ポイントを616としています。

また賞金では3万7952ドル(約392万円)を獲得して、今季の賞金を116万3632ドル(約1億2013万円)としています。

その石川遼の最終日のホールバイホールやキースタッツなどをまとめています。

スポンサードリンク

石川遼はパッティングの好調さでしのいだ最終日

石川遼の4日間のホールバイホールは以下のとおりとなっています。

石川遼のシェル・ヒューストン・オープン2014のスコアカード

続いて観戦メモです。

石川遼のシェル・ヒューストン・オープン2014の観戦メモ1

今日はパーオン率が50.00%と落ちていますので、バーディチャンスが多かったわけではないのですが、それを確実に沈めることができていました。10番と15番のバーディはそれぞれ4メートル超、6メートル超、そして長めのパーパットも沈めていましたので、1つだけではありますがスコアを伸ばすことができました。

もったいないと捉えるか、粘ってパーにまとめたと捉えるかはひとそれぞれかと思いますが、8番ホールのパー5では池に入れてしまい、パーとなっています。

4日間のキースタッツは以下のとおりとなっています。それぞれの項目の横にある数字が4日間通算で、その下の数字は4日間のそれぞれのラウンドの数字です。

  • フェアウェイキープ率:53.57%(63T)
    64.29%/50.00%/42.86%/57.14%
  • パーオン率:61.11%(68T)
    83.33%/55.56%/55.56%/50.00%
  • パーオン時の平均パット数:1.750(28T)
    1.800/1.900/1.600/1.667
  • Strokes Gained Putting:0.599(25)
    0.602/-2.681/1.875/2.598

ショットは初日は良かったものの、その後はやや安定性を欠きましたが、パットが良かった日は、スコアを伸ばせていることがわかります。

最終日はパーオン率が50%ジャストで、しかもピンそばにつけるようなショットが少なかったです。

このくらいの順位で良いのであれば、特に問題ないのですが、コンスタントにトップ10に入って、PGAツアーで優勝争いをしようとするなら、まだまだという感じでしょうか。

アプローチとパットは良かったので、パーオン率が60%を超えていたら、もう少し上を狙えていたのではないかと思います。

優勝争いのスコアが15アンダー前後で動いていたことを考えると、4日間で通算3アンダーは、悪くはないものの、及第点という結果です。

とりあえず優勝でのマスターズ出場はなくなり、招待出場があるのかどうかはわかりませんが、その次の4月17日から開催されるRBCヘリテイジには出場予定となっています。

丸山茂樹が指摘するように、周りにあおられずに、着実に地に足を着けて、頑張ってほしいものです。

シェル・ヒューストン・オープン2014の最終結果

シェル・ヒューストン・オープン2014の最終結果・リーダーボードは以下の表のとおりとなっています。

シェル・ヒューストン・オープン2014の最終結果

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントを残す

このページの先頭へ