松山英樹は優勝候補2番手評価!CJカップ2018のパワーランキング

CJ Cup_Catch

松山英樹は当初、出場予定だったCIMBクラシックを右手首の違和感のため回避しましたが、韓国で行われるCJカップには正式にエントリーしプレーする見込みとなっています。

2018-2019シーズンはCJカップから開幕することになったわけですが、昨シーズン終盤に上り調子だったこともあり、優勝候補の一角として予想されています。

スポンサーリンク

5戦連続トップ15フィニッシュと上り調子の松山英樹

PGAツアー公式サイトのロブ・ボルトン氏による優勝予想、パワーランキングは以下のとおりとなっています。

  1. ジャスティン・トーマス
  2. 松山 英樹
  3. マーク・リーシュマン
  4. ティレル・ハットン
  5. ブルックス・ケプカ
  6. ルイ・ウーストハイゼン
  7. ポール・ケーシー
  8. ゲーリー・ウッドランド
  9. 任成宰
  10. ジェイソン・デイ
  11. エミリアーノ・グリーロ
  12. キャメロン・スミス
  13. アン・ビョンフン
  14. カイル・スタンリー
  15. エイブラハム・アンサー

松山英樹はディフェンディング・チャンピオンのジャスティン・トーマスに続く2番手として評価されています。

ボルトン氏によるコメントは以下のとおりとなっています。

Sat out the CIMB Classic due to an undisclosed injury, but he’s rested. Closed out 2017-18 by going T11-T15-T4-15th-T4. He was the worst opening seed (76th) to advance to East Lake.

『公表されていない負傷を理由にCIMBクラシックの出場を回避したが、休養はできている。2017-18シーズンは11位タイ、15位タイ、4位タイ、15位、4位タイという成績で締めくくっている。彼はイーストレイク(ツアーチャンピオンシップ)に進出した30名の中では、プレーオフシリーズ開幕時点の順位は一番悪い選手(76位)だった。』

海外メディアでは松山英樹が出場を回避した理由が報道されていませんが、日本ではゴルフダイジェスト・オンラインが関係者からの情報として、大事には至っていないものの「右手首の違和感」が理由と報じました。

昨シーズンのプレーオフシリーズでは、開幕時点で76位という不利な位置からでした。しかし。そこからの3戦でトップ15を外すことはなく、トップ4フィニッシュをしたことで、最終戦に進出しました。

最終戦でも4位タイとトップ4フィニッシュをし、シーズン終盤に「松山英樹らしさ」が戻ってきました。

トップ5フィニッシュが続いていたCIMBクラシックに出場できませんでした。その分を取り返すためにも、新シーズンで良いスタートを切るためにも、さらには年始のトーナメント・オブ・チャンピオンズに出場できるように優勝争いを期待したいところです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする