WGC-フェデックス・セントジュード・インビテーショナル2019の概要(7月25日開幕)

WGC-Fedex St. Jude Invitational

WGC-フェデックス・セントジュード・インビテーショナル2019が、7月25日からテネシー州メンフィスにあるTPCサウスウインドで4日間に渡って開催されます。

そのWGC-フェデックス・セントジュード・インビテーショナル2019の賞金、ポイント、コース、テレビ放送、出場予定選手などのトーナメント概要です。

スポンサーリンク

1. トーナメント概要

WGC-フェデックス・セントジュード・インビテーショナルは、2018年までファイヤーストーン・カントリークラブのサウスコースでWGC-ブリジストン・インビテーショナルとして行われてきました。

2019年から冠スポンサーが変更となりますが、トーナメントそのものは1999年から数えて21回目の開催となり、コースもTPCサウスウインドに変更されます。

賞金総額は1025万ドル、優勝賞金は174万2500ドル、フェデックスカップ(FedexCup)ポイントは550ポイントが割り当てられています。優勝した選手はPGAツアーの3年シード、ヨーロピアンツアーのシード権も獲得することができます。

他の世界ゴルフ選手権シリーズと同様に独自の出場資格が設定されているトーナメントで、フルフィールドは75名前後となり、予選カットはありません。

冠スポンサーの変遷は以下のとおりとなっています。

  • 1999-2005年:WGC-NECインビテーショナル
  • 2006-2018年:WGC-ブリジストン・インビテーショナル
  • 2019年-:WGC-フェデックス・セントジュード・インビテーショナル

歴代優勝者と優勝スコアは以下の表のとおりとなっています。最多優勝回数はタイガー・ウッズの8回で、それ以外には複数回優勝の選手はいません。

優勝 スコア 打差 賞金
2018 ジャスティン・トーマス -15 4打差 $1,700,000
2017 松山 英樹 -16 5打差 $1,660,000
2016 ダスティン・ジョンソン -6 1打差 $1,620,000
2015 シェイン・ローリー -11 2打差 $1,570,000
2014 ローリー・マキロイ -15 2打差 $1,500,000
2013 タイガー・ウッズ -15 7打差 $1,500,000
2012 キーガン・ブラッドリー -13 1打差 $1,400,000
2011 アダム・スコット -17 4打差 $1,400,000
2010 ハンター・メイハン -12 2打差 $1,400,000
2009 タイガー・ウッズ -12 4打差 $1,400,000
2008 ビジェイ・シン -10 1打差 $1,350,000
2007 タイガー・ウッズ -8 8打差 $1,350,000
2006 タイガー・ウッズ -10 Playoff $1,300,000
2005 タイガー・ウッズ -6 1打差 $1,300,000
2004 スチュワート・シンク -11 4打差 $1,200,000
2003 ダレン・クラーク -12 4打差 $1,050,000
2002 クレイグ・パリー -16 4打差 $1,000,000
2001 タイガー・ウッズ -12 Playoff $1,000,000
2000 タイガー・ウッズ -21 11打差 $1,000,000
1999 タイガー・ウッズ -10 1打差 $1,000,000

2. 開催コース概要

使用されるTPCサウスウインドは、全米オープンの前週に開催されてきたフェデックス・セントジュード・クラシックのホストコースでした。

TPCサウスウィンドはパー70、7244ヤードのセッティングで使用されている芝はティーとフェアウェイがゾイシアグラス、グリーンとラフはバミューダ芝が使用されています。

全米オープンに向けた仕上げとして出場する選手が多いのに合わせた高い難易度のセッティングです。2015年は平均スコアが70.968となり、PGAツアーでは全米オープンのチェンバーズベイに次ぐ2番目の難易度にランクされたこともあります。

2016年の優勝スコアはダニエル・バーガーの13アンダー、2017年もダニエル・バーガーが制して優勝スコアは10アンダー、2018年はダスティン・ジョンソンが19アンダーでしたが、2位には6打差、3位には10打差という圧勝でした。

2018年のフェデックス・セントジュード・クラシック開催時のコースマップとホール別の平均スコアと難易度のランクは以下のとおりとなっています。

TPC Southwind Course Map

Rank Hole Par Yards Avg. +/-
1 5 4 485 4.26 0.26
2 18 4 453 4.24 0.24
3 12 4 406 4.17 0.17
4 7 4 482 4.13 0.13
5 17 4 490 4.13 0.13
6 9 4 457 4.12 0.12
7 4 3 196 3.10 0.10
8 14 3 239 3.09 0.09
9 13 4 472 4.06 0.06
10 1 4 434 4.05 0.05
11 8 3 178 3.04 0.04
12 15 4 395 4.03 0.03
13 10 4 465 4.01 0.01
14 11 3 162 2.98 -0.02
15 6 4 445 3.97 -0.03
16 2 4 401 3.93 -0.08
17 3 5 554 4.74 -0.26
18 16 5 530 4.50 -0.50

2018年も平均スコアでアンダーパーとなったホールは5つにとどまる高い難易度でした。

3. フェデックスカップポイント(FedEXCup Points)・賞金の配分

フェデックスカップポイント(FedEXCup Points)、世界ランクポイント、賞金配分は以下のとおりとなっています。

POS:順位
FedEx:フェデックスカップポイント
WR:世界ランクポイント

POS FedEx WR POS FedEx WR
1 600 26 45
2 330 27 44
3 210 28 43
4 150 29 42
5 120 30 41
6 110 31 40
7 100 32 39
8 94 33 38
9 88 34 37
10 82 35 36
11 77 36 35
12 72 37 34
13 68 38 33
14 64 39 32
15 61 40 31
16 59 41 30
17 57 42 29
18 55 43 28
19 53 44 27
20 51 45 26
21 50 46 25
22 49 47 24
23 48 48 23
24 47 49 22
25 46 50 21

4. 地上波・BS・CSのテレビ放送予定日時

WGC-フェデックス・セントジュード・インビテーショナル2019はゴルフネットワークが4日間、NHK-BS1が後半の2日間を生中継する予定となっています。

詳細なテレビ放送予定と日時は情報が確認でき次第、更新する予定です。

GN:ゴルフネットワーク
NHK-BS:NHK-BS1

Round 放送日時
Round 1 07/26(金) 未定 GN 生中継
Round 2 07/27(土) 未定 GN 生中継
Round 3 07/28(日) 未定 GN 生中継
07/28(日) 未定 NHK-BS 生中継
Round 4 07/29(月) 未定 GN 生中継
07/29(月) 未定 NHK-BS 生中継

5. 出場資格と有資格者の一覧

WGC-フェデックス・セントジュード・インビテーショナルの出場資格と有資格者は以下のとおりとなっています。

1. 直近のライダーカップの出場選手

  • 米国選抜:タイガー・ウッズ、フィル・ミケルソン、ダスティン・ジョンソン、ブライソン・デシャンボー、リッキー・ファウラー、トニー・フィナウ、ブルックス・ケプカ、パトリック・リード、ジョーダン・スピース、ジャスティン・トーマス、ババ・ワトソン、ウェブ・シンプソン
  • 欧州選抜:ロリー・マキロイ、ジャスティン・ローズ、ヘンリク・ステンソン、セルヒオ・ガルシア、ポール・ケーシー、トミー・フリートウッド、ティレル・ハットン、アレックス・ノレン、フランチェスコ・モリナリ、トービヨン・オルセン、ジョン・ラーム、イアン・ポールター

2. トーナメント開催前週の世界ランキングのトップ50

  • 2019年7月15日に決定

3. トーナメント開催週の世界ランキングのトップ50

  • 2019年7月22日に決定

4. 前年の同大会後に行われたフェデレーション・ツアーズの公式戦で、かつフィールドの強さが115ポイント以上のトーナメント優勝者

  • キーガン・ブラッドリー(BWMチャンピオンシップ)
  • ルーカス・ビェルレガード(アルフレッド・ダンヒルリンクス・チャンピオンシップ)
  • 市原弘大(ダンロップフェニックストーナメント)
  • マット・クーチャー(マヤコバ・クラシック、ソニーオープン・イン・ハワイ)
  • マーク・リーシュマン(CJカップ)
  • アダム・ロング(デザート・クラシック)
  • ケビン・ツウェイ(セーフウェイオープン)
  • ザンダー・ショウフレ(セントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ、WGC-HSBCチャンピオンズ)
  • ブラント・スネデカー(ウィンダムチャンピオンシップ)
  • エディ・ペッパーエル(スカイスポーツ・ブリティッシュ・マスターズ)
  • リー・ウエストウッド(ネドバンク・ゴルフ・チャレンジ)
  • ダニー・ウィレット(DPワールド・ツアーチャンピオンシップ)
  • アーロン・ライ(ホンマ香港オープン)
  • ショーン・ロウリー(アブダビHSBCチャンピオンズ)

5. フェデレーション・ツアーズの指定されたトーナメントの優勝者

  • インドネシア・マスターズ(アジアンツアー)- プーム・サクサンシン
  • オーストラリアPGA選手権(PGAツアー・オブ・オーストラレイジア)- キャメロン・スミス
  • ブリジストンオープン(日本ツアー)- 今平周吾
  • 日本ゴルフツアー選手権(日本ツアー)- 2019年6月9日に決定
  • ディメンション・データ・プロアマ(サンシャインツアー)- 2019年2月17日に決定

「フェデレーション・ツアーズ」は正式にはインターナショナル・フェデレーション・オブ・PGAツアーズという名称で、アメリカPGAツアー、ヨーロピアンツアー、PGAツアー・オブ・オーストラレイジア、アジアンツアー、サンシャインツアー、日本ツアー(JGTO)の6つのツアーで構成されています。

「フィールドの強さ」とは開催トーナメントの世界ランクポイントの算出に使用されるものです。トーナメントに世界ランク上位者が多く出場するほど、獲得できる世界ランクポイントも上昇するように設定されています。

6. 出場予定選手/組み合わせの一覧

出場予定選手は情報が確認でき次第、更新する予定となっています。