CIMBクラシック2018の概要(10月11日開幕)松山英樹が出場予定

CIMB Classic_Catch

CIMBクラシック2018が、10月11日からマレーシアのクアラルンプールにあるTPCクアラルンプールで4日間に渡って開催されます。

そのCIMBクラシック2018の賞金、ポイント、コース、テレビ放送、出場予定選手などのトーナメント概要です。

スポンサーリンク

1. トーナメント概要

CIMBクラシックが行われるのは2010年のアジアンツアー単独開催からでは9回目、PGAツアーとアジアンツアーの共同開催となった2013年からは6回目となります。

2018年もPGAツアーとアジアンツアーの共同開催で、賞金総額は700万ドル(米国ドル)、優勝賞金は126万ドル、フェデックスカップ(FedexCup)ポイントは500ポイントが割り当てられています。

アメリカ国外での開催ということもあり、フルフィールドは78名に制限されていて、予選落ちはありません。そのため出場できれば賞金とポイントともに確実に獲得することができます。さらに共同開催のため優勝した選手にはアジアンツアーだけでなく、PGAツアーの2年シードが与えられることになります。

日本人プレイヤーでは松山英樹が出場予定であることが、海外メディアによって報じられています。

Thomas will be joined by defending champion Pat Perez, BMW Championship winner Keegan Bradley, England’s world number 19 Paul Casey and Japan’s five-time PGA Tour winner Hideki Matsuyama.

主な出場予定の選手はディフェンディングチャンピオンのパット・ペレス、2015年と2016年に連覇を果たしたジャスティン・トーマス、BMWチャンピオンシップで勝ったキーガン・ブラッドリー、ポール・ケーシー、アーニー・エルス、デービス・ラブ3世などとなっています。

2. 開催コース概要

CIMBクラシックは、全てTPCクアラルンプール(旧:クアラルンプールゴルフ&カントリークラブ)で行われています。

TPCクアラルンプールは36ホールがあるコースですが、昨年に引き続き使用されるのはウエストコースとなります。
2017年のセッティングではPar 71、6246ヤードと距離の短いコースで、ドライバーを使用することは多くありません。

直近5年間は2018年はパット・ペレスが制し、2017年と2016年はジャスティン・トーマスが連覇、2015年と2014年はライアン・ムーアが連覇を覇を果たしています。

優勝スコアは2017年は24アンダー、2016年が23アンダー、2015年が26アンダーとなるあんど、バーディ合戦となります。

使用されいている芝はフェアウェイとグリーンともにシーショア・パスパラム(Seashore paspalum)となっています。
日本名ではサワスズメノヒエという芝で耐塩性が高く海岸などの生える芝で、アジア、南アフリカ、南アメリカ、ハワイ、アメリカの熱帯地域にあるゴルフコースにおいて育成され、使用されています。

以下は、2016年開催時のホール別のセッティング、平均スコア、難易度です。

Hole Par Yards Rank Avg. +/-
1 4 401 9 3.95 -0.05
2 4 444 6 4.00 0.00
3 5 503 18 4.54 -0.47
4 3 140 12 2.85 -0.15
5 5 518 17 4.54 -0.46
6 4 420 5 4.03 +0.03
7 4 386 11 3.86 -0.14
8 3 203 7 3.00 0.00
9 4 424 4 4.04 +0.04
10 5 539 16 4.67 -0.33
11 3 226 2 3.16 +0.16
12 4 497 3 4.13 +0.13
13 4 459 1 4.16 +0.16
14 4 358 10 3.92 -0.08
15 3 199 8 2.99 -0.01
16 4 318 14 3.83 -0.17
17 4 336 15 3.79 -0.21
18 5 634 13 4.85 -0.15

3. フェデックスカップポイント(FedEXCup Points)・賞金の配分

フェデックスカップポイント(FedEXCup Points)と賞金配分は以下のとおりとなっています。

R Prize Pts R Prize Pts
1 $1,260,000 500 16 $119,000 53
2 $756,000 300 17 $112,000 51
3 $476,000 190 18 $105,000 49
4 $336,000 135 19 $98,000 47
5 $280,000 110 20 $91,000 45
6 $252,000 100 21 $84,000 43
7 $234,500 90 22 $78,400 41
8 $217,000 85 23 $72,800 39
9 $203,000 80 24 $67,200 37
10 $189,000 75 25 $61,600 35.5
11 $175,000 70 26 $56,000 34
12 $161,000 65 27 $53,900 32.5
13 $147,000 60 28 $51,800 31
14 $133,000 57 29 $49,700 29.5
15 $126,000 55 30 $47,600 28

4. 地上波・BS・CSのテレビ放送予定日時

CIMBクラシック2018はゴルフネットワークが予選ラウンドと決勝ラウンドの前半、NHK-BS1が決勝ラウンドの後半を生中継する予定となっています。

詳細なテレビ放送予定と日時は以下のとおりとなっています。

GN:ゴルフネットワーク
NHK-BS:NHK-BS1

Round 放送日時
Round 1 10/11(木) 11:30-15:30 GN 生中継
Round 2 10/12(金) 11:30-15:30 GN 生中継
Round 3 10/13(土) 12:15-16:00 GN 生中継
10/14(日) 00:50-03:20 NHK-BS 録画
Round 4 10/14(日) 12:15-16:00 GN 生中継
10/14(日) 14:00-16:00 NHK-BS(102) 生中継

5. 出場資格

CIMBクラシックのフルフィールドは78名と少なく、通常のPGAツアーとは異なる出場資格が設定されています。以下のような条件を満たした選手が出場することができます。

  1. 前シーズンのフェデックスカップ(FedexCup)ランキングの上位60名
  2. アジアンツアーの賞金ランキングの上位10名
  3. スポンサー推薦(8名)

前シーズンのフェデックスカップ(FedexCup)ランキングの上位60名に出場資格が与えられますが、アジア開催であることなどを理由に出場を回避する選手が多いため、100位以内であれば出場権が降りてくる可能性があります。

6. 出場予定選手/組み合わせの一覧

出場予定選手は以下のとおりとなっています。

  1. 松山英樹
  2. ジャスティン・トーマス
  3. パット・ペレス
  4. キーガン・ブラッドリー
  5. ポール・ケーシー
  6. デービス・ラブ3世
  7. アーニー・エルス