WGC-デルテクノロジーズ・マッチプレー2019(3月21日開幕)

WGC Dell Match Play_Catch

デルテクノロジーズ・マッチプレー2019がテキサス州オースティンにあるオースティン・カントリークラブで3月21日から5日間に渡って行われます。

そのWGC-デルテクノロジーズ・マッチプレー2019の賞金、ポイント、コース、テレビ放送、出場予定選手などのトーナメント概要です。

スポンサーリンク

1. トーナメント概要

デルテクノロジーズ・マッチプレーは2019年の世界ゴルフ選手権シリーズ(World Golf Championships)の2戦目で、2019年の大会が21回目の開催となります。

冠スポンサーの変遷は以下のとおりとなっています。

1999-2000年 WGC-アンダーソン・コンサルティング・マッチプレー
2001-2014年 WGC-アクセンチュア・マッチプレー
2015年 WGC-キャデラック・マッチプレー
2016年 WGC-デル・マッチプレー
2017-2019年 WGC-デルテクノロジーズ・マッチプレー

賞金総額は1000万ドル、優勝賞金は180万ドル、フェデックスカップ(FedExCup)ポイントは550ポイントが割り当てられています。

WGC-デルテクノロジーズ・マッチプレーの出場資格は、他の世界ゴルフ選手権シリーズとは異なり世界ランクのみが対象となっています。

基準となる週の世界ランク上位64名に出場権が与えられるのですが、辞退者が出た場合には、下のランクの選手に出場権が繰り下がっていきます。64名がフルフィールドで、出場したすべての選手に賞金が与えられます。PGAツアーのフェデックスカップ、ヨーロピアンツアーのレース・トゥ・ドバイのそれぞれのポイントレースの対象となっています。

日本人プレイヤーでは松山英樹が世界ランクにより出場権を獲得することが確実で、小平智は可能性が高い状況ですが、今平周吾は当落線上に近くなっています。

2. 過去10年間の優勝者と開催コース

過去10年間の優勝者と開催コースは以下の表のとおりとなっています。

コース 優勝 優勝賞金 賞金総額
2018 オースティン・カントリークラブ ババ・ワトソン $1,700,000 $10,000,000
2017 オースティン・カントリークラブ ダスティン・ジョンソン $1,660,000 $9,750,000
2016 オースティン・カントリークラブ ジェイソン・デイ $1,620,000 $9,500,000
2015 TPCハーディングパーク ロリー・マキロイ $1,570,000 $9,250,000
2014 ゴルフクラブ at ダブマウンテン ジェイソン・デイ $1,530,000 $9,000,000
2013 ゴルフクラブ at ダブマウンテン マット・クーチャー $1,500,000 $8,750,000
2012 ゴルフクラブ at ダブマウンテン ハンター・メイハン $1,400,000 $8,500,000
2011 ゴルフクラブ at ダブマウンテン ルーク・ドナルド $1,400,000 $8,500,000
2010 ゴルフクラブ at ダブマウンテン イアン・ポールター $1,400,000 $8,500,000
2009 ゴルフクラブ at ダブマウンテン ジョフ・オギルビー $1,400,000 $8,500,000

3. フォーマット

WGC-マッチプレーは、18ホールのマッチプレーで行われます。

4名1組で総当り戦を行うラウンドロビン方式のグループ戦を終えた後に、勝ち残った16名でノックダウン方式のトーナメントで優勝を争うことになります。

グループ戦は18ホールに限定され、勝利が1ポイント、引き分けは0.5ポイント、敗北は0ポイントとなっています。

このポイントが最も多い選手がトーナメントに進出するのですが、同ポイントで2名以上並んだ場合には1番ホールからサドンデス方式で進出する選手を決定することになります。

グループ分けは3月24日時点での世界ランク上位16名が第1シードとなり、上位17位から32位が第2シード、33位から48位が第3シード、49位から64位が第4シードとなります。

そのシード毎に抽選を行い、最終的に4名ずつ16のプールに分けられることになります。

トーナメント戦では18ホールで決着がつかない場合はサドンデス方式で勝者を決定します。

日程は以下のような流れとなっています。

第1日目(水曜日) グループ戦1試合目
第2日目(木曜日) グループ戦2試合目
第3日目(金曜日) グループ戦3試合目
第4日目(土曜日) 午前:ベスト16 午後:ベスト8
第5日目(日曜日) 午前:準決勝 午後:決勝・3位決定戦

またこのWGC-マッチプレーでは予選落ちがないため、出場した選手はフェデックスカップ(FedExCup)ポイントと賞金を必ず獲得することができます。

4. 開催コース概要

世界ゴルフ選手権シリーズのマッチプレーがオースティンカントリークラブで行われるのは4年連続4回目で2019年まではこのコースで行われる予定となっています。

オースティンカントリークラブはパー72、7,086ヤード、使用されている芝はグリーンがバミューダ芝、フェアウェイがベント芝となっています。

オースティンカントリークラブのコースマップは以下のとおりとなっています。トーナメント開催時はフロントナインとバックナインが入れ替わります。

Austin Country Club

世界ゴルフ選手権マッチプレーのホストコースの変遷は以下のとおりとなっています。

1999–2000 ラ・コスタ・リゾート&スパ
2001 メトロポリタン・ゴルフクラブ
2002–2006 ラ・コスタ・リゾート&スパ
2007–08 ザ・ギャラリー・ゴルフ・クラブ
2009–14 ザ・ゴルフクラブ・アット・ダブマウンテン
2015 TPCハーディングパーク
2016–19 オースティン・カントリークラブ

5. フェデックスカップポイント(FedEXCup Points)・賞金の配分

フェデックスカップポイント(FedEXCup Points)と賞金配分は以下のとおりとなっています。

R Prize Pts R Prize Pts
1 $1,700,000 550 16 $163,000 57
2 $1,072,000 315 17 $121,000 55
3 $695,000 200 18 $113,000 53
4 $559,000 140 19 $107,000 52
5 $306,000 115 20 $103,000 51
6 $306,000 105 21 $100,000 48.73
7 $306,000 95 22 $97,000 46.47
8 $306,000 89 23 $94,000 44.2
9 $163,000 83 24 $92,000 41.93
10 $163,000 78 25 $90,000 40.23
11 $163,000 73 26 $88,000 38.53
12 $163,000 69 27 $86,000 36.83
13 $163,000 65 28 $84,000 35.13
14 $163,000 62 29 $82,000 33.43
15 $163,000 59 30 $80,000 31.73

6. 地上波・BS・CSのテレビ放送予定日時

WGC-デルテクノロジーズ・マッチプレー2019はゴルフネットワークが予選ラウンドと決勝ラウンドを生中継し、NHK-BS1が決勝ラウンドのみを生中継する予定となっています。

詳細なテレビ放送予定と日時は情報が確認でき次第、更新する予定です。

GN:ゴルフネットワーク
NHK-BS:NHK-BS1

放送日時
DAY 1 03/28(木) 未定 GN 生中継
DAY 2 03/29(金) 未定 GN 生中継
DAY 3 03/30(土) 未定 GN 生中継
DAY 4 03/31(日) 未定 GN 生中継
03/31(日) 未定 NHK-BS 生中継
DAY 5 04/01(月) 未定 GN 生中継
04/01(月) 未定 NHK-BS 生中継

7. 出場資格と有資格者

WGC-デルテクノロジーズ・マッチプレーは開催前週の世界ランキング上位64名に出場権が与えられます。有資格者が出場を辞退した場合には、世界ランク65位以下の選手に出場権が繰り下がっていくことになります。

2019年2月6日時点で出場権獲得が確実な、世界ランク上位30名は以下のとおりとなっています。

  1. ジャスティン・ローズ
  2. ブルックス・ケプカ
  3. ダスティン・ジョンソン
  4. ジャスティン・トーマス
  5. ブライソン・デシャンボー
  6. ジョン・ラーム
  7. ザンダー・シャウフェレ
  8. リッキー・ファウラー
  9. ローリー・マキロイ
  10. フランチェスコ・モリナリ
  11. トニー・フィナウ
  12. ジェイソン・デイ
  13. タイガー・ウッズ
  14. トミー・フリートウッド
  15. パトリック・リード
  16. ババ・ワトソン
  17. マーク・リーシュマン
  18. パトリック・カントレー
  19. ウェブ・シンプソン
  20. マット・クーチャー
  21. ジョーダン・スピース
  22. ゲーリー・ウッドランド
  23. アレックス・ノレン
  24. ポール・ケーシー
  25. ルイ・ウーストハイゼン
  26. 松山 英樹
  27. キャメロン・スミス
  28. セルヒオ・ガルシア
  29. フィル・ミケルソン
  30. ティレル・ハットン