2019年のPGAツアーの開催スケジュールは?米ゴルフチャンネルが予想

PGA TOUR_Catch

PGAツアーは2018-19シーズンから大胆なスケジュールの変更によるツアーのさらなる発展と活性化を目指しています。

その施策の一つが全米プロゴルフ選手権やザ・プレーヤーズチャンピオンシップに大幅な日程変更、プレーオフシリーズの開催前倒しなどです。

スポンサーリンク

大幅なスケジュールの変更が確実な2019年

2018-19シーズンのPGAツアーのスケジュールについて公式に発表されてはいませんが、冠スポンサーやツアー関係者などからの情報により、おぼろげながらもスケジュールが見えてきます。

そのような情報をもとにアメリカのゴルフチャンネルが2018-19シーズンのうち、2019年の開催分についてスケジュールを予想しています。

米ゴルフチャンネルによる2019年のPGAツアーの開催スケジュールの予想は以下の表のとおりとなっています。

★:四大メジャートーナメント
☆:世界ゴルフ選手権、PGAツアーの旗艦トーナメント

日程 トーナメント
01/03-01/06 セントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ
01/10-01/13 ソニーオープン・イン・ハワイ
01/17-01/20 キャリアビルダー・チャレンジ
01/24-01/27 ファーマーズインシュランスオープン
01/31-02/03 ウェイストマネジメント・フェニックスオープン
02/7-02/10 AT&Tペブルビーチ・プロアマ
02/14-02/17 ジェネシス・オープン
02/21-02/24 ☆WGC-メキシコ・チャンピオンシップ
02/28-03/03 ホンダクラシック
03/7-03/10 アーノルドパーマー・インビテーショナル
03/14-03/17 ☆ザ・プレーヤーズチャンピオンシップ
03/21-03/24 バルスパー・チャンピオンシップ
03/28-03/31 ☆WGC-デルテクノロジーズ・マッチプレー
04/4-04/7 バレロテキサスオープン
04/11-04/14 ★マスターズ・トーナメント
04/18-04/21 RBCヘリテージ
04/25-04/28 チューリッヒ・クラシック
05/2-05/5 ウェルズファーゴ・チャンピオンシップ
05/9-05/12 AT&Tバイロン・ネルソン
05/16-05/19 ★全米プロゴルフ選手権
05/23-05/26 フォートワース・インビテーショナル
05/30-06/02 ザ・メモリアル・トーナメント
06/6-06/9 ヒューストンオープン
06/13-06/16 ★全米オープン
06/20-06/23 トラベラーズ・チャンピオンシップ
06/27-06/30 クイッケンローンズ (デトロイト)
07/04?07/07 RBCカナディアンオープン
07/11-07/014 ジョンディアクラシック
07/18-07/21 ★全英オープン
07/25-07/28 ☆WGC-フェデックス・インビテーショナル
08/01-08/04 ウィンダムチャンピオンシップ
08/08-08/11 ザ・ノーザントラスト
08/15-08/18 BMWチャンピオンシップ
08/22-08/25 ツアーチャンピオンシップ

このスケジュールで行われることになった場合には、2018年に予定されているトーナメントのうちフェデックスセントジュードクラシック、グリーンブライヤー・クラシック、ザ・ナショナル、デルテクノロジーズ・チャンピオンシップが外れることになります。

デルテクノロジーズはWGC-マッチプレーの冠スポンサーを継続し、フェデックスは新たに世界ゴルフ選手権シリーズのスポンサーとなります。

そのうち。ザ・ナショナルに関してはタイガー・ウッズの鎮痛剤の過剰摂取による逮捕の問題で冠スポンサーを降りたクイッケンローンズが、スポンサーとして行われるトーナメントが開催されることになるようです。

デルテクノロジーズ・チャンピオンシップはプレーオフシリーズの一つだったのですが、PGAツアー側はフェデックスカップ(FedexCup)の年間王者を決めるシステムの変更も視野に入れているようで、現在の4試合から3試合になる可能性があるようです。それにともない現在の125名、100名、70名、30名というカットが、125名、70名、30名に変更されることも合わせて予想されています。

この予想ではグリーンブライヤー・クラシックがスケジュールから外れていますが、2019-2020シーズンの年内のシリーズに組み込まれる可能性があります。2018-19シーズンが一ヶ月早く終了することになりますので、2019-2020シーズンの秋から冬にかけての日程が増えることになるためです。

スケジュールとしてはPGAツアーの旗艦トーナメントであるザ・プレーヤーズ・チャンピオンシップが5月から3月、四大メジャーの全米プロゴルフ選手権が8月から5月に、WGC-メキシコ・チャンピオンシップが2月から3月へ変更されるものとなっています。

他に目につくスケジュールの変更は、ヒューストンオープンとバレロテキサスオープンです。

ヒューストンオープンはマスターズ・トーナメントの直前に開催されてきましたが、シェルが冠スポンサーを降りた後、新たなスポンサーを探すことに苦労しています。そのことを考慮してスケジュールの変更が予想されています。

バレロテキサスオープンはマスターズとプレーヤーズの間に行われていたこともあり、トッププレイヤーが出場を回避しフィールドが薄くなっていました。マスターズ・トーナメント前にテキサス州のヒューストンでトーナメントが行われていた流れがありますので、同じテキサス州のサンアントニオで行われているバレロテキサスオープンを当てはめることで、フィールドを厚くすることを試みが予想されています。

あくまでも様々な情報を元にした米ゴルフチャンネルによる予想であって、公式に発表されたものではありません。ただ、大幅なスケジュールの変更がなされることは確実なため、参戦する松山英樹、小平智の参戦スケジュールにどのような影響があるのか興味深いものとなりそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする