アーノルド・パーマー・インビテーショナル2019の概要(3月7日開幕)松山英樹・タイガーが出場予定

Arnold Palmer Invitational_Catch

アーノルドパーマー・インビテーショナル2019が、3月7日からフロリダ州オーランドにあるベイヒル・クラブ&ロッジで4日間に渡って開催されます。

そのアーノルドパーマー・インビテーショナル2019の賞金、ポイント、コース、テレビ放送、出場予定選手などのトーナメント概要です。

スポンサーリンク

1. トーナメント概要

アーノルドパーマー・インビテーショナルは1966年から開催されているトーナメントで、2019年が34回目となります。

賞金総額は910万ドル、優勝賞金は163万8,000ドル、フェデックスカップ(FedexCup)ポイントは500ポイントとなっています。

アーノルドパーマー・インビテーショナルは、ザ・メモリアル・トーナメント、RBCヘリテージ、チャールズ・シュワブチャレンジともに、独自の出場資格を設定できる「インビテーショナル(招待)」のステータスがPGAツアーによって認められています。

さらにアーノルドパーマー・インビテーショナルは、ザ・メモリアル・トーナメントとともに、優勝者には3年間のシードが与えられるなど、さらに格の高いトーナメントとなっています。
2017年からはアーノルドパーマーを追悼して赤いカーディガンが優勝者に贈られています。

2019年からはアーノルドパーマー・インビテーショナルは、全英オープンの予選会であるオープン・クオリファイングシリーズの一つとなり、出場資格を有しない上位3名に出場権が与えられることになりました。

主な出場予定選手は2月25日時点で松山英樹、小平智、タイガー・ウッズ、ジェイソン・デイ、リッキー・ファウラー、ブライソン・デシャンボー、マーク・リーシュマンなどとなっています。

2. 冠スポンサーの変遷

アーノルドパーマー・インビテーショナルの冠スポンサーの変遷は以下のとおりとなっています。

  • 1966-1969年:フロリダ・シトラスオープン・インビテーショナル
  • 1970-1971年:フロリダ・シトラスインビテーショナル
  • 1972-1978年:フロリダ・シトラスオープン
  • 1979年:ベイヒル・シトラスクラシック
  • 1980-1984年:ベイヒル・クラシック
  • 1985-1988年:ハーツ・ベイヒル・クラシック
  • 1989-1995年:ネスレ・インビテーショナル
  • 1996-1998年:ベイヒル・インビテーショナル Presented by オフィス・デポ
  • 1999-2003年:ベイヒル・インビテーショナル Presented by クーパー・タイヤ
  • 2004-2006年:ベイヒル・インビテーショナル Presented by マスターカード
  • 2007年-2019年:アーノルドパーマー・インビテーショナル Presented by マスターカード

3. 過去10年間の優勝者

アーノルドパーマー・インビテーショナルの過去10年間の優勝者は以下のとおりとなっています。なお、最多の優勝回数はタイガー・ウッズの8回(2013・2012・2009・2008・2003・2002・2001・2000)となっています。

年度 優勝者 スコア 優勝賞金 賞金総額
2018 ロリー・マキロイ -18 $1,602,000 $8,900,000
2017 マーク・リーシュマン -11 $1,566,000 $8,700,000
2016 ジェイソン・デイ -17 $1,134,000 $6,300,000
2015 マット・エブリー -19 $1,134,000 $6,300,000
2014 マット・エブリー -13 $1,116,000 $6,200,000
2013 タイガー・ウッズ -13 $1,116,000 $6,200,000
2012 タイガー・ウッズ -13 $1,080,000 $6,000,000
2011 マーティン・レアード -8 $1,080,000 $6,000,000
2010 アーニー・エルス -11 $1,080,000 $6,000,000
2009 タイガー・ウッズ -5 $1,080,000 $6,000,000
2008 タイガー・ウッズ -10 $1,044,000 $5,800,000
2007 ビジェイ・シン -8 $990,000 $5,500,000

4. 出場資格

アーノルドパーマー・インビテーショナルは、PGAツアーの設定するプライオリティ・ランキングに拘束されることなく独自の出場資格を設定できます。

出場資格は以下のとおりとなっています。なお、日本人プレイヤーでは松山英樹と小平智の2人が出場資格を有しています。

  1. アーノルドパーマー・インビテーショナルの過去5年間と2000年以前の優勝者
  2. プレーヤーズチャンピオンシップの過去5年間の優勝者
  3. ツアーチャンピオンシップ、世界ゴルフ選手権シリーズ、メモリアル・トーナメントの過去3年間の優勝者
  4. 過去1年間のPGAツアー公式トーナメントの優勝者
  5. 直近のライダー・カップ、プレジデンツカップの出場選手
  6. 前年の全米アマチュアの優勝者
  7. 開催前週金曜日時点での世界ランクのトップ50
  8. PGAツアーのライフタイムメンバー(永久シード)
  9. 主催者推薦(18名・ウェブドットコム2名、PGAツアー8名、制限なし8名)
  10. 前シーズンのフェデックスカップのポイントランキングのトップ70
  11. 全米クラブプロのセクション王者と最優秀選手
  12. オルタイネイト(フルフィールドになるまで今シーズンのフェデックスカップ・ポイントランクの上位選手から順に)

5. 開催コース概要

ベイヒル・クラブ&ロッジ(Bay Hill Club & Lodge)はパー72・7381ヤードの設定で、使用されている芝はティー、ラフ、フェアウェイはバミューダ芝なのですが、ペレニアルライグラスでオーバーシードされています。

グリーンもバミューダ芝ですが、こちらもポアトリビアリスという芝でオーバーシードされています。

2014年と2015年の大会はいずれもマット・エブリーが制し、2015年は優勝スコアが19アンダーで、予選カットラインは2アンダー、2014年は優勝が13アンダー、カットラインが2オーバーとなっています。

2016年はジェイソン・デイが17アンダーで制し、予選カットラインはイーブンパー、2017年はスコアが伸びないタフなコンディションとなり、優勝したマーク・リーシュマンが11アンダー、予選カットは3オーバーでした。

2018年はロリー・マキロイが18アンダーで制し、予選カットは1オーバーとなっています。

18ホール中8ホールでウォーターハザードが絡むコースで、ショットの正確性が重要です。

ベイヒル・クラブ&ロッジの動画とホール別の平均スコア、難易度、ランクは以下のとおりとなっています。

Rank Hole Par Yards Avg. +/-
1 2 3 231 3.25 0.25
2 18 4 458 4.22 0.22
3 15 4 467 4.18 0.18
4 1 4 461 4.17 0.17
5 11 4 438 4.17 0.17
6 17 3 221 3.16 0.16
7 14 3 215 3.13 0.13
8 9 4 474 4.13 0.13
9 8 4 460 4.11 0.11
10 3 4 434 4.09 0.09
11 7 3 199 3.06 0.06
12 10 4 400 3.99 -0.01
13 5 4 390 3.98 -0.02
14 13 4 370 3.90 -0.10
15 6 5 555 4.78 -0.22
16 4 5 561 4.75 -0.25
17 12 5 574 4.63 -0.37
18 16 5 511 4.35 -0.65

6. フェデックスカップポイント(FedEXCup Points)・賞金の配分

フェデックスカップポイント(FedEXCup Points)と賞金配分は以下のとおりとなっています。

R Prize Pts R Prize Pts
1 $1,638,000 500 16 $154,700 53
2 $982,800 300 17 $145,600 51
3 $618,800 190 18 $136,500 49
4 $436,800 135 19 $127,400 47
5 $364,000 110 20 $118,300 45
6 $327,600 100 21 $109,200 43
7 $304,850 90 22 $101,920 41
8 $282,100 85 23 $94,640 39
9 $263,900 80 24 $87,360 37
10 $245,700 75 25 $80,080 35.5
11 $227,500 70 26 $72,800 34
12 $209,300 65 27 $70,070 32.5
13 $191,100 60 28 $67,340 31
14 $172,900 57 29 $64,610 29.5
15 $163,800 55 30 $61,880 28

7. 地上波・BS・CSのテレビ放送予定日時

アーノルドパーマー・インビテーショナル2019はゴルフネットワークが予選ラウンドと決勝ラウンドの4日間、NHK-BS1が決勝ラウンドの後半を生中継する予定となっています。

詳細なテレビ放送予定と日時は確認でき次第、更新する予定です。

8. 出場予定選手/組み合わせの一覧

出場予定選手は以下のとおりとなっています。

  1. 松山 英樹
  2. 小平 智
  3. アダム・ハドウィン
  4. アダム・ロング
  5. アニルバン・ラヒリ
  6. アン・ビョンフン
  7. アンドリュー・ランドリー
  8. アーニー・エルス
  9. アーロン・ワイズ
  10. イアン・ポールター
  11. エイブラハム・アンサー
  12. エミリアーノ・グリーロ
  13. オースティン・クック
  14. カイル・スタンリー
  15. キム・シウ
  16. キャメロン・チャンプ
  17. キース・ミッチェル
  18. クリス・カーク
  19. ケビン・キスナー
  20. ケビン・ナ
  21. ザック・ジョンソン
  22. ジェイソン・コクラック
  23. ジェイソン・ダフナー
  24. ジェイソン・デイ
  25. ジミー・ウォーカー
  26. ジャスティン・ローズ
  27. ジョナサン・ベガス
  28. スコット・ピアシー
  29. タイガー・ウッズ
  30. ダニー・ウィレット
  31. チェズ・リアビ
  32. チェッソン・ハドレー
  33. チャーリー・ホフマン
  34. チャールズ・ハウエル3世
  35. ティム・ヘロン
  36. ティレル・ハットン
  37. テッド・ポーター・ジュニア
  38. デービス・ラブ3世
  39. トミー・フリートウッド
  40. パット・ペレス
  41. パトリック・リード
  42. ババ・ワトソン
  43. パン・チェンツェン
  44. ビクトール・ホブランド
  45. ビジェイ・シン
  46. ビリー・ホーシェル
  47. ブライアン・ゲイ
  48. ブライアン・ハーマン
  49. ブライス・ガーネット
  50. ブライソン・デシャンボー
  51. フランチェスコ・モリナリ
  52. ブラント・スネデカー
  53. ブレンダン・スティール
  54. ヘンリック・ステンソン
  55. ボウ・ホスラー
  56. マイケル・キム
  57. マット・エブリー
  58. マルティン・カイマー
  59. マーク・リーシュマン
  60. ライアン・アーマー
  61. ラファエル・カブレラベロ
  62. リッキー・ファウラー
  63. ルイ・ウーストハイゼン
  64. ルーク・リスト
  65. ロッド・ペリー
  66. ロバート・ガメス
  67. ローリー・マキロイ
  68. J.B.ホームズ
  69. J.J. スパーン