カーヌスティ・ゴルフリンクスの概要(全英オープン2018 開催コース)

The OPEN_Catch

全英オープンゴルフ2018はカーヌスティ・ゴルフリンクスで行われます。カーヌスティで全英オープンが行われるのは2007年以来11年ぶり8回目となります。

そのカーヌスティ・ゴルフリンクスの情報です。なお、情報は開幕まで随時追加していく予定です。

スポンサーリンク

1. カーヌスティ・ゴルフリンクスの概要

カーヌスティ・ゴルフリンクスはスコットランドのアンガスにあるゴルフコースで、1850年にオープンしています。これまで全英オープンが7回開催されています。

非常に戦略性が高いリンクスコースで、他のリンクスコースにないバリー・バーンと呼ばれる小川が難易度をさらに高めていて、全英オープンの開催コースの中でも一番難しいと言われるほどです。

全英オープンが開催されるのは2007年以来となりますが、ヨーロピアンツアーのアルフレッド・ダンヒル・リンクス・チャンピオンシップでも使用されています。アルフレッド・ダンヒル・リンクス・チャンピオンシップはセント・アンドリュース・オールドコース、カーヌスティ、キングバーンズの3コースのローテーションで行われていて、カーヌスティは2017年に使用されています。

コースレコードはアルフレッド・ダンヒル・リンクス・チャンピオンシップ2017で記録したトミー・フリートウッドの「63」となっています。

使用されている芝は以下のとおりとなっています。

  • グリーン:フェスキュー、ベント
  • フェアウェイ:フェスキュー、ベント、ポアナ
  • ティー&カラー:フェスキュー、ベント、ポアナ
  • ラフ:シープス・フェスキュー

2. 過去の全英オープン開催時のデータ

過去の全英オープン開催時のセッティングは以下のとおりとなっています。

  • 1953: 6,701 yards (6,127 m), par 72
  • 1968: 7,252 yards (6,631 m), par 72
  • 1975: 7,065 yards (6,460 m), par 72
  • 1999: 7,361 yards (6,731 m), par 71
  • 2007: 7,421 yards(6,786 m)par 71

アルフレッド・ダンヒル・リンクス・チャンピオンシップ2017では7,345 yards (6,718 m) のpar 72で行われています。

3. カーヌスティ・ゴルフリンクスのホール別データと情報

Hole Par Yards Name
1 4 406 Cup
2 4 463 Gulley
3 4 358 Jockie’s Burn
4 4 412 Hillocks
5 4 415 Brae
6 5 578 Hogan’s Alley
7 4 410 Plantation
8 3 183 Short
9 4 478 Railway
Out 36 3703
10 4 466 South America
11 4 383 John Philp
12 4 499 Southward Ho
13 3 176 Whins
14 5 514 Spectacles
15 4 472 Lucky Slap
16 3 248 Barry Burn
17 4 461 Island
18 4 499 Home
In 35 3718
Total 71 7421

4. カーヌスティ・ゴルフリンクスのコース動画

カーヌスティ・ゴルフリンクスのコース動画です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする